[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: くだらない話シリーズ

アンフェア新作でしたね~ 

2013/03/02 Sat.

まさか子どもと一緒に観れるようになるとは思ってなく、本当に嬉しいことですね
趣味を共有するって、できるようでこれも中々できないことでもありそうです。
趣味を共有し、対等な人間関係を築くと、絶対に子どもは道を外れることはないだろう・・・と思います。
言いたいことが伝わらないですが


普通にダブルミーティングの続きっぽかったですが・・・ちょっとイマイチでした。
いまいちだと思う話は、開始からすぐに犯人や黒幕が予想付くからです

新人刑事と山路の話…として観るものな感じですね。
雪平がいるときと雰囲気が違い過ぎますね。それはそれで良いのですが

もっちーは私よりもアンフェアすぎて、現実には絶対にいなさそうな感じすぎてちょっとがっかりします
上司にあんなこと言えるわけがないですからね~
でも個人的にはあれほど情熱がある人の方が好きですが。
今の社会への戒めのうようなドラマなんでしょうね。
政治家や国家公務員は税金のお給料がほとんどなんですから。


新しいキャストは、町田が一番ましだったような気がしました。
他の人はアンフェアには似合わない気します…(失礼しました)
アンフェアに出る人はちょっと影があるような印象が良いんですよね。
お坊ちゃんお嬢さんでは中々そういう味・が出せませんから

あえて面白かったのは、かおるちゃんの仕事部屋でしょうか。
額に、「特殊任務」と書かれていたのは見ましたか
派手なベストがいくつかありましたね。
ビーカーで牛乳を飲んでいた所も長男がげらげら笑っていました。

初めて23時まで起きていた子どもら。
三男は22時にダウン。長男次男もへとへとになりながらみていました。
遅くまで起きていられる子どもさんが想像できないうちです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

アンフェアな夜 

2013/03/05 Tue.

土曜日は子どもたちとアンフェアな夜を楽しみました。
カットしまくってましたね
CMが入るのもなんだか…
音声も違うのですね。
DVDの方が音声が良い気がします。ブルーレイの方がもっと色々リアルなんでしょうね。

色々なアンフェアに関する検索が来ているのも面白いです
今は何でもネットでわかる時代ですからね。
しかし時代は変わったようでも、殆どが引き継がれていることも、知っておかないといけませんね。

次男が好きな場面は・・・(私とほとんど一緒ですが
雪平が逃走するところ
バカはお前だ
USB を渡すふりをして村上を殴るところ
殺人犯と手を組んで最後、一条に銃を向けるところ
USBを爆発させ、村上がしゃべっているのに電話を切るところ

早く映画をやってほしいです
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

勝手に思考する子ども時代 

2013/03/08 Fri.

花粉がピークですね~

次男の疑問
「虹が真上にある時をみたことがない。
本当は地面から虹はないのかもしれない。
または外国にある」(遠くにある・・・ということで正解に勝手に近づいていますね)


カエルの卵を見て…
干上がりそうな池にあったので、早く雨が降らないとなあ~とつぶやいたら・・・
「うちらは雨が降らない方がよくても、オタマジャクシにとっては必要。自分以外のことも考えないといけない」


私はいちいち正解は言いません。言わなくても、わかる時がくるのと、答えがないと自分で想像しますからその考えを奪いたくないからです。
これってとっても重要だと思うのですが、私だけでしょうか
それにその時にたとえ正しい正解を言ったとしても子どもの心には響いてないときも多々あります。
物理的に物事を考える時期ではない・・・ということもありますし、子どもはとにかく正しくなくてもあれやこれやと考えたい!という印象です。
思考タイプではない、長男や三男もゆっくり時間を気にせずに遊んでいるときはあれやこれやと考えます。
子どもだから・・・という特権ですね。

こういう時期に、子どもが私がいない場所で間違ったことをいっても、恥ずかしくもないです。
恥ずかしいのは子どもに何でも仕込ませて自分で考える力を奪う事だと思います。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

考える力プラス講座2年生3月号 次男 

2013/03/08 Fri.

DCIM1056 (2) DCIM1055.jpg
ためているチャレンジをしました。
3月号が面白そうだったので一緒にやりましたが、植木算ってその名の通りただ数えていくだけですね・・・こういうのが問題になる事が不思議です。
こういうのはやはり直観的に理解していました。
木と木の間の数は木より1少ない数になるとか・・・
なので桁が上がってもわかるらしいです。
ただ式は難しそうだったので式は後半なしでしました。
掛け算の暗唱もやるやると言いながらまだしてなく暖かくなってきたので時間のある放課後も遊びほうけていますので
1・2月号がほぼ白紙なのでまずは掛け算の暗記から入った方がいいかななどと思っています。
と言いながらいつやるかは不明。

思考・推理するような先取りは本人も最近接領域になるので面白く取り組めるのですが、全て先取りしてしまうとやはり学校がつまらなくなるようですね。
3学期になり、桁の多い算数になって、「やっと勉強らしくなってきた
などとつぶやいていました。
私に積極的に話してくれるのは、漢字の成り立ちや図工、音楽などです。
漢字も先取りなどはしてなく、学校で習う感じです。
なのでとても面白いようです。
時間内に、積極的に覚える・事も必要ですね。
自閉症の子たちには苦手であることですが、自分の興味から色々広がっていく能力がありますので(うちはアンフェアですが・・・・)自然と言葉や漢字を覚えていってるのもあります。
アンフェアの小説を今度は揃えようと思っています

漢字まとめテストでは満点ではありませんでしたが、あのワーキングメモリの容量には不安になる事はありません。二人目はやはり得ですね
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

子どもは暇になると攻撃的な遊びに展開する 

2013/03/12 Tue.

またまた変な題名ですみません。
最近の子どもは、題名のような感じの印象です。(うちにきてもらっている方ではありません)子どもたちだけにしておくと、まず遊びが上手な子(何もなくても自ら遊びを考え、発展させていく子)
が殆どいなくて、さらにそのままにしておくと破壊する遊びや攻撃的に変わるのがオチですね。
小学生以上の子らの話です。これって危機感を感じます。
なので普通の親御さんは、ゲーム機を与えるのでしょう。
理由として、自由に遊べる土地や場所がないことですね。
なので遊びが下手なまま、大きくなるということ。
室内遊びだけでは限界があります。

そして団塊世代は、それをただ「教育が悪い」とするだけがオチ。
自分たちは広い場所でのびのび遊んできたくせに、子どもを室内に缶詰にしておくだけ。
団塊が遊んできた空き地が今はどこにあるんですか??
登れるフェンスがあるんですか。なので今の子どもは上り棒ができないんですよ。

缶詰にされた子ども等は、運動神経も悪くなり、思考力も中々広がらないに決まっていることをどうしてわからないのでしょうね。

不審者情報のあいまいな連絡の仕方も早く学校に連絡しようと思っています。
声をかけられたって・・・挨拶かもしれませんよね 笑



このあと、放し飼いの馬に追いかけられる羽目になったうちら(私、子どもら3人)です
ここは絶対に教室の生徒さんは連れてこないようにしようと決めました・・・

大型の馬だったので小高い茂みに隠れ、10分くらい静かにしていたら馬がどこかへ行ったのでその隙に逃げてきました。細い脚で行きにくい所といえば高い所ですよね。放し飼いですが違反でもなんでもありません。花粉の季節なのでくしゃみをするたびに馬ににらまれていました
茂みといっても、放し飼いしている立派な馬だと、普通に入ってこれそうでもありましたが


ニュース記事にて・・
<4種混合ワクチン>初の死亡例 生後6カ月未満の男児
このワクチン以外の接種も同時にしたそうですが・・・そんなあわてて接種しなくてもいいじゃないですか。病院で同時に接種なんてすすめられたこともないうちですが。。
ちなみに長男は、日本脳炎の3回目はつい先日やってきました。
色々話題になった時期と重なり、禁止していた地域に住んでいて、引っ越してきたら禁止してないとのことだった・・ということとそのまま忘れていた・・ということです。
予防接種も地域差があるようです。
ちなみに長男のWISC検査の日程も忘れていた私です(゜.゜)
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2013-03