[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 療育方法

高機能自閉症 アスペルガー症候群 本当の定義 

2014/09/01 Mon.

言語発達にあまり遅れがない上で、3つ組での症状はもちろんです。

社会性知能が通常の発達より、遅れやすい
ということです。

教えないと、わからないということです。じゃあ教えればいいんでしょ?じゃなくて、
1回教えた程度では理解しないということです


ということは、就学を迎える年長さんくらいになると、すでに顕著であるということです。
気づいてあげないと、周りに責任があるような話です。

社会性知能が重度知的障害程度であるということです。
重度知的障害の子に、割合の計算をしろ!とは言わないですね。
アスペルガーの子に、常識を知れ!と言っていることと、同じです。

社会の教科に全く興味がないこともあるでしょう。
社会が身につきにくいということは、常識も身につきにくいということです。


これ以外の特徴もありますが詳しくはかけません。









関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

早期からの気づきが最も大切 

2014/09/05 Fri.

一口に、
「症状がある」
「目が合わない」
「検査結果が低かった」

といえども、
障害域に入るか
個性の範囲なのか
生活環境が適切でないために出ている症状なのか


と大きく分けただけでも3つありますね。

障害の症状といえども、子どもでしたら大概当てはまります。
しかし、早期に気づいてあげると、伸び代が大きいです。
だから気づいた方は、葛藤はあるでしょうけど、とてもラッキーだな・・・と思っています。

この判定を確実にするには、やはり専門機関、専門家を訪ねるのが一番だと思います。相応に関わったことがある方でないと、わからないかと思います。複数の機関に訪ねていき、判断するのが一番かなと思います。
間違っても、近所のママ友の意見を真に受けたらダメです。
しかし、その可能性がある・・・との言葉をもらった時に、逆恨みをしたら元も子もありません。逆恨みするために、訪ねるわけではありませんね。
子どもの将来を考えて訪ねるのですよね。


また障害とは言えませんが、人格障害・虐待に陥りやすい人・・・なども線引きが難しいですね。
パワハラ・セクハラ・モラハラ・・・・色々ありますが、「気づき」はとても大切だなあ~と、「自分」を知ることも積極的にしましょうね。
しかし、短絡的に捉えてはいけないことですし、我慢しすぎもいけませんね。

これらも結局は、「幼児期までの育ち」
と大いに関係があるようです。障害であろうとなかろうと、幼児期の育ちは本当に真剣にしていかないといけないと思います。習い事感覚ではいけないのです。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

発達障害 3歳以降でないと、わからないって本当? 

2014/09/09 Tue.

発達障害(の中に自閉症などが含まれることをお忘れなく)、知的障害などは、3歳以降でないと症状も出ないし、診断もできない。と言われていますね。

診断はお医者がするもので、間違ってはいけないのですが幼児期は変化が激しいのでどう転ぶかわからないために、(たまたま療育のような生活環境になり、治ることもある)診断しないのでしょう。今は何でも訴える時代ですから。

発達障害や知的障害の症状というのは、赤ちゃん時代からあると思います。
3歳すぎというのは、否応なしに否定できない時期という意味でしょう。
それではおそいなあ~~と私は思います。

幼児期の療育と、教育は同じです。もしかして・・・・とのことであれば少し生活環境を見直すだけです。
だけ・・・ではないのですが、幼児期にしっかりと育っていると、その後障害児でも、健常児でも後が楽です。
犯罪を犯す確率も低いでしょうし、自尊心も。
うつ病にかかるリスクや、認知症などもなんちゃらかんちゃらと、小さい頃にがんばって生活するだけで良い事ばかりだそうです。







関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: メンタルな話

精神がしっかりしていると、威張らない 

2014/09/10 Wed.

ネットニュースネタです。

ネットニュースをのせたいと思っても、承諾の返事をもらえない編集部がたくさんあるようです。

自称イクメンなどなど男性も家庭に関わる時間が増えてきました。
それ自体はとても良いことですね。
しかし大きな違いは・・・・

自称イクメン
などの、自分で威張る、自己顕示欲が強いタイプです。
なにもイクメンだけでなく、優しい男と自ら言う・思っているタイプです。

本当に頑張っているなら、わざわざ声をあげてまで、言わなくても良いですよね。
みている人は見ていますから。それを我慢できずに言ってしまう、周りにこんなに頑張っているんだ~~
と示してしまう・・・ここに、違いがあるでしょう。

周りにわかってもらえるまで、待てない ということです。
そこに、精神の未熟さが現れているのでしょうね。
アイデンティティも確立されていませんし、本人が一番生きにくいのでしょうが、大人になるとそれを周りに撒き散らしていくので事件になっていきます。


子どもを風呂に入れる件も書かれていましたが、
いいよ~と言って、いいよ~で終わるようでは、大変なのはお母さんだけですね 笑
その前後が大変なんですよね。
私は一人でしてきましたので、いいよ風呂でも助かりましたが。

完全に一人の時は、書くまでもありませんが、まず私が裸で赤ちゃんを脱がせ、出たあとの準備も然り。
歩けない時期は、どっこも洗えませんよね。まあ、別に支障はありませんでしたが。
一緒に風呂を楽しめるように、赤ちゃん自体を風呂好きに、できれば私が好きな温度に慣れるように仕向けます。
こうして大変な中にも、楽しみを見出していきます。
宅急便がこようと、「今出れないんで~~置いといて!」で終わり。
こうして強く、図太くなっていきましょう。

子どもを生んだら、大変なのは当たり前です。そこに価値を見出すことです。子どもに恩義せがましいことを言っても聴くはずがありませんね。しかし、親孝行は教えていかないといけない。
親孝行がしっかり理解できるには、それだけ楽しみながらお世話をし、たくさん遊んであげたか・・・にかかっています。

歩けるようになると格段と育児が楽になりますね。

大変さを実感していないと、育児の醍醐味さえも、理解できないのです。

精神がしっかりしていないと、様々なことに、価値を見いだせないのです。
しっかり、育児を楽しみましょうね。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

風俗業界へのストーカー ネットニュースより 

2014/09/15 Mon.

 「写真をばらまくと言われた」「『人生をめちゃくちゃにしてやる』と脅された」

すでにめちゃくちゃな人生なのでは。
めちゃくちゃな人生の人しかいじめれない惨めな人生。

こんな風に男の子を育てたくないですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2014-09