FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育(実践していること)

自由研究  

2012/08/20 Mon.



自由研究は、長男は惑星について・次男は粘土細工で果物を作るそうです。
宇宙に関しての本などから調べてまとめ、あとは自分で調べたいことを、インターネットなどでもでてくるのでそれでまとめる感じにしました。

粘土を調べてみたら、今はネット大国なんですね。自由研究キットが大量に出てきてびっくりしました。

作品用の紙粘土などあり、専用の色などもあり、時代の流れを感じました
とりあえず、作品用の粘土と色の粉を注文し、次男の分だけだと長男三男がやりたがるので予備で注文。

でも実際にやってみたところ、色の粉は大量にいるようでした。はっきりした色を出そうと思うと、色の粉が足らないかもしれません。なので絵の具もプラスしてしました。感覚タイプですから。

お盆中は、主人もたくさん休みがありましたので主人はインドアなので室内イベントに毎日のように子ども等と行っていました。いつも思うのですが、大人が作った作品だったら、意味がないすね。
また、合理的に仕上がらなくても、私は何とも思わないし、子どもが考えながら一生懸命しているという行為がとても勉強になっていると思いますが。

子どもがどれくらい何がわかっているのか、何がどれくらいできるのかわからないから、不必要な干渉をしてしまうのでしょうか?多分それもあるでしょうし、お母さんが激務だとそういう現象もあるのでしょうね。
子どもの予防接種くらいで会社を抜けれるような許容度がある会社でしたらまた違うのでしょう。

そういう気持ちが私にはまったくわからないです。合理的にできるかどうかだけの心理になる背景に、ここにもオキシトシンが作用しているのかもしれないと思います。または自分がそうやって育ってきたか。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

自由研究 粘土細工 

2012/08/20 Mon.



途中まで仕上がりました。
長男と三男も遊びがてらしていましたが、長男は授業でやったばかりだったので慣れたもんでした。

次男は、作るときに思い出す・考える作業をすると思いますが、そういうのが勝っている印象です。長男は、手先は器用ですがそれが苦手な印象。

ミニ扇風機を壊したのですが、中身をみると簡単な作り。4年生くらいで確か理科でやっているはずなので直すように頼みました。ここで長男がほしかった情報は、(知らなかったこと)

「導線がむき出しになっているから電源を切ってから直すこと」(私がむき出しにした・・)
だけでした。
また、動きだしました。
以前このことで父親と大揉めになったばかり。本当に子守が下手やな~とつくづく思います。

まあ、もちつもたれつ。

子どもをたくましく育てることは、合理的にはできませんよね
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-08