FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 勉強

初めてのテスト 次男 反省点 

2012/11/03 Sat.

能開のテストを受けてきました
大きな進学塾だったのですね。。
三重には無いようです

問題は、うちの基準だと、「読むところが多い」
でした
難易度はさっぱりさかりませんが、問題を見たところ、算数は時間があれば満点取れるな・・・という印象でした。
読むところが多いので9割できればいいかなと思っていたら、倒れそうな答え合わせに。

記号で書くところを言葉で書いたり、問題文を見落として解くなど倒れそうなミスばかりあり、算数は、後半全部落としているようです
今日だけは普通の教育ママになりました。

見直し時間は1~2分しかなかったそうです

国語は早くできたようですが、微妙な読解なんで、しかも家でもほとんどやってないので平均行けばいいかなと。
こういう読解は、2回読んだ方がよさそうですね??
消去法でできないようになってますよね。

言葉の仲間わけは私もできないのがありました

~~~
普段、自閉症児のお母さんは自然になっていると思いますが、
「言葉をわかりやすく言う能力がたけすぎ」

これがあだとなったようです答えこそ、教えませんが、問題をわかりやすく言いなおす場面はたくさんあったな・・と反省。。自分で読むとか、少しづつさせないといけなかったです。難しいですが。

明日はこんなん許さんでな・と。

この挽回をどうでるか、次男は楽しみです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

四谷大塚 統一テスト 次男 

2012/11/04 Sun.

待っている方も疲れました。
子どもがこういうテストを受けることにも主人は無関心こういうのは一生変わらないでしょう。私も好きなことは一応できる身分なので五分五分ということで。なのですべて別行動
気分的にに疲れますが。


こちらの統一テストは、市内でもやってくれるようでした。
先日の能開のテストは、三重では名張のアスピアという所でしてくれました。

次男は対策授業を受けているのでびくびくすることもなく15分前に入っていきました。
終わってからは上機嫌でした。

やはり、すぐに答え合わせをしたくなるものですが、あまり聞きませんでした。私が期待しているのも、次男にしたらうっとおしい部分もありそうですよね。
近くの公園ではじけて帰ってきましたテスト前は森で長男とバトル

テストだけ・のスケジュールだと、子どもはつまらないですよね。

テスト内容は、先取りしている子にはラッキーなテストっぽかったですね。
なので、うちは途中のつみき問題のが怪しいかな?という印象でした。
最後のはよくある問題ですね。

能開のテストでできなかった、メモする・答え方などは完全にやっていたようでした。
こういう所が次男はすごいなといつも思います。失敗は二度と繰り返さないというか。
しかし、やはり次男なりのメモがあるようで、次男にしてみたらメモが必要な部分は読解では最後だけ、あとは推理ものだけのようでした。バスの問題など私なんかの低知能だと心配過ぎてメモしまくるのですが、、、

点数が帰ってこないと何とも言えませんが、よく頑張ったな・という印象でした。

今後の課題も見えてきてやはり家勉だけでは中学年以降は偏るのかなとも思いました。
「問題を自分で読んで正しく理解する」当面の目標ですね。これってけっこう難しいですね。
教える方も、ですね。

1年生は7人くらいで、能開では1年生は5人しかいませんでした。

能開のが、難しい問題が多い印象でした。
テストの点=○○○
この方程式ってなにかな?と、疑問です。子どもの心も健康でなおかつ点数も良くするためには。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育後の様子

幼稚園に行ってない1年生2学期の様子 次男 

2012/11/05 Mon.

統一テストの話題は、受けた家庭しかわからない内容になってしまってましたね
今後、過去問として出回るでしょうし、まあご了承ください。

次男は幼稚園に全く行ってませんが、といっても、過去には認可保育園・認可外保育園の一時預かり、(長男の幼稚園の行事の時など)ファミサポ、2歳児クラスに週一は行ってましたが。

たらふく遊んできているので、普通の園ですることはしてない状態です。

例えば歌。
先生一人で子どもが30人だと既存のスケジュールでしか動けないですしね。
歌でも歌うしかないというか。すみません。

今の1年生は、「おかあさんといっしょ」の新曲など歌うようで、歌を知らないということはないようです。もともと音楽好きだったのであれですが。
もちろん工夫が必要にもなってきますが、私は時を見て一緒に歌ったり、輪唱をしたりして過ごしました。
他の、園に通ってなかった子は、知らない歌などがあるそうでした。

一斉指示に従う訓練は、何にもしてませんが。担任からは色々早いと言われています。
ということは、一斉指示というのは、集団に入れれば良いということではないのですね~
では、何が鍛えるのでしょう。

何か書きたいことがあったのですが忘れてしまったので、後日
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

今後の学習計画 

2012/11/09 Fri.


こちらは1年生能開の国語の一部。こうして公開しても良いのか調べてませんが。。
国語もやり直す時間を取ろうと思います。

漢字では、「早足」をそうげんと読んでいましたが、そうげんって2年生の漢字やし~

DCIM0790.jpg
算数、間違いありましたね・・・1年生の問題を間違える私ヽ(^。^)ノ
やはり答えを用意して○つけしないと。答えもどこかにやってしまいました。

次男は、問題を確実に早く正確に読む・ひっ算・掛け算を当面の勉強に。

計算問題だけ集めて10問を一日一回解くようにしようかな。やっぱり5問くらいに。
あとはためている考える力プラス講座を一日2ページやる。
国語は、プレステージ2年を買って、でかくコピーしなおして、朝一、週2でやる。

長男は、チャレンジのオプション講座を頼もうかな・・と考え中。

三男は、年長用講座を頼んだら、今はオプションもできたのですね。知育プラスがありました。
ちょうど三男も正確に書く時期かもしれないと感じています。

いつ実行できるかわかりませんが
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

参観日♪ 

2012/11/12 Mon.

先日は参観日でした
いつ行っても良いのでしたので、土曜でしたしほぼずっといました。主人と交代で。

三男は七五三イベントに。

長男は家庭科でエプロン作り。
手先が不器用というより、動作が遅いのでほぼ一緒に作りました。あんまり一緒にやると恥ずかしがるのであれですが・・・
最近の小学校は中学みたいで、専門の教科の先生が教えるようです。先生は2人いるので昔に比べたら楽だろうと思いますが・・・支援の子は先生が一人つきっきりですが、

普通の子ら→ちょっと遅い子ら→支援の子

ちょっと遅い子らが本当に何の支援もなく、不憫やなという印象でした。私がいなければ、もう一人の先生は長男のようなちょっと遅い子らにつきっきりになるんだろうと思いました。

しかし、やることもそう難しくなく、私がいなくても十分できる範囲ですが、となると、できる子(は、この学年にはそんないない印象ですが)が暇する日程だな・・と、集団教育の難しさを感じました。
私が教師だったら次々と案が思い浮かぶのですが。

去年のクラスより、静かになっていて、驚きました。担任がしっかりしているのだろうとは思いますが。

1年生の次男のクラスは道徳や、算数、昔遊びなど。
昔遊びは手伝ってくださいとのことでしたので、一緒にやることに。
室内遊びが苦手なので、ゴムとびのとこに。
子ども等は、班ごとに5分間隔で移動していくというもの。

集団だと、その行為をする以前に、本当にあわただしくて準備だけで終わってしまう印象ですよね。

ゴムとびはただ飛び越えるだけでした。

集団を扱う先生らの、特徴がわかりました。

「フィードバックが少ない」

です。
全ての先生ではないにしろ。
家庭科ではちょうどミシンをかけているときに、担任が現れ、ジーっと見るものですから長男は視線に気が散る。大きな声で、バカにするように、
「見とかないかんで!」
見るだけ見て、フィードバックなしとは、先生らしくないですね。
視線を定まらせることが簡単にできるのなら、苦労しませんが。
私も嫌味を言おうと思いましたが、やめときました。
私もイケメン以外にじろじろ見られるのは嫌いなんですよね。

私は嫌味も瞬時に思いつきます

ゴムとびでは一人飛ぶ毎に、もっと声かけてもいいんじゃない?と思いました。他の遊びでも。他の教科でも。
飛んでいる方も、面白くなくなりますね。
私の声だけが聞こえている状態・・・一緒にゴムをもっていた先生はさっきの長男の家庭科の先生で、新卒っぽい。

子どもって、声をかけてタイミングを計ったりするので怪我防止にもなるんですよ。どんくさい子だと特に。
次男の番になり、次男は私のお尻のとこらへんがいいかなと高くすると先生もびっくり時間がないからはよやらせてあげて。。

他の子らもどんどん飛んでいきました。やっぱりこういうのが一番盛り上がりますよね。子ども等は疲れ知らずでどんどんやっていきます。というか助走が足らない・狭い。。

途中支援の子がふらふらと来ましたが、みんなに、あっちとか言われ、担当の先生のとこいけと。
別にいいやん~適当な私に飛ぶように言われ・・最初は飛べませんでしたが、数回後にきちんと飛べ、笑っていた子も黙り
1年生にもなって少し順番違ったくらいでわ~わ~いわなくても死にはせん。

その子は、体がふにゃふにゃしていて、運動させるのも気を付けなければいけないのだろうか。。とか思っていて、でもすぐにマスターするところが、運動の敏感期だな!!!今、もっとさせてあげればいいのにと思いました。

初めて、その子の支援の先生の笑顔を見ました。いつも無表情なので、関わってほしくないのかな・という印象だったのですが。かまっても、良かったのですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-11