[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: くだらない話シリーズ

あけましておめでとうございます♪ 

2014/01/05 Sun.

今年もよろしくお願い致します

この年末年始は岐阜に帰省しておりました。
約10年ぶりなので、子どもらと私の出身校でもいってみようと思っていたのですが・・・・・
ボぉ~~~~~~~っとしていたらあっという間に帰る日になり・・・
結局行けませんでした

一気に、緊張感が抜けてしまったようです。
普段は私一人責任重大なので子どもも入院させないようにと、気をつけなければいけないんでね。手伝って貰う人がいないということは、そういうことですね。
実家ではそんなくつろげるわけではないのですが、それでもいつもの緊張感はなくなってしまいました。

朝も8時までごろごろし・・・朝食は9時
就寝時間は21時や22時と、だら~~っダラ~~~っと過ごしてしまいました
おせちもそんな用意しない家なので年末は、主人と実家で適当に用意してもらいました。
案の定主人は、自分の好きなおせちだけ、買ってきていて驚きですすげ~
また家の中を物色したり、帰るときには、サロンパス頂戴とか平気で言うんです
自分の実家でもあるまいし、よく言えるなあと、絶対合わないですねえ~
市販のでもなく、処方箋のですし・・・頭大丈夫ですかね。驚きの行動は、もう治らないですね。
もちろん、母にも貴重品は隠しとけと言っておきましたが、まさか自分からアプローチするとは。


正月は、私がいろいろとつくりましたが、実家の義父が好きなものを基本的に作っておきました。
母は、料理があまりできないのです。でも、それを言っても変わるわけでもなく、ですよね。
人間て、変われないんです。自覚と野望でもなければ。

なので 母 なのだけど、私が作った料理を食べたり、義父が食べたりするのが少し嫌なようです。
オキシトシンが足りないと、こういう症状が出るのだろうなと思います。

結局ここでも、冷蔵庫の整理をしたり正月早々大掃除をしたりと、私もこういう60代になるのかしら・・・と思うと、不安にもなってきました。
多分母とはタイプが違うのでしょうけどね。。


いとこが一人だけいて姉妹のようなものなのですが、だら~~っダラ~~っと、子ども同士を遊ばせて過ごしました。
いとこは私とは正反対の優等生タイプでしたので、子どももませているかなと思ったら・・・
どっちかいうと、私に似ている奥手なタイプでしたので笑えますね
今は奥手ではありませんが・・・
すごい大人しいはとこでした。可愛い盛りで、言うことを聞き過ぎる子でもありました。

また、義父が器用なので凧を買ってきてもらい、凧揚げもすることができました。
岐阜は、外に出る人が多いようです。四日市ではこんな寒い日に~~
とかいう冬でも、たくさんの家族が凧揚げに来ていてびっくり。
家族以外では、歩いている人や、老人がグループで外の東屋でおしゃべりしていたりと、四日市では考えられない風景でした。。。

危機感が・・・・ここで、運動能力がトップクラスになっても、一歩他県に出たら、10位にも入らないかもしれない・・・・と
公園も、子どもがたくさんいたり、ダウン着てる子なんていませんでした。(私だけか?)
公園がたくさん確保されていますし、自然公園も手付かずで残っていましてより広くなったようでした。。
これは・・・負けましたね~

などといろいろな事を思い、いとこも保育士23年くらいやっているので(園長かっ)いろいろ勉強できました

だらだらな話シリーズでした。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

すぐにわかる嘘をつく子ども 

2014/01/05 Sun.

年明け早々、辛口記事です

全てにおいて、地域性があるのですが、幼児や低学年の子どもって、すごくわかりやすい嘘をついたり、誤魔化したりしますよね。
実は、うちの下の子二人は園に行ってないからか、そういった誤魔化しや嘘はほぼありません。

「グランド20週走れた」(明らかに嘘)
「先生に怒られない」
「夜7時まで外で遊んだ」
「アンフェア観た」

など、
「自分を大きく見せる」
「今目の前にいる相手より、上のことをいう」


ような誤魔化しや嘘を叫ぶ場面て、園などでもよくあることじゃないでしょうか。

みんな行ってますのでそれが当たり前になっているかもしれませんが、私は違和感があります。

また、常に言っているわけでもないのでしょうがこんな会話をしていると、まともな会話ができなくなりますよね。
これが弊害じゃないですか?
まともな会話ができないまま、思春期を迎え、ますます会話が減り、子どもが何考えているのかわからない・・・がオチでしょう。

しっかりと子どもと向き合っていると、4歳前後には大人な会話ができるようになります。
なので一緒に行動していても、幼児相手という感覚もなくなってくるんです。なので一緒にいても苦痛でもないですし、それがより、愛着を深めます。

逆にこれがいつまでたってもまともな会話ができないでいると、話相手にもならないでしょうし、いつまでたっても幼稚な話相手でつまらない・・・などと思うかもしれませんね。親がつまらないとストレスを抱えていると子どもにすぐに伝わります。

園や習い事で忙しくすごすことが王道ではなく、ゆっくりした時間こそが王道なんです。
ということを、わかっている保育士さんや、園だとこころ強いですね。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

言うことを聞けないのは、子どもか?親か? 

2014/01/07 Tue.

子どもが言うことを聞けないなどと言われていますが果たして子どもなのか、親が聞けない体質なのか?
ということですね。

親は大人なので、しっかりと子育てをしていると演技することはできますよね。
でも、そのへんの見極めを、幼稚園・保育園や療育園で、していかなけれなばいけないと思います。

もうやっていると言われる方は良いと思います。

親もそれぞれひとりひとり考え方や、育った環境が違います。
産んだらすぐに良いお母さんになれるわけではありません。
ましてや分娩スタイルも、多胎や持病がある以外では自由になってきています。
持病がなくても、無痛分娩を選択できる時代です。
自然分娩のオキシトシン分泌量は、ほかの分娩よりはるかに勝るそうです。逆に、ほかの分娩では、満足にオキシトシンが分泌されないそうです。
オキシトシンが少ないということは、子どもが無償にかわいいと感じる気持ちが少なくなるということです。
ここに、危機感を感じないとえらいことになります。
時間が経ってからでは、遅いのです。

なので自然分娩以外で産んだ方は、完全母乳にもっていくなどの専門家のフォローが必ずいるということ。

また今は親世代が、ゲーム世代でもあります。

ゲーム機を我慢して、子育てできる親御さんは今はどれくらいいるでしょうね?
親御さんが我慢できていないと思います。

社会的参照目の前で、ゲーム機を使っていたら、子どもが使わないわけがないです。


紹介しといて、我慢が足りないとか、時間を守らないなど。。。
叱る視点が間違っていると思います。
広い公園にでも連れて行き、一緒に走って競争でもしたらどうです。それができていないのであれば、子どもはどんどん言うことを聞かなく、離れていくでしょう。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

考えるちからプラス講座  

2014/01/08 Wed.

次男と三男と考えるちからプラス講座をしました。
画像を取り忘れましたが、三男も100までの概念がついているようで良かったです。
お年玉を自力で数えていましたが、概念とは違うでしょうね。
どんな問い方をされても、わかるということが、正確な概念だと思います。
言えるだけでは概念が付いたとは言えないですね。


DCIM1765.jpg
次男は、1月号では大きい数だったので飛ばしました。本科の3年生でしっかりやってからの方がいいかなと思いました。
円の問題は、最後のは負けてしまいました。(私はわからなかった)自力で解くのですごいなと他人事ですがしっかりサポートしていきたいと思います。
勉強できる環境であれば、いいですよねえ~~~
ねちねち


正月にて・・・第三者がいればボードゲームもできる、高機能軍群がいる家庭です。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

見立てること 得意不得意 

2014/01/08 Wed.

相談の中で、様々な地域性もありますが、地域によって障害や発達に困り感がある低年齢の子の見立てがあまりよくないところと、いいところがあるようです。
脳が決まってくる就学以降では見立てはしやすいので、そんな大きな違いはないかもしれません。
しかし、低年齢では正確な見立てができるところ・または児童精神科医を探したほうがいいかなと思います。

そこに住んでいると、そこが全てになってきてわかりにくいのですが。

障害を治すのではなく、支援すればいいとか、治らないのだから治す必要がないような言い方は、誤解を生みます。

支援するだけでもいけないですし、根性論もいけないですよね。
その年齢にもよりますよね。脳が決まってくる就学以降にスパルタなんてしたら、二次障害まっしぐらですね。
低年齢では、その子がどう思っているかもわからないので、周りは好きなことが言えますね。

その子が、このまま話せなくていいと、本当に思っているのか?
ということ。
少なくとも、うちを利用されている方はそうではないと思います。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2014-01