FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 子育て(日々のつれづれ)

自由保育終わり 

2014/04/08 Tue.

画像をアップできませんでした
めんどくさくなったので・・・
もう少し自由になる時間ができればしっかり画像もアップしたいと思います。

長男と三男が無事に入学しました
自由保育が終わりではなく、続くのですね。

また私一人になってしまいましたね。
家事があっという間に終わってしまいます。
といっても子どもが入学してからやろうとしたことたくさんありますが。

しかるべき時に、しかるべきことを出来て、本当に良かったな・・・と感慨深いです。


中学校では、今年度から通級ができるそうです。
特別支援学級もあるのですね。幼児のことは詳しいのですが学童以降はあまり知りません
通級があるとは、頼もしいです。
中学校って、担任が二人だったのですね。忘れていました。
副担任と、支援級の先生と、先生の密度が高いです。意外でした。。


今になってわかるのですが、
「小学1年生も、中学1年生も、不安げな子が多い」ですね。自閉関係なくです。

当たり前なのですが、一人目二人目では見えませんでした。
やはり環境が変わるということは、精神的に大変なのでしょうね。
それを簡単に乗り越えるように、しかるべき時に遊ばないと、いけないのですけどね。

幼児期の短絡的視覚的な成果がいかに価値のないものだと、年々わかるようになってきました。










関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育後の様子

状況を説明する能力 

2014/04/08 Tue.

三男も、ビデオのように状況がわかります
初日から、トラブル発生したようで・・・少人数になったと思っていましたが状況は変わらないようです。

もちろん「三男」なのでトラブルから遠ーいところにいたようです

状況を説明することって、
「男の子はみんなしないよ!!」

などと言いますが、違うようですね。

幼児期にしっかりと遊び込み、知恵を使った生活をしていた子は「男の子だから・・・」
ではすまない成長になるようですね。

説明する力って、結構高度ですしその体力が残らないとできないことでもありますね。
また、「親」が聞いて欲しい相手であるかどうかも。
うっとおしいうっとおしいと思いながら過ごしてきた幼児期であれば、親に話したいとも思わなくなるかもしれませんね。


親はトラブルを見ていませんから、おそらく話が膨れてしまいますし一人一人に説明するであろう先生は、余計な仕事が増えるのですね。。


トラブル内容は書けませんが、やはり幼児期にしっかり遊びこんでいないのだろうと思う箇所が多々あります。
「急所」もわからなければ、討論(言語能力)することもできない子が多いようで、お気を付けくださいね。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2014-04