FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: メンタルな話

子どものことば 

2011/10/19 Wed.

落ち込み気味と用事が重なり、近場の森しか行けてません。片道1時間以内で周辺に自由に遊べるところはけっこうあるのでスケジュールをたてるのがいいんでしょうけど。。今日も早くから出かけましたが気分は下がったままでした。
保育園の園外保育だったようで、うちらは待っていました。保育園なので年少さんから年長までいて、一人一人やらせていましたので余計時間がかかっていました。ここのは難しいですから。
暇だったので次男と三男はその様子を見ていました。
うちらは毎日このアスレチックをやっているわけでもないし、ま、やっていればできて当たり前だ・とたいがい思うのでしょうが、私は毎日子どもと関わっていて、訓練でできたわけではないと確信しています。形がかわっても、次男三男はこなすでしょう。

「幼稚園いってると、あれだけしかできないから、ママは幼稚園いかせなかったの?」
「うん」
「ママありがと!」
私は森で大泣きしてしまいました。

それから三男には、「○○のことばでは感動してくれないんだね・・シクシク」次男と大爆笑。。

待っていると昼の用事までかかりそうでしたので交じってやりました。。苦手なコのお世話をしたいな~~と心底思いました。ぶら下がるのもやっとの子が多く、できる子もいましたが保育園にある遊具っぽいものはできる印象でした。いい保育園だったようで先生の挨拶もできていました。やっぱり今どきのカリキュラムでは子どもの能力を出すのは限界があるな・と感じました。

三男の語録~~
「ママってなんて可愛いの」ノーメイクでは可愛くないですが。
「これはさようならっていう漢字」桜の散るところを歩く子どもの絵が書いてある漢字表。
「何歳?3歳⁈一緒やな!!」声が大きすぎる
「どろぼうみたいに意地悪なコには、殺すっていえばいいの?シクシク・・」沢山の小学生が近くにいると恐ろしくなるもんだ

いざ書き出すとすっかり思い出ません。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2011-10