[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: くだらない話シリーズ

初めての遠足と色々 

2012/05/01 Tue.

学校は遠足でした。天気が怪しいのですが、雨具を何も用意してなく、なしで出させました場所は散々遊んできた公園
カッパって、使ったことがないので・・

次男の先生?か、1年生はそうだったか?忘れましたが、持ち物、子どもに連絡しないんですね。先生も何もいわないのか次男が聞いてなかっただけなのか、指示がなさすぎかな?と思いました。
次男だったらこなせるけど、長男がこの先生だったら戸惑うだろうなと思いました。
次男は、親向けのプリントをみて持ち物を確認していました。
何時に帰るのかや、6年生といくことも、知りませんでしたけど。初めに知っておく=自閉症ではなくて、これくらい把握しておけば、ウンチや、体力とか放課後の予定など色々融通効かせれるからでしょうね。

やはりというか、次男のクラスの遊び友達は、上にきょうだいがいる子ばかりになってきたようです。

主人の鼠径ヘルニアは、痛みが中々治まらないようで私の用事が何もできなく、GWの予定も中止。買ったばかりの車を親に見せたかっただろうけど、いつかまた行けるから我慢させるのが大変。飛行機ならまだ行けたのだろうけど、多分車を見せたいのも目的なのでさぞかし残念だっただろう。
でも、車を見せたいとか、名誉とか、そういうことしか目的がないという心があまり豊かでない所が可哀想です。

ホテルにもまだキャンセルの電話してなく、何でしないのと聞いたら、今日病院にいって、医者の指示で判断したいからとのことでした。
頭大丈夫かしら。腹がまだ痛くて、吐き気がやっとおさまったばかりでご飯もろくに食べれないし、ろくに歩けないくせにそんな状態で長時間運転なんてできるわけがない。自分の体くらい判断できるやろ。
飽きれてものも言えん状況がいつもあります。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

遊び方が違う 

2012/05/08 Tue.



1回転んで降り、その後スノボーみたいにしていました。
こういうのも、ママ友とご一緒だと、できないですね。できるママ友だと最適ですが。
しかし、子どものバランス感覚って本当にすごい。そういう時期なんでしょうね。

公園内は、うちらの他は1人の子どもだけでしたので、今ではわざわざそういう時を狙って思う存分遊ぶようにしています。

三男は、次男とはまた遊び方が違うような気がします。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 勉強

最レベ国語 2年生 

2012/05/09 Wed.



いかにもな題名でいやらしくてすみません。

次男の勉強を少しずつ再開しようかなと思っています。
本当はプレステージ2年生でやりたかったのですが、国語はなかったので、家にある長男のお古でしました。
2年生の読解はどうなっているか確認したかっただけです。次男の栄光も、本当に過去のものになるだけなのか。

ねぼけだったので、私が回答を書くような感じでしましたが、よくできているなという感じでしたが、塾の講師は向いてない私なのでよくわかりません。
なぜか、文中に答えがある国語なのに、暗記で答えようとしていました。

長男と違うのは、すでに「住所」の存在を知っていた・
ということ。主人は、次男が3~4才くらいに、住所を暗記させようとしていましたが、私はその必要は全くないと思っていました。その時の住所は暗記していましたが、転勤族ですしね~~
ペラペラ喋る子どもって賢こそうにみえますもんね。私は見せ物にする為に勉強するわけではないので。

1年生と2年生の読解の違いがよくわかりません。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

タイプ別な遊び方 

2012/05/09 Wed.



やっと学校が平常になったので15時くらいまではゆっくり遊べるようにまりました。

こうして見てみると、子どもと言っても遊び方は様々のようです。
今日はシャボン玉をしましたが、色々な遊びの展開になり、何だか三男は難しい・・・などと思いました。
兄弟でも、遊び方が違うのに、幼児期に集団で同じ事をするという事自体が無理がありますね。でも、そんな事も言ってられないのもわかるのですが。

子どもが同じ遊びをしていても、何も言わずに一緒にするだけで何が良いのかわからないですが、一日の終わりには(夕方)大人から見ると「良い子」になる印象があります。子ども自体は、「大人っぽくみえる」ような感じです。何なんでしょうね。
調べている時間がないので、体感してください。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自閉症スペクトラム・アスペルガー

小学校3年まで国語が苦手でした 

2012/05/12 Sat.

最近は忘れっぽくなり、記憶が曖昧ですが、私は小学校3年まで国語の読解が苦手でした。
学校のテストも、読解部分が三角ばかりで点数も漢字分くらいしかなかったと思います。
しかし、そこから、国語は点稼ぎ科目だ・などと思うようになりました。

読解の回答の仕方が、おかしかったようです。要点だけ書けば良いのですが、4行くらい余分に書いていましたし、ちんぷんかんぷんな答えもあったと思います。

見かねた先生が、私に注意とかするのではなく、全体での指導の時に、詳しく説明してくれていました。別に、個人的に教えてくれた事もありました。
「話言葉みたいに繋げればいい」
という事が私にはビンゴでした。
また、要点がかいてある、最初の5文字など、、色々なやり方を詳しく教えてもらう事で、塾もそういかずに2→4になったということです。

先生の存在って、大きいですね。

私の頃は、公文、進研ゼミが流行っていたのですが、進研ゼミは1ヶ月もやりきったことがありません。習い事は習字そろばんだけで、嫌々いっていました。ので、すぐにやめました。

親もほったらかしでしたので何しているかと言えば、外で遊びほうけるか、TVゲームするかマンガでした。
今思うと金がかからない子どもですね。ゲームも、母がしたかっただけの話なんで。。

母も結局家族と向き合う・というよりも、誰かに依存してしか生活できない人でしたので、母の姉の家のそばの塾にいかせたりとか、(母は、姉と喫茶店でおしゃべり)近所の友達と比べて、私は何もしないからと見下したり、その愚痴をいう人がいつもそばにいて欲しいというか、逃げる場所を作っているのはいいけど、結局逃げてばかりだったんだろう・と思いました。
父(年中海外で仕事)に懐かないのも、私が悪いと言われ・自閉圏な私には言われても何もできないですね。
懐かないのは、年中家にいないそういう仕事の人を選んだ母、海外についていこうともしなかったのも、原因ですけど。

1ヶ月くらいまとめて休みがあるのですが、幼い私に、よく「家にいてほしくない・亭主元気でるすがいい」などと植え付けていました。年中仕事でいないのに、よくそんなことが言えたもんだな・と思います。

私も因縁で主人が嫌いですが、子どもの前で悪口は言わないです。

父は、特殊な仕事でしたので、退職時期が他より早かったんですが、父の成果でもある、仕事の収入が良かったので急いで再就職する必要もなかったはずですが、早く仕事するように母にくどくど言われ、しぶしぶ工場勤めにいっていました。

父は、大きい菊を育てたり、庭造りがとても上手い人でした。(今の私と一緒)菊は、出展もし、表彰も何回かあったと思います。
母は、「食べれない菊なんか作って」「仕事もせんと毎日遊んで」と。
でも、近所や親戚からは、立派だ・菊がほしいなどとかなり喜ばれていました。
母とは裏腹に、他人の本当に心から嬉しそうな表情、忘れられません。「言葉」も大切だけど、内言語じゃないけど、心の部分ももっと大切なんじゃいかなと思います。
父って嫌な人だったはずなのに、どうして慕われるのか?子どもの私には疑問でした。

母はただ、自分の好きなように生活できなくなるのが嫌だっただけでしょうね。高価なお酒をあっという間に飲んだり、高額な化粧品、服、外食など・・・結局、甘える場所があると、人間てそっちにいってしまうんですよね。

甘える場所が全くない・というのも、問題だと思うのですが、母みたいなのをみるとな~、、もうちょっと一人でもしっかりできるのではないか・と思ってしまいます。

子どもも一人しかいなくてそんな金もかからんのに。(嫁入り道具0)
私でも、生活レベルを独身時代より下げる、下げても、それを不幸だとは思わないようにしているというか工夫するというか。

金銭面と、あと一つは名誉関係。家族はほかりっぱなしなのに、他人の子どもの世話はよくしていました。私は母とだけ遊びたかったのに、どこへいくにも、他人の子どもが一緒なんです。川も、遊園地も、プールも。私は母ともっと話したかったし、見てほしかったいう思いが残ったまま、おババになりました。
とても印象に残っているのは、「たまに二人で遊びにいっているときは、とてもつまらなさそう」ということ。他人の子どもがいれば、そんな顔しないんです。
いくら子どもでも、母親がつまらない顔していたら、わかりますね。
パチンコは二人でした。パチンコも、ほったらかしですよね。年長くらいから私もうっていました。

母にしてみれば、以前からブログでかいているように、他人の子どもの世話のほうが、名誉があるからです。自分の子どもを遊ばせるのは、当たり前のこと・なんですよね。名誉欲。母は仕事もしなくてもいい父と結婚してますし、仕事自体向いてない性格ですので、名誉欲を満たそうとするには、それ・しかない。
自分の子どもをある程度育てたあとならまだしも、、、まずは自分の子どもをしっかり育ててから・ですね。

結局、育ってきたように、また、大人になって家族を持つ、又は真逆にするか、になると思いますが、私は嫌な思いでもいい思いでもひっくるめて、それはそれ・母がよく言っていた言葉が今の私にはピッタリ。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-05