[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

託児をする際の注意 

2013/04/03 Wed.

子育て支援ということで、地域でまとまって託児事業をしている所もあるようですね。
それはとても良いのですが・・・

見かけた集団(4歳~12歳程度)で、
「飲み終わったペットボトルを保育者に隠れてこっそり捨てている子どもを見ました」
最年長の子どもも、何も注意しないのですちなみ最年長は女の子でした。
保育者には見つかりそうにない場所です。

隠れる以前に、保育者(3~4人)は何をしているかといえば・・・

広い公園に来ているのですが、
「遠くで芝生に寝ているまたは座っているだけ」

なので、子どもはこっそりできるわけです。
子どもは集団になると普段良い子でもこういうことも平気でしたり、保育者をなめたりもしますよね。
普段の生活で、ストレスがたまっていたり、親子の愛着不足の子も、横着な行動をするようになります。
そういうのを、フォローすることも、子育て支援ですよね。
だから、誰でもできる事でもないと思います。


広い公園にうちのように何時間もいないでしょうけど、集団で来ているようで、長時間になるようでした。
子ども同士で遊びだしますが、結構すぐに飽きてくるんですよね。いくら広いといえども。
なぜかはわかりませんが、私だったら一緒に遊ぶか何か提案します。
やはり子どもだけで遊ぶ限界が今の子にはあるんです。

一緒に遊ぶといっても、何時間も一緒に相手をしなくてももちろん良いと思います。
大人の方も疲れますので、うまく休み休みやれば良いのですから。
でも、四六時中休んでばかりだと、子どもは遊びが広がらないです。
遊びが広がらない最大の原因は、
「遊んでいけない所が増えた」
からでしょうけどね。

連れてくるだけでは、何も意味がない時代かも、しれませんね。

うちが帰る際に、保育者に注意するように言おうと思いましたが夕方になっていたのでいませんでしたし、捨てられたものは、拾っていったようでした。
次男が現場を見ていたので、やらしいと思ったのでしょう。


ここで、保育が終わり、保護者に伝える項目として、
「元気に○○公園で遊びました」

だけに、なるんですよね。
仕事している親御さんの、何のお手伝いにも、なりませんね。

子育て支援とは、預かるだけでなくて子どもを健やかに育てることですよね。
こんなところにも、落とし穴があります。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

認可園の自由保育ととうちの自由保育の違い 

2013/04/05 Fri.


使われてない採石場。
当たり前ですが、固まってない所は危険ですよ。
人間が作った安全な遊具でないので、自分で気をつけないと、しかも遊び上級者(自分の身は自分で守れる人)でないと危険です。笑
こういうことも、判断できない大人が今は沢山いるのでしょうね。

DCIM1150.jpg

DCIM1158.jpg
潮が満ちてくるときは怖いです
普通の海水浴場って、波が来ないようにしてありますがね。
いずれにしても当たり前な話です

いくら権力があっても、威張っても、こういう海に放り出されたら魚のえさにしかならないだろうな~などと思えます
こういう場所に来ると、自分の生き方を再度とらえ直したりできますね。
子どもらも、こういう所に来ると真剣に議論します。
(こんなとこで
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

託児をする際の注意! 2 またうるさい記事です 

2013/04/05 Fri.

春休みや、夏休みなどの長期休暇に託児を利用する人も多い時代ですね。
共働きの多いこちらでもそうです。
ファミリーサポートやその他託児所はもっと子どもとの遊びの研修をした方が良いのでは・・・と思います。

こういう現場は、役所や管理職だと本当に想像できない人も多いことでしょう。
現場をもっとみてから、ものを言わないと。

「広い公園に連れてきて、大人は携帯を見ている」

また遭遇しました。

お子さんがいない夫婦なのか、自宅にいるのを避けるために来ているようにも見えました。
うちらより、長時間いたからです。うちもぼちぼち仕事も入っているので毎日長時間は子どもと遊べませんが、それでもうちより長い時間の子ども連れは会うことがないので。


預かられている子は、小学生二人でしたが、ネタが尽き、うろうろしているだけで、ベンチでしゃべるだけになりました。挙句に、うちらに遊んでほしそうに近づいてきました。

うちの子どもがその夫婦のそばの遊具を使うと、ゲラゲラ大声で笑いだし、精神的にも早熟なので気分が悪くなります。笑うのなら、気分悪くしない笑い方もあるのですが、面白い事をしたわけでもないで、???

離れたところで遊びました。

うちらはなんやかんやしていて馬跳びをすることになり、芝生へ移動。
次男も進化していて、105センチくらいの高さを飛んでいたのでもうすぐ私の馬跳びができなくなってしまいます。。
三男も、4~5段くらいのはできるようになっています。


ミミズをアスファルトから芝生へ移動させるのにすったもんだしたり、鬼ごっこ、抱っこ、ぎゃあぎゃあ騒いで、私をおんぶするゲームなど。
運動神経が良いと、力も、あるのですね。次男の細さで私がもうすぐおんぶできそうですので。
※私は痩せてません

うちらの遊びに圧倒されたのか、笑いが静かになり、夫婦は子どもたちの相手をするようになっていました。


確かに、この辺りでは子どもを公園に連れてくるだけで、携帯をいじったり相手をしない親御さんが殆どです。なので、それが子育て・・と、伝染してしまっているんですよね。

でも、子どもを見ればわかってきますよね。素直に、健全に育ちにくいことを。
だから、何歳になっても大変で手がかかるのですよ。
少しずつでも、変えていかないと。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

複雑な思考ができるように 

2013/04/11 Thu.

DCIM1162.jpg

考える力プラス講座の2月号です。
すでに先取りでもなくなってきましたが、1時間以上は粘るようになってきた次男です。
国語なども余すことなくコツコツやっています。

次男は着々と進化していますが、一つわかったことと言えば、
「答えを捨てれなくなってきた」
ということだけ・・・

自閉症が残ってしまうと、こういったいくつも想像しないといけない問題ができなくなります。
早めの生活改善を。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 高機能児の気づき

自閉症・知的障害低年齢での気づき方 5歳児検診では遅い 

2013/04/12 Fri.

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

edit

CM: --
TB: --

page top

2013-04