[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

TVを見てないと会話についていけない? 

2013/12/02 Mon.

次男が学校のことを詳細に話せるので、よく、
「倍返しって何?」
「当たり前体操?」
「おもてなし・・?」
その他・・・思い出そうとすると忘れる・・・

夜の9時や10時にやっている番組を、1~2年生はほとんどの子が見ているということですね。

また、最近のニュースは公務員の不祥事や虐待事件、最近あったニュースの、離婚した夫婦の片方が子どもに会うために母親を殺したとかなんとか・・・こういうのを、詳しく報道しますよね。
主人がいるときはTVはつけっぱなしなので子どもが見入ってしまいます。
知ることも大切であるけど、これってどうなの・・・?と思います。
なのでニュースでさえも最近は見せれないです。


ドラマに戻りますが、私は子どもの頃から不規則な生活でしたのでドラマやその他みていました。
でも変わっていないところは、ドラマであれば、一回目の放送で結末を予測して、ほぼそれが当たっていたことです。
自慢ではなく、予測が当たるようなドラマに価値がなくなってきたということです。

漫画もまあたくさん読んでいましたが、1回目で結末がわかるのです。
なのでだんだん読まなくなってきました。と同時に結末がわからないようなものを選ぶようになりました。

私も?倍返しのドラマも、今のお笑いもみませんし、ネットニュースで半沢直樹と出ていでも、最近の芸能人だとしか思ってませんでした
弁護士のも、再放送で1~2回見ただけです。弁論で勝っていくだけですよね。
倍返しも、現実にはできないことを、倍返しという言葉が流行るということは、そのままそれをドラマ化しているのでしょう。それだけの話なので簡潔に次男に話すとそうなんや~~で終わり
おもてなしもしりませんでした。
不景気ですから、B級グルメやお金をかけないことを紹介する番組が増えています。


極論ではありませんが、学校で話題になっていたとしても、みんながみんな、
「深く」話題にはしませんので、その言葉を叫んで終わり・・・ですよね。
それで終わり・・・なのも現実で、物事を深く追求するような環境は意識的に作らないと乏しいです。

次男の話からするとちょっとは見せたほうがいいかなとは正直思いますが、じゃあどんな会話をしているのか聞くと、
ただ授業中にその言葉を叫んだり、休み時間に叫んだりしているだけのようです。
そのためだけに遅くまで起きていることを考えると、ちょっと・・・です。


最近ハマっている読み物は・・・花より男子の小学生以来の読みかけの部分から・・・と、デスノート、アンフェア小説、プレジデントです。
どれも読みかけです。読んでいる時間がない
デスノートくらいは子どもが読みたいといえば渡せますけど、それ以外は子どもにはまだ見せたくないのでこっそり読まないといけないのです。
プレジデントは3月まで学割で月々315円です
プレジデントも最近ある場所で知り、おもしろッと思えました。周りには、ファッション誌より先にこれを見ていた私に引いていたようです。
ビジネス誌のようで、それこそ、自閉脳雑誌じゃないですか?
ほとんどの記事が、「統計」ですからね


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

考える力プラス講座 次男 三男 

2013/12/03 Tue.

 ※切る間の数は多分間違えています。答えをなくしたのですが6ですね・・
3年生11月号です。
今日は一緒に進めました。
考える力は応用問題なので、計算や漢字はついてません。そろそろ基礎も固める時期かなという次男です。
掛け算がさっとできないと、掛け算の筆算の穴埋めなんて無理ですし割り算の穴埋めも入ってきています。なので応用だけ済まして、計算を今日から50ます掛け算でスタートしました。
掛け算の筆算も教えましたが、掛け算の苦手部分があるのでその間に筆算の順序を忘れてしまいます。
まあ、公文もどきが要る時期とでも言いましょうか。
確かに、考えることに関しては初めからあったのですが、これをしていてそればかりアップしている印象です
なので1~2ヶ月、本科の3年生を注文しました。
国語は、長文はあまりなくなり、3年生はことわざが多いです。ことわざじゃなくて比喩でしたっけ・・・
なのであまり国語には時間も取られませんのでこの間に算数基礎をしても十分かなと思います。


三男の考える力もやっと注文しましたが・・・今月はもうダメで1月号からになってしまいました。。
しかも次男のもやり残しがあまりなく、少しだけやってないところからチャレンジしましたが、1年生応用を1年生中盤の時期のものを、初めてやるのは大変そうでした。
やはり春から少しずつやっておけば良かったな・・・と後悔です。
少ない人数の子守でもないですし、仕方ないでしょうか。
やはり、すこ~しずつでもいいので、始めておくと良いと思います。大学までしっかり勉強させたいおうちはということです。

すべて応用なので桁数が少ないものを消しゴムで消して、始めました
ゆったり始めると、やはり文章題なども次男の時と同じようにすっとやってくれます。
穴埋めも試行錯誤してやっていました。
条件がいくつもあるのでまずはそこの理解からスタートなのです。
しかし、たくさん遊んでいる子は、自然と記憶力も良くなっていますし、文章を理解する力もついているようです。
なんでかはわからないですが、この何で・・・というところを言語にできれば良いんですけどね。
次男ほど思考タイプでもないですし、でもできるので、やはり遊びってどんな子でも成長できるのですね。

やっている途中で、話すことがたくさんあるようです。
どうやって解いたかを、延々と説明してくれるのです。これが、能力アップのコツの部分とは思います。
これをしっかり聞いてやり、しっかり言わせるのです。
これをめんどくさいと思ったら、教えることは向いてないと思います。

あとは、知の翼の国語算数コースも、気になっています。

楽しく、お勉強していきたいですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

学級崩壊は誰のせい? 

2013/12/05 Thu.

次男のクラスも荒れているようです。
今は四日市でもどこの学校でも、どこのクラスでも有りうることのようです。

1年生の頃は厳しめな先生だったせいか、こういった様子はなかったようです。
でも、先生のせいにはできないお年頃・2年生ですよね。

マラソン大会で1位や2位や3位などせっかくとっても、授業妨害をしたら、全て台無しになる・・・
ということを、親御さんは言ってないのでしょうね。
上位をとっても、カッコよくないということです。
ちなみにソレを↑言っとけと言いましたが、言えるわけないですねえ~
暴れる子等とそんな仲良しでもないらしいので・・・

ちなみに暴れる子らが放課後、外で遊んでいる風景も見たことがありません。
外遊びの仲間は特定になっています。
放課後だけでも、子どもらだけで遊ばせればまた違うのでしょうけどね。
ゲームばかりがオチでしょう。
うちに来てもらえばビシバシできますけどね

また、園に行かずに入学した子が次男の他にもいますが、暴れる子らに入ってないそうです。
未就園児とか、私立幼稚園上がりとか、本当に関係がないと言わざるを得ないですね。

とても迷惑な話です。


女の子が多い学年カラーなので流行りの歌や、お手紙交換もどっさり、次男が女っぽくなってきました・・・
便箋やシールを用意しないといけなくなるとは・・・


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: メンタルな話

ニーズに応えるとは?応えなかったら? 

2013/12/06 Fri.

最近疑問形の題名にハマっているようです。ただ、思いつかないだけですが・・
題名だけでアクセスを集めるのも、アレですしね。
毒舌ブログなのでアクセスを集めすぎて炎上するのも嫌ですから
かといってイイコトばかり書いても、それはほかの人に任せます


ニーズと言っても、販売系、教室系、病院系など色々、たくさん、それを使う場所はありますね。

最近遭遇した、全然ニーズでないことをされた経緯について・・・少し書いていきます。

詳しく書くと特定できるので書けませんね・・意味ね~

まず、時間がないから短時間で終わるものを。
と言っておきました・・・
しかし、実際は問診に20分くらいかかり・・・
私は、すぐに効くものを、、、今まで○○だったから、それで良いと電話口で言ってありました。
(継続して行っていたところがお休みだった)
でも、延々とこちらで進めたいものを話してきます。
予算も、今、財布には〇〇しか入ってないから、コレでいいと言ってありました。
予算と全然違うものを、進めてきます。

結局、2時間以上かかり、予算もかなりオーバーしましたが、おそらく再度行くことはないでしょう。
今、短絡的に儲けたとしても、継続して来てくれなかったら、売上としては良いものではなくなります。

実際に、それが効いたか・・・?と言われれば、あまり効きませんでした。
施術するまえになり、いきなり、「何も変わらなかったと言われる方も、いるんですよ~」
などの、とても下手なトーク。
これは、言ってはいけないですし、お客は、こうしたいといているにも関わらず、今効くか効かないかわからないものを進め、クレームになりかねませんよね。

実際、従業員も若い人ばかりでしたので、仕方ないかなあ~という気もしました。
でも、仕方ないでは済まされないですけどね。

多分二度と行くこともないだろう~と思います。









関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

低機能自閉症のお子さんの成長 

2013/12/06 Fri.

低機能自閉症との診断を受けているお子さんです。
親御さんが先にもう疑っていまして、うちにいらしてすぐに検査をし、診断をもらった子です。


言葉がほぼなく、クレーン現象もありましたが低年齢できてもらっていると、やはり成長が著しいです。

こういったお子さんも、自然公園にいる時と、ごちゃごちゃしている公園にいるときとでは様子が全然違います。
このことは、全ての子どもに言えるようです。

親御さんも障害を受容しているので、落ち着いて接することができているようです。
成長ぶりも、点数などで見ることができればいいのですが、こういった教育は目に見えないので評価されにくいですよね。
しかし、否応無しにこだわりが消えていくことや、遊びにじっくり関わることができるのをみると、成長を認めざるを得ないです。嬉しい悲鳴ですね。

遊びにじっくりといっても、自閉症の子が好む遊びではないということです。
逆に、自閉症の子が好む、転がす系の遊びは、はまったところで弊害はないかな~と私は思います。

人と協調することが苦手でもありますが、そういったこともできるようになっていく場所が、自然がたくさんの公園です。
このあたりを言語にできるといいのですが、良い事しか、説明できません
✩おそらく、外にいると小脳の動きが活発になっているからかも、しれません。連鎖反応で様々な影響があるということ。(仮説です)

人とのやり取りをしないまま、大きくなっていく子らなので、一緒にいる親御さんは気づきにくいのですが、こういった教室(療育も専門にしているところ)にあずけたりすると、共鳴や共感の動作がほぼないということがわかります。

初めはなかったのですが、「目を合わせて私の反応を見てから行動に移す」
(もちろん、初めは外にでもだすと地平線の果てまで行ってしまうようなお子さんでした)

「一緒にやって」

ということが非言語の中でスムーズにやりとりができるようになっていってます。
クレーンがあって始めて言っていることがわかるのとは、違います。

急いで言葉を出すことも必要なんですが、この非言語のやりとりを大切にしていき、それをいつか言葉でやりとりができるように教育していってます。
その子によりけりなので、この子の場合は、言葉を急ぐより・・・ということです。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2013-12