FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育(実践していること)

久しぶりに3人一緒の休み♪ 

2012/11/12 Mon.



1352690891061.jpg

1352690896319.jpg
ゴーカイレッドのまねだそうです。
私も草食は大嫌い


参観日が土曜になると、振替で平日休みになりますね。核家族は困る
今回は、教育委員会も参観に来ていたようで、市内の小学校殆ど振替休日だったようです。
ついでに参観にしたのでしょうね。普段のお仕事は何をしているのでしょう。。お忙しいのでしょうが。

1年生に風邪をもらい倒れていた私(゜゜)~ 今日は倒れていられないのでドリンクを併用してあまり動かずに過ごしました。
今回は我慢大会をしても、熱は微熱しかでなく、大頭痛があり、嘔吐をしたら楽になったりしました。今日はのどがガラガラでしたのでやはり風邪だったようです。

なのに、次男はまだ半そで
暑いそうです
教室では、動けないから、着込むように言うのですが、参観に行った時にわかったのですが日当たりがいいし、ここは12月いっぱいは暖かいので、子どもにしたらそう寒くないのかもしれませんね。
寒いのはお年を召した方・運動不足の方だけかも。

今後の学習計画は実行前倒れ。
そんな時間ないし、そんなにやらなくても次男は良さそう。

能開では、実力判定テストというのがあり、一番難しいものだそうです。
近い人で思考が好きなお子さんは受けてみるのも手ですね。1年先程度はできるのが前提でしょう。
滋賀にも教室はありますが、このテストは実施してないそうです。


遊んでいるとき、三男がうんちをしている時、次男が、
「太陽が昼間はいつもここにある。夕方はあっち。絶対にあっち(北)にはいかないよね。方向はなんていうんだっけ?」

勝手に、東西南北を自分でインプットしています

「あんたってどうして勝手に先取りするの3年の理科で習うっぽいよね~~」
「ギャハハハハハ~~」

野宿とかしているからか、夕日と朝日の違いもずいぶん前から知っていて。
なんですごいか・・・長男が間違えるのを知っているからです。。。。
微妙な違いが、判るのに時間がかかるようです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

幼児教育に向いている人、向いてない人 

2012/11/14 Wed.



年長さん用のチャレンジをとりましたが、三男にはちょうどいい感じでした。間違い探しだけはまだ難しそうでした。
長男次男はどうしていこうか何も決めてません。次男は取り合えず今の教材とテストの直しなどを利用していこうかと思います。

幼児期にありのままを受け止めてもらえなかった子は、心の愛着どころか、知能全般に影響があるのではないか・・・と最近思います。わかりやすいのが就学後~小学生時代でしょうか。
おまけに心が弱いと、非行の子に似た行動が多くなる印象です。
自分を大切にしないとか。
幼児期の環境はとても大切でしょうね。しつけはありのままを受け止めたあとでも死にはせん・他人に迷惑もかけることもない。

どうしても、先にしつけをしたいなあと思ってしまう母親以外の大人は、幼児教育・子どもに関わる仕事は向いていないと思います。

~~~
私の大嫌いな季節がきました
早く夏になってほしいです。

最近の1年生は、「手遊び」をしないんですね。
先日次男と久々にやってみると、スピードアップしてできていました。
私が幼稚園の頃もそれしかやることもなくやっていましたが、小学校では楽しい暇つぶしの遊びでしたね。

長男の幼稚園でもやっていたのですが。近くにいても校区でやること違うのですね。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

スケボーデビュー 

2012/11/14 Wed.



DCIM0810.jpg

寒くて気分が盛り下がりますね~
天気雨などで不安定な天気です。
こういうことも、気軽にできる場所がない時代になりました。幸いここは十分できますが。
基本は外ですが、家を建てるときに、工作場と、登ったりぶら下がったりできるところを作ればよかったと思います。そんなお金かけずに凝ったものでなくても、子どもは遊びの天才ですからちょっとしたもので十分なんですよね。
でも子どもとたくさん遊んでない人にはわからないでしょうけど。。
家を建てる5年前の私にもわかりませんでしたが。今では次々と案が浮かぶのに。

ちなみに私はスケボーに乗ることもできませんヽ(^。^)ノ
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: タンデム授乳

母乳と自閉症について 

2012/11/15 Thu.

母乳をあげるということは、当たり前な自然の行為です。
完全母乳育児が理想なんでしょうけど、私は95%ほど母乳で少々の預ける時間はミルクを飲んでもらっていました。
生まれてすぐは、三男の場合は、私がフィットネスに行きたかったので2時間ほどはミルクを飲んでもらっていました。
また、上の子の入学説明会や預けた方が良さそうな時間もミルクを持参しました。
結果的にほぼ、完全母乳育児と変わらないかと思います。

何のために何をするか・・・ということを考えないとすぐに流されます。

自閉症とは関係ないと思います。が、自閉症で抱っこされるのが嫌いな子は、授乳を嫌がることがあるとよく聞きます。

長男も次男も、うちは感覚過敏でしたが、母乳は嫌がりませんでした。
自閉症といっても一口には何も言えない・ということです。
根拠がないことをいう人は正当性がないことでもあると思います。
医者・看護師さんなど、実際自分の子どもをどれくらいの期間、母乳をあげて、どうだったか・・・そんなことを語れる人は少なく、教科書通りの説明と患者さんからの情報で自分があげ足を取られないように説明していることが多いですね。
一番怖いのは、そこに利害関係がある時です。


かといって無視してもいけないし、30歳すぎての母乳は出にくいことも聞きます。
二人目、三人目も出にくいとは聞きますが、それは本当かはわかりませんね。
私は二人目三人目を完全母乳で育児をしました。

30過ぎて初産だったら、初めはミルクと併用しながら、徐々に母乳だけにしていくのが安全かなと思いますが、ミルクの楽さに甘えてしまう葛藤も出てきて大変かなとも、思います。
(ミルクないならないで、覚悟ができるし、ミルクの楽さも知らずにいくということですから)

私は、1人目の時は5か月は育児休暇がありましたし、制服もサイズも沢山ありましたのですぐにダイエットもしませんでした。復帰するために痩せる人は多いと思いますが、痩せようとすると確実に母乳量は減りますね。

私は桶谷式では食べる量は合いませんでした。子どもが1歳くらいまでは腹12分目くらいは食べていたと思います。人によって、食べたもので乳腺炎になりやすかったりしますので、自分が何を食べるとなりやすいか、など考えて過ごさなければいけません。

私は食べ物というより、産後間もない頃、家族でお出かけしたときや極度に疲れたときに乳腺炎になっていました。
食べるものは、ナッツ類を食べるとつまりやすかったです。
つまったら、子どもにどんどん飲んでもらうことが治すことにもつながります。そして熱がでますが、つまっているおっぱいを溶かすために熱がでるので、脇で体温を測ると高く、口で測ると平熱だったりします。

あとは葛根湯で治しました。母乳のサイトがありますのでそこに詳しく乳腺炎の治し方も書いてあります。本当のことを書いてくれていると思います。

三人目の時は、長男の卒園入園時期でしたので少し食べるのを控えたりしたら一気に母乳量が減ったのがわかりました。これも、何人も母乳をあげてないと、減ったか、減ってないかなんて、絶対にわからないことだと思います。おっぱいはスケルトンではないですよね。

これは嘘だろうというママ友も、いました。
子どもが12か月で、卒乳した・というのです。卒乳なので断乳でないということです。
多分嘘・・笑

母乳中心の子は、母乳に執着するものだと思います。
で、実際に執着させてみたうちですが、性的に変だ・という印象もないですし、今のところ母乳期間が長い子の方が健全です。

母親の方も、外野がうるさくて迷いが増えますが、本当は母乳を出している母親が一番知っていること・でもあると思います。

色々な人がいますので、惑わされないことですね。


私は実際にあったことを書いているだけです。

ちなみに次男は5才くらいに過敏がなくなりました。

関連記事

edit

CM: 1
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

子どものころの話など 

2012/11/15 Thu.

今日は長男の学年の音楽会でした
三男を預けてママ友と一緒に行こうと思いましたが、ママ友は仕事を抜けれないとのことでしたので預けずに一緒にいきました。

本当にこちらは他人とのかかわりをあまり持たない風潮なんですね。市内の高学年が集まりますが、友達同士で来ている親御さんの少ない事。。
私とか今までの地域だったら一緒に観たり、そのあとお茶かランチしたりしますがたまにの事ですしね。


自分の学校時代を思い出してしまいました
私が小中学校の頃は、少し昔の歌謡曲を歌っていました。
学校では、合唱コンクールが必ずあり、音楽きちがいの私は大歓迎でした。
担任は、優勝することしか頭にないような先生ばかりでした。私もそうでした
なので選曲も難しいのばかりでした。
「親知らず子知らず」「涙をこえて」「モルダウ」などなど・・

小学校の頃は、どうしても弾きたい曲は、弾かせてください~~!と頼んでいました。
習ってもいませんでしたが
ジャズ系が好きです習う時間があればやりたいですが、自由時間も今はありませんからね

朝昼放課後と練習も沢山ありましたが、どこかの合唱団なみになってきた時は本当に充実感がありました。

だからなんなんだ・・ですが

今は、子どもを危険から守ることくらいしかしなくなり、先生も自由にできないのだろうなとは思いますが、今は今なりに一生忘れないような時を過ごしてほしいです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-11