[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: メンタルな話

子どもの頃の遊び 3 

2012/10/01 Mon.

私は今は自然と共存についても興味があるのですが、小学校2年まで、ありの巣を壊したりしていました。
理由はどうであれ、中がどうなっているか見たかったのか忘れましたが。
最後に壊したのは庭で、普通のありの巣でした。
壊すと、沢山のありが出てきます。逃げ惑っているかも忘れましたが、1匹のありが私の足に噛み付いたのです。
ありって2次元の世界にいるはずで、人間なんて見えてないイメージだったのですが、勇敢に噛み付いたことが衝撃的でその日以来、そういう事は一切しなくなりました。
ありに噛み付かれることは私は常に外で遊んでいましたのでとっくに知っていたことなんですが。
また再生しやすいようにし、砂糖をおいておきました。(もう遅い)

当時小学校は厳しかったので、教科書など忘れ物をすると、家まで走って取りに行ってました。
山を削っての住宅だったので削りかけの所を通って近道で、といっても目と鼻の先でもなかったので長い休み時間に計画して取りにいってました。馬鹿正直に登下校の道で行ってたら間に合いません。授業がおわったらすぐに出発できるようにし、次の授業の準備もしておきます。
職員室から丸見えですが、注意されたことはありません。
長男ですらとりに来たことがあるのですが、ご丁寧に取りに行ける距離でも行かなかったり登下校の道順をちゃーんと守ったり、当たり前なんですが、別にそうたいした違いがなくても守らないと悪者になる最近。


私は場面緘黙があったので、担任にも不信がられましたが、責められることもありませんでした。私のそれに気付いたその方はすぐに教頭、校長とエリート街道だったそうです。まあ、私の親が金髪チンピラ風だったのでいじめることができなかったのかもしれませんね。~会長とかするタイプでしたし。

おやつは自分で買いにいってました。(小1以降)駄菓子屋が同級生の家で、店番もあまりいなくて、万引きもあったでしょうね。
私はある意味馬鹿正直だったので店番がいないと、家まで呼びにいってました。店と家がつながっているつくり。
「ちょっと誰もおらんで、これ渡しといて」
と同級生に。

そこで菓子を食べ、公園にいく、、、という日程。
また、野イチゴやつつじの蜜もおやつでした。友達同士でよく食べていました。
つつじについてはその頃からうるさい人がいました。でも、すべての花を残してすべて種にしてしまうのも、自然の法則に反していますよね。

中学になると遠くなり、行くのが面倒くさくなったりもしました。
夏休みの登校日もよく間違えてました。小さいうちから寝る時間が遅かったので朝がまず起きれないんですよね。
ああいうのは親の責任ですね。うちの親はだらしなかったので…
TVみてないと会話についていけないなんて嘘ですね。うちの子どもは今までないようでしたが。そこまで守りにならなくてもねえ。

色々ありましたが、楽しい思い出ばかりになりつつあります。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は? 

2012/10/02 Tue.

  DCIM0697.jpg


脳科学では、大人より子どもの方が頭が良いと検証されています。いつも思うのですが、私に幼児がそのように見える時というのは、

「枠や制限のない自由な場所・環境で自分の発想で遊ぶ」

時です。

しかし、大半の大人たちは、
「○才なのに、こんなことができる」
「ピアノ・逆立ち・逆上がり・水泳・体操・計算だけの先取り・読み書き・なんちゃらかんちゃら・・」


こういう部類に、興味を持つ人が多いと思います。
だから、幼児期にたくさんの習い事をさせてしまう。では、弊害は?害のことまで、考えたことありますか。
弊害がないと思っているから、させるのでしょうか。


「忙しくって~子どもがやりたいっていうから~楽しそうにやってるから~~」

子どもは、親御さんの紹介することは嫌でも嫌とは言わない子が多いと思います。親御さんが好きですから、社交辞令ですよね。
嫌と言ってくれる子は、とても親孝行でしょうね。


しかし、「教える」ことを、全くなくす・ということではありません。
タイミングと量の、微調整が保育者には重要です。

日本では古くからの歴史で、子どもを遊ばせることを嫌う傾向があります。そういったことも、微調整していかないといけません。


また逆に、私が子どもが賢くないように見える場所というのは、
遊園地やボーリング場、ゲーセンなどの娯楽施設、ママ友ランチでの付き添い、遊具がたっぷりある公園、保育園や幼稚園での時間を区切って生活する時や発表会の練習・本番の時。サークル主催者が子どもと関わるタイミングがうまくない人であるサークル(失礼!)

だから私は長男の時から疑問に思えてしょうがなかったのでした。

幼児限定ですが、就学以降はわかりません。
就学後は忙しくて十分に遊ぶ時間も取れませんしね。かといって遊びをあきらめることもないでしょうが。

・・

幼児がそのようにごちゃごちゃしてない場所で生き生き遊んでいるときに色々な法則を見出したり、検討したり頭をよくしている印象があります。それが発揮される時がわかりやすい就学後なんでしょうか。就学後しか、評価されないですよね。

就学後はとくに、「見る力」「聞く力」「判断力」
で大きな差ができるようです。足し算ができるとか、掛け算とかそういうのではないようです。


次男は挨拶とか、人の家に上がるときに靴をそろえるなんてことも教えてもないんですけど(それも問題か…)やっているようですどういう変わりようでしょう~

「しつけは十分に遊んだ後」
「自由にさせたからと言って、5才や6才になってもむちゃくちゃではない」
んですよね。これも子どもと向き合ってないとわからないでしょうね。

幼児期にしっかり向き合い、たくさん遊ぶと、あとが楽という横着い考えもできますね
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

森と川へ 動物と共存 

2012/10/05 Fri.



今日はお友達とご一緒しました
残暑厳しかったのでわかれてから川におりました。

昼間は暑くなるからか水もそんなに冷たくなくて良い感じに体を冷やせました。

当たり前なんですが秋になり、山は冬眠前の動物が食べるものを探しに来ますね。山で遊んだことがないとどう対応していいかわからないでしょうね。
今日はこちらでも何かの罠があって、とても残念に思いました。ここは動物と共存していると思っていたのですが。

長野市の熊も撃ち殺されてしまいました。そんな解決方法で良いのか、疑問です。お役所ならもっと知能的に合理的にできるのではないでしょうかね。お給料分、仕事してくれないといけませんね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育後の様子

男性の感性と女性の感性 

2012/10/08 Mon.

まだ死ぬ予定はないのですが

何でも「親ばか」だという人
「成果主義」に陥る人
こういうのは、子どもとの相互間でのオキシトシンがあまり作用してない人、または「男性」、がよく使うことだと最近思っています。誰もが、母性本能があるわけでもないですね。
でも男性でも温かく受け入れられるのなら、それは素晴らしい特権であると私は思います。

男性には男性の役割があり、母親は子どものありのままを受け止める役割があります。両親が男性の考えであったら、子どもは小さいうちはわかりませんが思春期に心・知能と悩みが大きくなる気がします。

子どもは伸ばすのではなく、広げる。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

気持ちの良い季節です 

2012/10/09 Tue.

個人的にはやはり夏が良いですね。

伊勢の安土桃山文化村に。
自販機がお城にしかないので、飲み物を用意していった方がいいですね。
施設内のペットボトルは200円。
ここはほかの施設と違って子どもがぎゃあぎゃあ泣いている子が少なくて、親御さんたちの質が違うのか何かわかりませんが、子供ものびのびできるところです。子どもが落ち着いている気がします。
施設の遊ぶ場所がそれぞれ離れていたり、(歩く距離がある)山道を抜けてお城にいけたりと、(歩き・坂道15分なので鍛えてない親御さんはきついでしょうね。ジム通いしている方はちょうどいい)

刺激物が少ないのもあると思います。遊園地とかごちゃごちゃしすぎていると逆に子供は落ち着きがなくなる気がします。それも子どもが悪いのではなく、そういう設定が悪いのでしょうね。

子どもは刺激がほしいのではなく、まずは歩きたい・走りたい・それから次に移行するのだと思います。

お化け屋敷に入れない忍者。
お化け屋敷では私たちのあとについてくる家族がたくさんいたのは気のせいでしょうか

1349665038770.jpg
次男初挑戦でしたが、外れてぷりぷり怒るのがオチだろうと思っていたら・・初めてとは思えないような弓引きでした私は弓道部でしたので見ればわかりますし。運動能力が幼児は未分化であることは本当でしょうね。何やっても説明だけでできる。
小さいときに名誉も何もなく、認めてくれる人もいなく、周りには
お金をケチって幼稚園に入れてないんだとか、
障害を隠しているだけとか、
小さいうちに集団に入れないと小学校でついていけないとか、
小学校で座れない、
収入もなく無駄な時間を過ごしているとか、
保育士でもないのに、できるわけないとか、
さんざん言われてきましたが、
ただ一緒に遊んできたことが走馬灯のようによみがえり、これでよかったのだと思える瞬間です。こうしてきてよかったと。

閉園まで居ました。着ぐるみを追いかけたり、走りまわるのにちょうどいい広さです。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-10