FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

診断されるかどうかは別として、スペクトラム 

2014/03/04 Tue.

自閉症だけ、知的障害だけ、発達性強調運動障害だけ・・・・ということはほとんどないことと、思います。
ほぼ、色々な障害と重複しています。
だから、スペクトラムと言うのでしょう。

多動性障害なんてのも、二次的な症状ではないかな・・・と感じています。

元々多動ではなく、多動になっていくしかない状態。
低年齢であると、診断をためらうのでそのままにしてしまいます。
そのうちに、症状が出てきてしまうパターンが99%ほどありそうですね。

自閉症や、知的障害で困っている子を様子見とし、そのままにしておくから、2歳頃には多動になっていくのでしょう。

発達性強調運動障害も、二次的な要素ですよね。運動能力は最低でも6歳くらいまでがピークです。
一番の山は3歳と言われていますね。それまでにどれだけドロドロべちゃべちゃ転びまくり、走りまくる登りまくる遊びができるかが、別れ目ですね。
もったいないですね。

そして、再三ですが健常と線引きできないです。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

全ての子どもが同じ教育ではないこと 笑顔だけが良いのではない 

2014/03/07 Fri.

しかし就学を迎えたら、集団で学んで行くことだと私は思っています。
就学を迎えるまでは、ひとりひとりに合った教育をしてあげると、潜在能力を伸ばしきれるだろうなと思います。
何も、テストの点だけではありません。


よく、「子どもが楽しめれば良い」
とは言いますが、本当に全ての子どもがいつも笑っていることが大切でしょうか。
私は違うと思います。
子ども相手の商売だと、それをモットーにしているところが多いと思いますが、私は違うな・・・と思います。


たったの1時間程度の習い事でしたらそれでもいいかもしれません。
また家庭で虐待されている子も、そうですね。
落ち着くはずの家庭が落ち着けない場所であるなら、周りがそうして行くのは当たり前です。
毎日を慌ただしく過ごしている子も楽しい時間を提供することは大事です。


しかし、子どもの数も少なくなり、きょうだい児も少なくなり、過保護な子どもが増えています。
また、発達に気がかりがあり、子どもの状態を把握しきれてない親御さんがどうやって子どもに接しているかにもよりますね。


いつも、時間がこれば何も言わなくても食事が出てきて、おむつを変えられ、お菓子を放りこまれ・・・という生活をしている子に、そのまま楽しいことだけを与えていては、伸びないだろうと思います。

また、発達に気がかりがあるといえども、どの程度の症状が出ているかによっても、違ってきますよね。
高機能児と、ボーダーライン、低機能児とはわけが違います。
私は同じ自閉症といえども、出てきている症状の段階があるなと思っています。
できるだけ低年齢のうちから、そうならないように教育をしていくのが、私のやり方です。

遅れている療育であると、自閉症や知的障害は治らないと言われていますが、なんか違うかなあ~~と思います。
その子らが良く成長したら、たくさんの納税をしてくれるでしょうしね。
今は当事者のお医者も増えていますし、治らないというのは、時代遅れの域ですね。

増えてきたと言われる原因は、こうして自然な遊びができない環境になっているから、就学を迎える頃になっても大してIQも変動せず変わってないので増えた感があるのでしょうね。
自閉症や知的障害というのは、一定数いるものです。
そしてその中から、良い教育を受けた子らだけが、就学頃には治っていくのです。
就学後も治らない子が増えたゆえ、増えた感がありそうです。
晩婚の影響もありますが。


困り感があるままではいけませんが、これくらいの趣味の偏りがある人がいるからこそ、世の中が回っているということを忘れてはいけないなと思います。
しかし、そういう人たちは、たまたま親御さんに理解があり、”育ちが良い”だけであって、
それ以外の人は、常に危険と隣り合わせだということを忘れてはいけないですね。
無意識の罪も、罪であると、就学以降は思います。なので家庭でしっかり教育しないといけないのです。


私は育ちが良くなかったですからね
高校2年の時、同級生が2ちゃんねるがどうのこうの・・・とよく言っていたのを聞き、
私は家のTVの2チャンネルに何か面白い番組があると見ていたものです。当時岐阜は2チャンネルは何も映らなかったので、???不思議マークいっぱいでした。
20年前から、2ちゃんねるがあったのですね!!
2ちゃんねるは利用することもなければ、1ページで見るの終わりですね。めんどくさくなってくるのです。
でも知らなすぎるのも問題なので一応チェックしますが、ほとんどチェックしてない状況かもしれませんね。

興味の幅が狭いからか、公開できませんが他人様のブログもみるのは3つしかありません。
少なすぎますかね。
たまには違うブログを見ようと思っても、興味がなければ継続して見れないです~笑
興味があっても、見にくいものや、宣伝が多いもの、アクセス数やポイントを集めたいだけとわかるブログは見ないです。集めたいだけのものは、書いてある内容にリアリティがないので面白くないです。同情を集めれば、クリック率は上がりますから。

また、FC2同士で履歴が残りますが、ほとんど宣伝ですよね。
義理でコメントをするのもめんどくさいですし、コメントといえども、心から思ったことをしたいですからね。








関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

記憶の分析 

2014/03/10 Mon.

自閉症がある子の記憶力は、特徴的なことが多いですね。
高機能の子だけか、高機能以外の子は年齢が上がってからこういう傾向が見られるのかわかりませんが。
高機能であれば、幼児期にこういった特徴があることと、思います。

○長期記憶が優れていることがある(ように見えるだけで、よく覚えているところとそうでないところの差があります)
○短期記憶が弱いことがある
(といえども、長期記憶までいくということは短期記憶が発達しているからということでもありますので、短期記憶も差があるようです)


これらがセットになっている子が多いですね。

では、例えば短期記憶を鍛えるにはどうしたらいいか。
海馬で一旦感覚記憶・視覚的な記憶などとして蓄えられたものを、大脳まで行くようにしなければいけません。
海馬でその記憶の仕分けをするそうです。(生きていく上で必要か必要でないか)
必要がなければ、すぐに忘れる・・・ということだそうです。
必要だと判断したものは、短期記憶や長期記憶となるようです。
おそらく、この仕分け作業が正常に働いてないかも、しれません。
また海馬は、壊れやすい場所のようです。
強いストレスや酸素不足でなりやすい・・・ということは、出産時も重大になってきますね。
出産はお母さんだけの仕事ではなく、産院を選ぶ時点から、夫・その家族なども責任がかかってきますね。

また虐待児が自閉症のような症状を示すこと・・・もつじつまが合ってきますね。


そこで海馬の働きを正常にするには・・・ということで、シナプス説と、海馬自体鍛える説があるようです。
取って見るわけにいきませんから、仮説のようなものでしょうが、実際変化はあるようですね。
海馬を鍛えるには・・・運動がとても良いそうです。
運動の中でも、軽い運動が海馬を刺激するそうです。
もちろん子どもには外遊び・・・ということになりますね。

習い事でのスポーツは動きに制限がありすぎて、運動とはいえない場面が多々あるので、外遊びには勝てないのでしょうね。

というか、外遊びは海馬に限らず良い影響があることは確かです。


情報の仕分け作業と言えば、前頭葉での社会的な仕分け・・・が有名ですね。
前頭葉では、記憶を組織化するそうです。
いつ、どこで、どのような順序で・・・○○なったか。
ということです。

記憶に関しても関連がありますが、社会性に関しても関連があるところだそうです。
これは以前から、「自閉症がある子は前頭葉が弱い」とはいわれていますね。

(前頭葉が弱いのと、ないのと、損傷がある・・・ことはそれぞれ程度は違ってきます)

社会性が下がるとともに、拡散的思考が苦手(または全くできない)になるようです。
答えが1つなら、できる状態だそうです。
これは、知的障害の子の症状にも当てはまりますね。


この前頭葉も、運動で鍛えることができるそうです。細かく言えば、中くらいの運動だそうです。
認知症で困っている方は(前頭葉が弱ると認知症にもなるそうです)、こうして中くらいの運動(心拍数120前後)としてジムに通うなりすればいいのですが、
子どもの自閉症ゆえの困り感だとすると・・・やはり低学年までは、外遊びが一番効率的だと言えますね。


私が数年前から、外遊びをした後に学習をすると、効率的で高度な学習ができる・または教えたことが入りやすい
と延々と言っていたのですが、これらを調べていてやっとわかりました。遅っ


運動(外遊び)をすると、脳の血流が良くなり、細胞も増える。その状態で学習している(最適な時間らしいです)から、通常の学習より効果的である・・・ということでした。
腑に落ち、目からウロコ?でした。。。。自分でやっておきながら、直感だけで行動してしまっていました
しかし、明らかに効果があることはわかっていましたのでね。これからはこうして言葉で表現していくことも、頑張ります。

また、教室のお子さんで、外遊びを重視し、家庭で頑張られたら、癇癪がなくなった・・・
と仰っていて、これも海馬(視床下部(ストレス・欲望)が暴走するのを制御している)が鍛えられ、ストレスに強い脳になったとうことですね。


記憶に関して、まだわからないところがありますが順次追加していきますね。
ここが少しでも仮説ができればより、ピンポイントで教育ができるな~~と企んでおります。










関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

ある親御さんの思い 

2014/03/15 Sat.

こちらは、記事にはしたことがない、中機能自閉症のお子さんのご家庭です。
おそらく、次回の検査では中機能から高機能へと変わって行きそうな、変化があります。
要は、IQが上がっているということですね。

遠方なので電話相談や、メールでのやり取りが多かったのですが、1つ1つのうちとのやり取りを、もれなく頑張って実行してくださっている親御さんです。
こちらも、病院や相談機関で言われたこと
「愛情を持って接してあげてください」

これ以外に、何かできることはないか・・・とのことでうちとご縁がありました。

愛情は、すでに持っているのですよね

私も、電話やメールといえども、全身全霊で取り組んでいるのです。誤字脱字も多いかとは思いますが
それを、こちらの親御さんは100%以上、心に取り入れて理解しようとしてくれて居ます。
目に見えてIQが上がっているご家庭というのは、こういった傾向があるようです。
一字一句、もれなく自分のものにしていこう!という気持ちや態度、
その課題がなぜ必要かわからない時もあるでしょうが、とにかくご家庭で取り組まれているのがわかります。

お父さんまで巻き込んで居ます。
うちも見習わなければ~~


うちは、当然そのへんにない教育をしているので、一般の療育施設と課題の出し方が違ってきます。
(大都会に行けば、同じ考えのところもありそうですが)
当然ですし、親御さんもそれをわかっていますのでね。そのへんにある事業をまた、わざわざ起業してまで起こす必要はないですよね。余計お金がかかりますから。
なので、わざわざネット公開しているのもあります。来れない方が、少しでもいい方向にいけるようにとの思いです。


評判を気にされている方は・・・
デリケートな教育になりますので、口コミというのがほぼないことになってしまいます。現在うちに通っている&または電話相談をしている人を自力で見つけ、直接お聞きするのが一番だと思います。。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

悪徳仲介業者保育? 

2014/03/18 Tue.

恐ろしい事件が多いですね。
昔からあったのだろうけど、赤裸々に報道される今日は、怖さが増しますね。

ベビーシッターの、仲介サービスなどがあるようですね。
私、「仲介」がある仕事や、サービスを受けるのは好きではありません。

なぜって・・・すぐにわかるのですが、責任感0だからです。
仕事する方としては、仲介を介すことで、手取りがすごく減ります。独自の仕事もできなくなりますよね。
何も、シッターだけでなく、仲介を介する事業は山のようにあるのですが。

仲介する方は、責任は負わなくて良い・方針は全て従ってもらい・手数料を稼ぐ
ということです。
だから、事件が起きても仕方がない構成になります。
お分かりのように、肯定しているわけではありません。

しかし、こういった図式を見抜けない人がいるのです。そこが盲点なんですよね。なんでもそうです。知的障害の人を利用するブラック企業もそのうちです。

しかし、預ける方の気持ちは・・・いつまでも親元でぬくぬく生活している人にはわからない大変さがあるのは事実ですよね。いつでも子どもを入院させることができる人にはわからないでしょう。



というわけで、保育に関しての盲点の法律をかいてみます。

未就学児を一日4時間以上、母子分離の状態で預かる場合・・・保育園になってしまいます
就学児童を一日4時間以上、母子分離の状態で預かる場合・・・学校になります

○○株式会社でなく、○○保育園にしなければいけません。
株式会社でなく、保育園になるとしたら、保育士でないといけないということです。
(または、指導者2人のうち1人が保育士(認可外は看護師か保育士)を有している状態)←数字合ってますかね
また学校であれば、小学校教諭でないといけないということです。


◎幼稚園以外で幼児教育を目的とする施設において、1日4時間以上、週5日以上、年間39週以上施設で親と離れることを常態としている場合も認可外保育施設に含まれます。

読めばわかるのですが、反対に、「保育園」として届ける場合は、これを下回っても、いけません。
認可外も、認可もそうです。預かる時間が少なすぎてもいけないのです。

この計算の仕方は、都道府県により少し違うようですが考え方の計算方法もあります。
うちのさくらいちご教室は、お分かりのようにそれ以内でやっているということです。
要は世間一般の習い事はこの範囲でしているのです。
スイミング・体操・ピアノなどなど


◎預かる子どもが5人以下の認可外保育園では、届出がいらない・資格がいらない
◎6人以上であれば、指導者は2人以上、1/2が保育士または看護師を有していなければならない・届出がいる

となって居ます。これを、仲介業者は、利用していると思います。
仲介するだけなのですから、責任は当事者同士になりますね。ここが盲点なんです。
仲介するだけで、何も責任を負わない仲介業者が盲点です。法律を悪用している盲点ではなく、仲介という構成自体に悪用が孕んでいるな・・と感じますが。

本当に、子どものことを思っている保育者だっているのです。
しかも、保育業って手取りがすごく少ないのです。なのに、それを選ぶことをする私もそうですが、変わり者もたくさんいるのですよ。

しかし言い出すとキリがないのですが、「看護師」であれば、認可外保育園ができるわけです。
看護師の仕事と、保育って、違ってきますね。看護に関してはプロなのでしょうけど、保育に関しては・・・?
情熱があれば良いのですが、資格だけで自分を売っている人だと・・・こういうところも、危ないなと私は思ってしまいます。子どもの遊びを100%理解できるのは看護師ではない気がします。
預かるだけが保育ではないはずです。


ちなみに、三重県では、5人以下の施設でも届出はするように口すっぱく言われています。

といっても、保育料無料になる今、今更保育士になっても保育園にする余裕はありませんけどね。
でも、今うちにきてもらっている子や私が訪ねて利用してもらっている子をみると、うちが保育園だったら預かる時間も8時間以上だし、(より私の教育にしていける)お母さんも安心して仕事ができるだろうな・・・とはいつも思います。


◎認可外と認可の違いは・・・子どもひとり当たりの床面積が認可外の場合、1.65㎡につき1人・認可だと、もう少し広くなるだけです。
子ども5人預かる場合、5畳はないといけないということです。現実、5畳は狭いですが。

また、園庭も、認可の場合は子どもひとり当たりの面積があります。認可外はなくても大丈夫だったと思います。

認可外も、保育室が2階以上になる場合は壁やカーテンの防火対策は必ずいりますし、避難口もいります。2階から直接下に降りる滑り台のようなものがいるんです。ここらへんは認可保育園と変わらないでしょうね。

滑り台は民家では取り付けないとないですが、新築同様でしたら防火カーテンなどは当たり前につけるでしょうし今は標準で防火タイプの壁紙もありますから、やる気があって、新築同様の自宅を施設として使っていただきたいと思われている方は、されると良いと思います。


一昔前までは、公務員の不祥事などの事件は報道されることはなかったのですが、こういう事件も赤裸々に言われるようになったということですね。昔からあり、昔の人は子育てがうまかった?などのように言われてきましたが、虐待のように昔から今も、受け継がれていることはたくさんありますね。

しかし、子どもの遊べる野原がなくなってしまった・・・ということだけは、大きく変わった環境でしょうね。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2014-03