FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 療法

歳を重ねる 

2018/05/07 Mon.

お知り合いの方が、DVの末やっと離婚という行動に出られるそうで、私も一安心です。
どうか良い方向に行きますように。


物事の本質を知る事はまだしていきたいのですが、死んでも良いと思うかもしれないことができました。
次男が音楽隊に入らせていただいたのですが、次男が出動したら、死んでもいいかも~~などと子どもらと話していましたね(笑)
本望かもしれません。

嬉しいですね。

無理やり賞を取らせるのとは違う、周りの皆さんも嬉しいことが沢山になると良いですね(^_-)-☆










edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

背景を知る 

2018/05/07 Mon.

色んな人がいるわけですが、理解力も読解力もそれぞれです。
自分が当たり前だと思っていたことも、相手には当たり前ではないこともありますよね。

相手の意思も解らないままで、勝手に怒りだしたり、勘違いしたりと色々ありますよね。
私もそれは経験がありますし、自分の方も誤解がないように気を付けたり、一旦文章を読み直したりしています。
それでも意味がわからないブログになっていることも多々あり・・・・



例えば女性の仕事についてですが。

過去にお金に苦労してきた身内を見てきた、自分が実際そうであったなど色々ありますよね。
私の以前勤めていた会社でも、色々いました。

子どもがグレても、話すらしなくても、定年まで仕事を続けたいと言う方もいました。
子どもは女の子でしたが、だいぶ早いうちから部屋に入るなとか暴言があったそうです。そしてその方も、外で彼氏がいました。それを会社で公言していました('◇')ゞ とてもきれいな方でしたし、年収も1000万近くあったでしょうが、その方は幸せだったのかはわかりません。
子どもはその方の親が見ていたようですがはっきりしたことは忘れました。


定年まで続けたいけども、子どもも大切に育てたい方。
子どもはきちんと育てるために、早番ばかりでしたので、他の社員に支障が出ていたかと思いますが、うまくやっていけたでしょうかわかりません。そして自分の親や、旦那さんの親も近くに居てすぐに手伝ってもらえるようにしていたそうです。
そうでもしないとできませんのでね。


定年まで続けたいけども、収入が多いので男に遣ってしまう方。
女性が金を出すとろくなことにならないんですよね。
ホストでなくとも、そこら辺の男をひもにしてしまうのも、女が金を出すからです。



ここからコピペです。


「相手が遊び人じゃなければ、ことはシンプルです。
難しく考えようとすれば、どこまでも難しくなるし、どこまでも悩めるようになります。
前の記事の反応を見ても分かる通りで、

ひと言の文句も言わせないくらいに分かるレベルの愛情を持ってこい

という態度を示しておくことです。
このレベルの分かりやすい愛情を持ってきてもらいたいと、誰もが望んでいるわけですよね。
だったらやることはシンプルです。
これを実現する方法は3つしかありません。

1つは、どうにかして彼に働きかけて教育することです。

実はこれが一番大変だったりします。
他の記事でも言っていますが、男性は女性が働きかけることによって結構変われる生き物です。
しかしだからといって、すべての女性がその役を買って出られるかというと、そんなことはないんですよね。むしろ願い下げです、くらいの勢いなんです(^^;
面倒くさいですから。
僕はこの教育をするパターンが一番いいとは思っています。ただし、本当に面倒くさいんです。


2つめは、すでにできあがった人だけを相手にすることです。
ようするに完成品ですね。
最初から極めて分かりやすい愛情表現をすることに長けている男性だけを相手にするんです。
これが最も簡単で、最も確実な方法です。
見つけるのが難しいと思っている人もいそうですが、そんなことはありません。
難しいと思っているだけです。この手の男性は、無数にいるんです。


3つめは2とほぼ同じですが、未完成品です。
1と2の合いの子みたいな感じでしょうかね。
未完成品なので最初は分かりやすい愛情表現の仕方を知らないんです。
それを教育します。誰が教育するのか。
勝手に育ってもらいます。
女性は一切手出し無用です。


難しく考えるから分からなくなります。
男は女を常に求めているんです。
その女を得るためには、どんな努力でもするんですよ。女性の欲しがる愛情表現の仕方を知らなければ、死に物狂いで勉強するんです。

じゃあなぜそれをやらない男が多いんでしょうか。
分かりますよね。
その分かりやすい愛情表現を欲しているくせに、それを持たない彼をずっと許容し続けている女性がたくさんいるからです。
甘やかしたら育たないんです。

めちゃくちゃ簡単だと思うんですよね。
相手にしなければいいんです。
満足する条件を持ってこないのに相手をしてしまうから、そこで成長が止まってしまうんです。


「でも、蹴り飛ばしたら他の女に奪われます」

奪わせておけばいいんですよ、そんなの(笑)。
ノコノコといずれ戻ってきますから。
さっきの話の通りで、教育するのは大変なんです。しんどいんです。
別の女性が捕まえても、面倒くさくなってすぐリリースします。そういう経験を何回か繰り返していくうちに、男もカラクリが分かってくるようになります。


僕はそれぞれの恋愛について否定するつもりは一切ありませんが、目に見えて分かるレベルの愛情表現の仕方を一つも知らないような男は、そもそも恋愛対象になるはずがないんです。
これはもう例外はないと思っていいです。

かなり厳しい意見に見えるかもしれませんが、よく周りを見てください。
何も考えていない男が行動で女性を振り回すというのは、単純に育っていないんです。幼稚なんです。
恋愛というのは人間関係の上に成り立つ高次元の関係性なんですよね。
男女間でまともなコミュニケーションができていない時点で、その恋愛の深さははっきり言ってしれてしまっているとも言えます。

欲しいもの(欲しい人)を得ようと思ったら、ストライクゾーンは広げたらダメです。
せっかくストライクゾーンを決めているのに、その外側に魚がウロウロやってくると、「もうちょっと広げちゃおうかな」と思ってしまうんです。
その結果、ストライクゾーンに侵入する能力を備えない雑魚を拾ってしまう結果が待っているわけです。
雑魚どころか、まだ稚魚状態かもしれません。

黙って待っていれば、彼らは自力でストライクゾーンの中に入ってくるようになるんです。入ってきてからじっくり料理してやればいいんですよ。
ストライクゾーンを広げるというのは、軸がブレる原因にもなります。

恋愛に変な苦しみ方をしている女性の多くは、ストライクゾーンを広げられるだけ広げて、この雑魚とか稚魚も何でもかんでも拾って食べようとしているんです。だから苦労するんですよね。
そして、「まともな男がなかなか見つからない」と言うんです(^^;

ちゃんといますよ、たくさん。」


いやー私は完成品でいいです(笑)
教育メンドクセ。





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

ガスライティング 

2018/05/07 Mon.



心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。

例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。

「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの) にちなんでいる。現在この用語は、臨床および学術研究論文でも使われている。


Wikipediaから引用。





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

大人の自閉症スペクトラム 2 

2018/03/31 Sat.

先日、以下のような転載をして記事を書きまして、私自身もどこまで書いて良いのか常に迷っています
読み手によって解釈も違いますからね。
直接お話ししながらの方が伝わりますしね。

個人情報ダダ洩れですし。見られたくない人にも見られてしまいます。でもそれを気にしていたら何もできないので私は書いていきたいと思っています。



「2.もう少し自閉が強いと、拘りが強くなりますよね。
芸術家ですと、芸術への拘りが凄くて集中力も凄まじいです。毎日芸術活動に10時間以上費やしたり...そんな事を何十年も続けても平気だそうです。
まるで芸術の為に生きているようです。
天才と言われてる人が多くて、私の師匠はこのタイプです。
芸術能力的に私が全く勝てない、太刀打ち出来ないと思う人々です。
ただ、若干気難しかったり、急に怒るとかいう困り感が少し残っていて、鬱病やら二次障害をうっすら患っていたりしますが、持っている能力が凄いので、周りの人達が彼らを献身的にサポートしたりして、どうにかこうにか綱渡り的なバランスでやっていけてる人達だなという印象です。
普通にコミュニケーションも取れますし、知的にも高くて穏やかな時もありますし、不思議な魅力のある人が多くたくさんの人に慕われてる人も多いです。
まぁ、こういう人は数的に少なくて稀なのかもしれませんけど。」


まとめてくださった方に、このグループの方は収入はどうしているのかをお聞きすると、普通に収入はある状態で、好きなことを何十時間も費やすことができる環境なんだそうです。
私は親がいつまでも援助しているとばかり思っていました。

それだったら1番と同じじゃないかな?とも思いますが、大人の自閉症は上げるときりがないのでとりあえずそのくくりで考えていきます。

私がグループ分けするとしたら、この②番ですね。
しかし、優先順位を考えて我慢しているだけです。
天才ではないですけどね。
自閉症というのは脳の癖のようなものなので、幼児期、乳幼児期に自閉症の症状があったとしても環境次第で(運も)どうにでも変化します。

私は有り難いことに運も良かったのでしょう、自閉症はだんだん取れていった感じです。

アスペルガー女子は恋愛に興味がないことが多いです。”人”に興味がないんですからね(;^ω^)
そして結婚はしなければいけないものと認識していました。
私が一人っ子でしたし親もだらしない親だったので、子どもだけはほしいとも思っていました。自分の分身になる子どもをしっかり育てたいという欲求ですね。
自閉症があると、「本質」を知りたい欲求があります。
私の母の育て方が本当に正しかったのか、知りたかったということもあります。
母が憎いわけではないのですが。

できれば3人はほしいと思っていました。
実は子ども嫌いだったんですが、20歳を過ぎるとすごく子どもが好きになったんです。自閉症は極端かもしれませんね。
教育をされていない自閉症だと、20歳などまだまだ自閉症を抱えていますのでね。

もうすぐ41歳になりますし、今は自閉症などほとんどありません。
人生の最大の興味がある事、したい事は、子どもを3人産んで育てること。だったんです。

それが1位なので、あとの興味は下になっていきますよね。

お金も時間も掛けれないですのでね。


今日も汚い庭の草を刈ったりしていたのですが、ガーデニングなども好きですし、本質も解っているので花や野菜も自分で言うのもあれですがうまく育てることはできます。
お隣が上手にDIYをされているのですが、私も物つくりは好きです。木の小屋、石窯なども作りたいです。
石窯で焼いた料理など、すごくおいしいと思いますよ。
とりあえずお隣や、こだわりのある家々を眺めて満足するようにしています(笑)

また、勉強もしたいですね。
四年生大学を出ていないので、ほしい資格も受験資格すらないのです。
今は短大卒になりましたが、4大卒、できれば博士号もほしいです。
フィットネスで体を鍛える。子どもを数人産み、腹筋が6パックになるか自分の限界まで試したい気持ちもあります。
これは数年前していましたが、3パックが限界でした(笑)
そこまですると、他の生活に支障が出るのでそこまで疲れて鍛えることはできないのです。

そしてマラソン大会に出る、フルマラソンはもういいので、ハーフは挑戦したいです。
やるからには上位じゃないと嫌なんです。
そしてトライアスロンにも出たいです。

このような興味がもともとあるので、結婚など向いていなかったんです。
しかし結婚しないと子どもは産めませんからね。

家族に迷惑を掛けれないですので、子どもも成人し、私一人になってからしようと思っています。

と、我慢できるかできないかが、自閉症がまだあるのかなくなりつつあるのか、分かれるところですね。
自閉症と言えども、生活に支障が出るか出ないか、また色んな人が多少は持っている特性でもあります。




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

大人の自閉症スペクトラム 

2018/03/30 Fri.

大人の自閉症について、意見をいただきまして、とても分かりやすい文章だったので転載させていただくことにしました。
大人の自閉症は症状もさらに多彩になっていることでしょうから、あてはまるとは限らないと思いますが、
こうなんだな~~
と、自分を認めてあげること、これが自分なんだ。と自覚し感謝ができると良いかな。と思いまして、転載しようと思いました。

しんどい自分を受容してあげることも立派なレジリエンスですよね
しんどかったら寝て、休みましょうね。
私は未だかつてない、体調不良です

子どもがそこで生きていて息をしている。
どれだけ有り難いことなのでしょうね
嬉しいですね♡
その有難みが解らないのであれば、子どもが死に、お通夜、お葬式をし、火葬し、納骨をしているところを想像してみてください。
それでわからないとか、保険金が下りてうれしいなどと思える場合は、私とは関わる必要のない方です。
そして皆さんが相手にする人間ではありません。







以下の3つのグループに分けることができるかもしれない。ということです。


「1.自閉圏内でも、ほぼほぼ健常に近い人は感覚が鋭いという所だけその人の能力として残ってるなという印象です。
対人関係などもトラブルないですし、会社勤めなども出来ます。
人前でいきなり怒るなんて事はしません。
ただ、たまに無性に一人になりたいんだとか
疲れやすい、頭痛持ち、睡眠がうまくとれないなど
ちょっとした不調を抱えていて、やはりとても敏感かなと思います。
先生も私もこのカテゴリーなのかなと勝手に思っています。
知的な印象の方が多いです。
アスペルガーもチビの頃は知能が低く見えるのに....不思議ですね。



2.もう少し自閉が強いと、拘りが強くなりますよね。
芸術家ですと、芸術への拘りが凄くて集中力も凄まじいです。毎日芸術活動に10時間以上費やしたり...そんな事を何十年も続けても平気だそうです。
まるで芸術の為に生きているようです。
天才と言われてる人が多くて、私の師匠はこのタイプです。
芸術能力的に私が全く勝てない、太刀打ち出来ないと思う人々です。
ただ、若干気難しかったり、急に怒るとかいう困り感が少し残っていて、鬱病やら二次障害をうっすら患っていたりしますが、持っている能力が凄いので、周りの人達が彼らを献身的にサポートしたりして、どうにかこうにか綱渡り的なバランスでやっていけてる人達だなという印象です。
普通にコミュニケーションも取れますし、知的にも高くて穏やかな時もありますし、不思議な魅力のある人が多くたくさんの人に慕われてる人も多いです。
まぁ、こういう人は数的に少なくて稀なのかもしれませんけど。


3. これらの人よりも自閉が重い人達は
いよいよ対人トラブルを起こしますよね。
誰にも相手にされないので、特に男性は夜の街に出現する事が多くて
気の弱そうな優しげな女性につけ込んで、最初は何やかんやとプレゼントしたりして優しくするものの、要求が段々エスカレートして、それを断ると最後は罵詈雑言喚いて...の繰り返し。皆に嫌われていて、ここまでくると芸術をやってる人はほぼ居ません。
アスペルガーが多い芸術業界ですが、やはりここまでコミュニケーションが取れないと、やっていけません。」




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

沸点が低い人 

2018/02/25 Sun.

人生、損をすることが多くなります。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療法

弱さを克服すること 

2018/01/13 Sat.

障がいかあろうとなかろうと、”弱さ” は誰でも持っています。


「男だけど、怖いものが嫌い」

「謝る事がどうしてもできない」

「ペコペコして腰を低くするのが嫌」

「挨拶ができない・したくない・目を合わせたくない」

「PTAなど無償で責任がかかることは絶対にしたくない」

「女性らしくお化粧することが嫌」

「男だけど家庭や女性にお金を出すことがどうしても嫌」

「子どもは賢くなくては絶対に嫌」

「本当は子どものことなどどうでも良い。できれば事故で死んでほしい」

「本当は子どもにお金を遣いたくない」



あげると色々あるのですが。

弱みは誰でももっています。私でもありますよ。

しかし、治した方が良いこともあるな~と思うようになりました。
生きやすくなるからですよね。


なぜ自分をかばうようなことを貫くと言えば、
「損をしているみたいだから」

ですよね。


いや~、損などしませんから(笑)

人間らしく本能と理性に従って生き、しっかりしている方はすぐに味方がつきますよ。
逆にしている方は、得をしているのではなく、罪を積んでいるだけです。

先日の新聞にもはっきり書かれていました。
「苛め抜いた○○は、ご本尊や日蓮が絶対に許さないこと。お叱りをうけるだろう(罰)」 と。

要は、苛め抜いた○○とは、嫌なことを人に押し付けて自分が得をしようとする人のことですかね。


少し抽象的になってしまいましたが、弱みの幅が広すぎてこうなってしまいました。
具体的に挙げることが出てきましたらまた書きますね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-11