自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 自閉症スペクトラム・アスペルガー

困り感を伝えること 高機能の場合 

2012/12/06 Thu.

長男が荒れだした件でへこんでいましたが復活。

私も厳しく言い過ぎていた・次男三男と比べてしまっていたのでやめました。では先取りできない次男がいるとしたらそれでも自慢の子どもと言えるのか・自分の胸に聞いてみました。
子どもをありのまま受け入れることは本当に難しいことでもあります。
水泳では、ここ2年、タイムの伸びがないこと・スイミングを親の都合でころころ変え、コーチの指導も違うのでたまたまここは口頭指導が多いらしくかなり?怒られる場面が多かったようです。
長男も周りが見えてきたのか、タイムが伸びてないこととトリプルで嫌気がさしてきたようです。
もうスイミングを変えることもないので何とかここで伸びてほしいですが。

コーチとの話し合い。
高機能の症状の伝えかたは、難しいし、わかりやすい言葉を考えていく必要があるなと思いました。

説明していると、決まり文句が出ることに気づきました。

「僕もそうです。みんなそうです。」

と、言われてしまいます。

これを言わせないような言葉が必要です。

とりあえず言いましたが、コーチ自体も自閉症の気持ちを調べるなりしてほしいですが。。。
場合により、「犯罪(自殺未遂・自傷)を犯さないように協力お願いします・・」

みたいなことも伝えた方が良いと思います。

自閉がなければ、ちょっとした感情の起伏で犯罪までいくことは少数ですよね。そこが大きな違いです

みんなそうですと言わせないセリフは・・
「厳しくするだけで伸びるのであればそんな簡単なことはないですよね~」
(でも丁寧な指導は必要ということも)


大会も、わざわざ苦手な種目で出てほしいと言われ、これが自閉がなければまだしも、と素人は思うのですが大会といえども、「練習試合」のような感覚でコーチは言っているようで、それも丁寧に長男に伝えました。
JO、チーム対抗の大会以外はそんな気にすることない・・・という印象だったのでそういう解釈で良いってことですよね。
これで背のスタートとか失敗したらコーチの責任です。
まあ、そんなことのないよう、念入りにコーチに言いますが。
この辺りはコーチに任せた方が良いときもありますので、あとは自閉の子にもわかりやすく伝えるというスキルがないと伸びるものも伸びません。

10歳区分で出れるのは1月で最後なのでなんとか賞状の1枚でももらえるようにしてあげたいと思いますが、コーチ的には賞状をもらうこと自体ほとんどなくて当たり前という感じでした。
じゃあなんでやってるの?と私は思いますが・・・
元・水泳選手だったらそう思うというか、自分がそうだったから言うのでしょうが、素人は違いますよね。
大勢の中で3位に入らないといけないとかそんなんでもないし、年齢別・種目別・男女別で大体3位まで賞状が出るらしいので、計画して取ることも可能なはずです。
何で、狙わないのか、私にはさっぱりわかりませんが???

ここのスイミングは仲が良すぎ?なので少しでも休むとうるさく言われるので長男と同級生の子が1人だけ(あとは年下)いるのでその子には自閉症で大変なんだ~ということを伝えましたが、わかってもらえませんでした 汗
やはり高機能だと、子ども同士でこの子変わってる・・・と自覚するのはもっと後でしょうね。

長男の事を心配して、いちいち私に聞きにくるんです。裏があるかないかは私は一目見ればすぐわかりますし。仲間は大切です。
そのことも長男に伝えました。


勉強に関しても、漢字まとめテストなどひどい点数を取ってきたと思っていたら、次回は75をとり、
「きれいに書く・ことと、頭に入れる・ことを同時にしたらちゃんと覚えられた」

(勉強時間は5~10分くらいです。頭はやはり良いかなあ~?と思うときです)

と初めてわかったように言っていました。
こんなことが、わからなかったりするんですよね。
再試ではありません。

色々な準備も、いつも通り少し手伝ってあげることにしました。
むかつく人の悪口も、一緒に言ってあげるようにしました。(気持ちを吐き出す行為になる)
この辺は、女性は大得意でしょう 笑

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-12