FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

子どもに感謝されるような行動をしているか 

2014/04/03 Thu.

子どもに親孝行を教える前に、親孝行してもらえるような行動を、していますか?

このブログを読んでくださっている方は、しっかりと子どもと向き合っていると思います。
でなきゃ、こんな毒舌ブログを読めないですからね
生ぬるいことばかり書きたくないですからね。



こういう話題を書くと、文字だけでは誤解が多くなりますね。
子どもとしっかり向き合っている人ほど、「私のことかしら・・・」
と思われると思います。
逆に、「私のことじゃないわ」と思われている方ほど、改善したほうが良いパターンも多々ありますが。

なので私のブログを以前よりずっとよんでくださっている方は、しっかり子どもと向き合っている方ばかりだと思いますのでご安心くださいね。




「子どもに楽させてもらいたい」
などと要望を出す前に、どれだけ子どもと遊んであげましたか?

幼稚園にあがる前、どれだけ子どもとお話しましたか?
どれだけ子どもの話を聞いてあげましたか?

三歳児神話を信じないのは良いですが、子どもとの時間を大切にせずに、園や学校に上がってから、「視覚的な成果」ばかりに価値を置いていないですか。
子どもって、賞状をもらうことや級が上がることよりも、もっと親にわかってほしかったり、ゆっくり時間をかけて気持ちを共有してほしいという欲求があります。それを満たされた子どもだけが、次の段階に行けるのです。

端的に言えば、自閉圏以外の子で、スポーツや勉強などで全国レベルに行ける子は、それが満たされているということだと思います。
また、そういった心を満たしてくれた大人だけを、大切にするという現象も起こってくるでしょうね。
(自閉圏内の子は少し違いますが)


「働いてお金を稼ぐこと」
だけが、子どもに尽くすことではないはずですね。
そこを勘違いし、保育園に入れて仕事をして、家事もそこそこ、育児も放任でも、許してくれるのは「世間」だけです。
世間は、子どもの成長は保証してくれません。
世間て、IQを上げてくれますかね。


園に入れても、「保育園以外の子どもと一緒にいる時間を大切にして貴重な時間」
として過ごしている方は、子どもにも伝わり発達も良くなり成長も良くなるでしょう。

要は発達が早くなり、IQも上がるということです。

また、都合のいい言葉ばかり並べても、子どもは騙せないということです。

だから育児は楽しいのですよね。
初めから子育ては大変だ・・・などということを言っているから、たかが数ヶ月で虐待をしてしまったり、たかが数年の完全母乳を嫌がったり、子どもとの時間を無意味だなどという単純思考が生まれるのです。


子どもとの時間を大切にしてきた親子の予後は・・・?

〇犯罪をしない
〇結婚後も仲良し、嫁姑問題なし(嫁や婿を挟んでのやり取りがうまい=社会性やIQが高い証拠)
〇住宅車以外の借金をしない
〇老後・・・心が繋がっているので一緒に住んでいなくても安泰


子どもとの時間を大切にしない予後は?

〇住宅車以外の借金をする(全体のIQが低い)
〇結婚後、嫁姑問題
〇結婚相手を見極める力がないので苦労が絶えない(社会性IQが低い)
〇老後、自分が子どもをほったらかしにしてきたように、ほったらかしにされる



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

教育されないと、わからない子どもがいる事実 

2014/04/03 Thu.

題名のとおり、自閉圏内や発達障害に値することです。

○○ができるのだから、これもできるだろう
というのは、勝手な思い込みです。

教育されないまま社会に出たら、どうなるでしょう?
よ~く考えてくださいね。

しかも、社会に出て、▲▲ができなかったら、再度勝手に
「甘え・たるんでる・やる気がないだけ」

と評価されます。

最近では特別支援教育がしっかりしてきているので子どもの頃は手厚く加護?されます。
ウルサイくらいに。

しかし卒業したらさよなら~~そんなもん知らん。
に極端な話、なります。
手帳がなければ尚更。


最近では、幼児期の育ち自体が悪くなっているので健常児であっても、しっかりした教育が必要なパターンが多々あることと思います。
信じているから、何も言わないのではなく、
口うるさく言うのでもないのです。

教育や療育もそうですが、文字だけで伝わるものでなないですし、こうすればこうなる・・・
などのワンパタでもありません。
人間の教育は、ワンパタではないのです。

色々な教育本が蔓延っていますが、読み手もしっかりしていないといけない時代です。
やはり読み手も、しっかりと読解をし、熟考しないといけないということだと思います。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2014-04