FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 幼児教育本の感想

幼児教育本を読んで思う事 ② 

2011/09/05 Mon.

子供らをスイミングに放り込んで一人の時間ができた時に、また立ち読みしてきました。

やっと、台風一過で雨もやみました・・・。
実はあの暴風の日も、夕方アスレチックのある森に行きました。ずっと家にいると余計しんどいのは、うちだけでしょうか・・・または主人がいても子守が下手だとか、要因があるのでしょうか。
私は、そんなに田舎出身でもないので、暴風の山は怖いですね・・・でも子供らは汗だくになって遊んでいました・・・飛ばされるほどの暴風でもなかったのでね。

教育本・・「男の子の育て方」みたいなのが、多いんですね!
私は、、何をそんなに悩む事があるのだろう⁈と思いますけど・・・需要があるから、あるんですもんね。

横峯式のシリーズが沢山あるんですね。
幼稚園をやっているからか、「わざわざ3才くらいから読み書き計算」
まで、教える時間を作っているのですね・・・

わざわざ幼稚園で、やったほうがいいのでしょうか・・・幼稚園としてのサービスか・・・
それが良いのか、まだわからないです。うちはわざわざ教えていませんが、次男は、1年先取り(考える力プラス)を今年からしています。
6才までに、「読み書き・ちょっとした計算」は習得していたということ。

3才すぎたあたりから、看板や、TV、絵本の文字を
「これ何て読むの?」と聞くようになり、それに答えていただけです。
いつ書き出したのか、忘れましたが・・・
家には、自由にお絵かきできるようにはしてあるので、(100円ペンセットとか、幼稚園を真似てクレヨンも用意しましたが、クレヨンは太いので嫌いだそうです・・・)書きたい時に書いていたのかな?

三男も、同様です。

別の本・・
「男の子の衝動は、抑えてはいけない」
そらそーだ・・・放任でもなく、ここでも、「自由に遊ぶ重要性」が大切ということですね。
抑え込もうとすると、多動っぽくみえるときがあると思います。私も、そういう時期はありましたから。悩みはしませんでしたが、それがしつけだ・衝動性みたいなのは、誰もが通る道だ・と思っていましたが、違うようです。

「十分一緒に楽しく遊んで、共有共感し、その子が満足したとき」
は、たとえ2才でも、いうこと聞いてくれ、2才ではタイムリミットはありますが、静かにしないといけない場所でも静かにできるのだと、思います。
満足する遊びの時間も、5時間も6時間も!なんてそんな長くないと思いますのでぜひ体感を。
これも場所が重要で、ごちゃごちゃしたテーマパークはダメですね。
「ぶつけちゃだめ」「順番よ」ダメダメいわないといけないので、とても遊んだうちに入らない。大人は遊んだ感じはしますが。こんなとこで順番教えなくても、わかるようになりますから。

閑散とした公園・県民の森みたいなとこ・でしょうね。遊具がなくても、友達がいなくても、良いんです。子供が遊具がほしいというのなら、親御さんがそうさせた・と思うべきでしょう。都会の方は場所選びは難しいでしょうが。。。

5~6才になると、友達同士で遊べますし、大人なしのほうがいい時もありますから、場所をわざわざ選ぶ負担は減るかと思います。友達さえいれば、どんな場所でも豊かな遊びになったりします。でも、まだまだ自由度が高い遊びは重要な時期だと思います。

こういう本も、上手に利用しないといけませんね。時間があっても、あまり読まないほうがよかったりして・・・
私は、読む時間もありませんでしたが、それでよかったな・と思う時があります。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2011-09