自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 家族・男女・恋愛支援

ばかを排除する 

2018/06/15 Fri.

コピペです。



しかし話の内容はよく理解できていたとしても、アメとムチの呪術にハマり込んでいる女性にとっては、やっぱりそう簡単にそこから抜け出せないものです。

もう一つヒントを出すことにします。



「私はなかなか人を好きになれません。惚れないんです。どうしたらいいんですか?」
という相談も時々来ます。
この手の質問には、必ず同じ答え方をしています。

なかなか男性を好きになれない。
別にいいんじゃないですかね(笑)。
何か問題でもあるんでしょうか。



僕に言わせれば、男性に簡単に惚れる女性の方が、はるかに問題です。
ずっと同じことを言い続けています。



好きになる基準が低すぎるんですよね。そしてそれが、呪詛や洗脳(本当は洗脳でも何でもない)に苦しむ入り口になっているんです。
ちゃんとしてほしいんですよね。
僕がアメとムチの話で言いたいことの一つは、ムチをしこたま打ってくる彼の人間性をなぜ問わないのかということです。



人を信じる方法や、信じるべき人物をどうやって見極めたらいいのか分からないのと言うのであれば、教えますよ。
その判断基準は色々あるでしょうが、僕が経験則的に導き出した方法のうち、最も簡単にできる方法です。これ以上簡単な方法はありません。そして、確実性もかなり高いです。


「とりあえず信じてればいいんでしょ?こっちが本気で信じれば楽ですからね」
違います。
そんな、誰でも彼でも信じていたら、エラいことになります。
僕は信じる方に舵を切ろうとは言っていますが、それは信じるに足る人物であることを見極めた上でのことです。


信じるに値する人物、特に女性のあなたが信じていいと判断するその方法は、あなたに対する態度に一貫性があるかどうかを見ることです。
多くの場合、人を見極めるときに他人の評価を含めて総合的に判断すべきだと言います。
僕はそれは間違っていると思っています。



今目の前にいる彼は、あなたと1対1で対峙しているんですよね。
恋愛は1対1なんです。
彼と友達の関係や、全く関係のない外野の人と彼の関係なんか、はっきり言ってどうでもいいんです。


社会生活で言えばどうでもよくはないですが、信じるかどうかに関して言えば、どうでもいいです。
一貫性や二面性という話をするときに、すべての人に対して例外なく同じ態度を取ることだと考えてしまうんですよね。すべての人に、そしてあらゆる状況下で全く同じ態度を取れる人はほとんどいません。
あなたが見ている彼の態度と、あなたの友達が見ている彼の態度は同じではないことの方が多いんです。
ここで第三者の意見を総合してしまうと、信じていいのか信じてはいけないのか分からなくなってしまいます。



本当の一貫性というのは、あなたに対する態度がずっと変わらないことです。
どうですか。
これだったら、分かりやすいですよね。



その男性のあなたに対する態度が、昔も今もそう大きく変わらないことを見ていれば、十分信用するに足ります。
恋愛相談で極めて多いのは、アメとムチの話に出てくるように、過去と現在で人格が変わってしまっていると言っていいほど態度が変わっているのに、未だにその人物を信用し続けてしまっているケースです。


「私に対する態度が一貫していても、裏で何をやっているか分からなかったら信用できなくないですか?」
という疑問は出てくると思います。


しかしその心配はほとんどいりません。
なぜなら、ある特定の人物に対する態度をずっと完璧に維持しながら、裏で二面性を発揮できる人はほとんどいないからです。


確かにゼロではありません。
そういう人は、全くいないわけではないんですが、そもそも遭遇することの方が稀です。
「私に対する態度が同じかどうか」だけを見ていれば、違和感にも気づきやすくなります。


すでにその恋愛が終わってしまった女性で、
「私はまだ彼を信じたいんです」
と言う人はかなりたくさんいます。
非常によく聞くセリフです。

信じるのは結構なことです。
僕は信じることに意味を見出している人は大好きです。
しかし、その人物は本当に信じ抜くに値する男性なのかと、問い直す時間は必要です。

別れるにしても、取るべき態度があります。
女性のあなたに対する接し方に、本当に違和感はありませんでしたか。
よくその相手を見てください。

あなたに対する接し方が、ずっと一貫して変わらないのであれば、信じるべき人物です(^^
他の誰が何と言おうと、関係ありません。
あなたの中の真実と、他人の真実が違っているだけで、両方真実なんですから。


しかしあなたの中の真実に狂いを感じるのなら、信じ続ける理由はもうないことになります。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

良い関係♪ 

2018/06/04 Mon.

我慢しないコピペ




「恋人のためにガマンをして、無理に自分を変える必要はないんです



良い恋愛関係とは、お互い前向きに愛を育むことができるもの。絶対に好きなことを妥協するべきではないのです。



友人関係は大切に

恋人に、あなたの友人たちを紹介しましょう。
もしあなたの恋人が友人たちと仲良くできなければ、付き合いを考え直すべき。なぜなら友人たちはあなたを笑顔にしてくれる存在です。あなたのことをよく知っているし、いつでも味方になってくれて、無条件に愛してくれるから。
それは、恋人よりもかけがえのない存在なのです。




好きなことや趣味を変えないで
どんな音楽や、どんなテレビが好きですか?
あなたの好きなものが、あなた自身を形成しているんです。恋人に合わせて、新しいものに触れて視野を広げることも大切ですが、あなたのこだわりを変える必要はありません。
好みを変えるように言ってくる恋人とは、早々に別れるべきです。




無理に外見を変える必要なし

恋人のために、あなたの体型やスタイルを変える必要はありません。パートナーはありのままのあなたを愛しているはず。
もし自分の意思で外見を変えたいと望むのなら良いのですが、相手の理想に合わせて髪型を変えたり、痩せたりすることはないのです。




本当の気持ちに
ウソをつかないで
誰だって恋人に対して怒ったり、傷つけたりなんかしたくありません。とくに女性は、本能的に相手への罪悪感を感じる傾向にあります。
しかし、あなたの気持ちや思いは話さなければ伝わりません。相手が一線を越えてしまったり傷付いたときには話し合いが必要です。相手のためにもしっかりと自分の気持ちを伝えましょう。
もし良いパートナーであれば、相手もあなたの気持ちを知りたいと思ってくれるでしょう。




絶対に夢を諦めてはいけない

あなたの思い描いている夢は何でしょうか?
タイに旅行?それとも仕事を辞めてワインバーを開く?もっとセクシーになるためにポールダンスを習いたい?
もし恋人が本当にあなたのことを応援してくれるのならば、最前列でポールダンスを鑑賞してくれるはず。」



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

見返り 

2018/05/16 Wed.


コピペです。


「付き合っていた期間に関わらず、「彼には本気で愛されていた。」と言い切れる経験を持つ女性は、強い。
それが例え、いまは連絡さえ取らない関係だとしても。
“元恋人”という、守護神について

本当に自分のことを大事に思ってくれている人が、どんな眼差しで自分を見つめるかを知っている。
どんな言葉をかけて、どんなふうに触れるのかを、知っている。
それはデートのエスコートやセックス、女性を喜ばせるスキルとは関係がない。誠実さというものは、無意識レベルの言動にこそ表れるものだから。優しい言葉をかけても、ハイセンスなプレゼントを贈っても、自分へのまっすぐな愛情がなければ、気づいてしまう。

“愛されたことのある女性”を前に、小手先のやりとりは通用しないものだ。


ディナーに連れ出した目の前の男性が、カラダを目的としているかそうでないか、なんてすぐにわかる。守護神と付き合っていたのがずっと前で、もう当時の記憶をハッキリ思い出すことができないとしても、無意識レベルのセンサーの感度は上がっている。
ひたむきな愛情が、未来に残すものは多い


本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
そんな2人でも別れるというのだから、恋愛は難しいけれど、一緒に過ごした時間が、意味のない結末を生むことは絶対にないだろう。
大切な人に、見返りを求めずただひたすら誠実であるということは、その人の未来にまで愛を贈るということだ。
それができる人は、愛した人に何度も傷つけられて、愛した人を何度も傷つけて、それでも恋を信じて飛び込んで、学んできたからなのだと思う。」




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

掃いて捨てるほどいる男性とは 

2018/04/17 Tue.

「”本当に大切に扱われること” の意味を知っているか知らないかは今後の人生を左右します。」


以前こういった記事を書きました。

これからどうつなげていこうか迷っています。


ばかには近づかないことです。
ばかと判断できないから、近くにいるということもあるでしょうけどね。

一番良いのは、「兄、弟、健康的な姉、健康的な父親、健康的な友人」 に、彼を紹介することです。
第三者的な目で見てもらうのが一番確かですね。

同性の姉妹ですと、仲が悪い姉妹だと正確なアドバイスはできません。
また不健康な親子関係でも、できません。
当たり前ですが。


「ライン」 だけで連絡を取っているような仲は、恋人ではありませんよね。
嫌になればはい、ブロック、さいなら。

ですから。

何でもラインで済ませる。 社会でもうまく行ってない人がする行動でもありますね。

電話もろくにできないような人では、時間の無駄ですね。


また、絆がしっかりできていれば、
例えば私でしたら大学に行きたいなど、色々やりたい事や子どもにさせたいこともあるのですが、
「家族の迷惑」
などと考えずに、できるだけ応援してくれる形をとるのが、絆ができている相手です。

その際、言い訳を責任転嫁することも特徴的です。
「これだけの時間○○、お金◇◇で、大学なんて行こうと思う?思わないよね」

と、同意を求めて拒否をしていないふりをすることも、迷惑だからやめてと言っているのと同じです。
絆ができていれば、責任を相手に擦り付けないです。

絆ができていないカップルばかりではないので、絆がしっかりできている方は、うんうん。と理解できるはずです(^_-)-☆

皆さんが幸せになってほしいですからね~


またまとめて書きますね。











edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

くだらない結婚ならしないほうがいい 2 

2018/04/01 Sun.

せっかくの若いご夫婦、築年数も間もない家、幼いかわいい子どもたち・・・
このような方々が汚い暗い家庭になっていくのを見たくありません。
独身の方々もね。

どこまで突っ込んで書こうか迷いますけどね(^_-)-☆

そういう方にたまにお聞きする言葉があるのですが、
「~~~結婚もされているので(正常です)」

という言葉。

結婚していたら、正常ですか?

私は違うと思います。偽善家庭、家庭機能不全など沢山ありますよ。
そのようになるくらいでしたら、独身を貫いた方が未だ正常だと思います。

父親とSEXをすれば、母親を殴らず機嫌が良いからするという小学生。
是のどこが幸せで正常なのです?
ばかですよね。

SEXをすると機嫌が良くなること自体、おかしいのです。

ラブホテルが、1~2時間の料金体制があるのは日本だけなどともいわれていますよね。
SEXと恋愛を甘く見ているのだろうなと恋愛に興味がなかったからこそ、思いますね。

1時間で何ができるの?(笑)

これが普通の感覚でしたら、不幸だなと思いますよ。というか不幸になってしまいます。

また、SEXは愛情の縮図と言われています。くだらないSEXしかしないのであれば、くだらなく扱われているということです。
しかし子どもが小さいときはそんなに時間をかけてできませんよね。
預ける場所があれば預けて、ホテルに行かれると良いですね。気分も変わりますし、入れて出すだけがSEXではありませんから。
創意工夫をしていくのです。
それくらいの話題も出せない夫婦だと、改善が必要でしょうね。絆もできてない証拠でもありますから。
そして結婚をする前に、いろんな異性とお付き合いをするべきですね。
”本当に大切に扱われること” の意味を知っているか知らないかは今後の人生を左右します。

だから、熟年離婚などがあるのですよ(笑)

話は変わりますが、子宮頸がん。
これは男性の精子の成分でなることが多い病気です。
大切に扱われているのであれば、相手の男は避妊はするでしょうし、風俗で病気をもらうばかもしません。
コンドームは、最初からつけるのです。最初だけ付けなくていいよね~~とかいう男性は、ご飯要員にしておきましょうね。
もちろんご飯をおごらせてあげるだけです。700円のランチじゃなくて、2000円のランチね。

風俗に慣れてしまっている方は、自分で動きませんよね。風俗は利用するものであり、影響されるものではないんです。
男性というのは、女性に喜んでもらうのが仕事で命なんです。それと自分の仕事が命です。
それを尊重するのです。女性を喜ばすことに幸せを見いだせないような男性は、もう男性ではないです。
女性的で将来はヒモになるかもしれません。

女性が全部するのが風俗ですから。もしも彼氏がごろんと寝ているだけが多い、女性が動くように仕向けるようなSEXの仕方であれば、移動要員にしておきましょう。もちろん何もせずに移動してもらうだけです。
逆に考えれば風俗に行くくらい構わないということでもあります。考え方はそれぞれでしょうが、”普通” の男性でしたら風俗の女性のことなどは数日したら男性は忘れるんですよ。知ってました?
”利用” するだけですから。なので絆ができていれば何も心配はないのです。

「普通」 の男性とは、相手と絆ができていて、相手を大切に扱っていて、相手は男性にがみがみ怒らない、疑わない、たまには男性を放置し一人にしてあげることができる、いつも明るく聡明な女性が相手の男性のことです。

だから、生活に不満があったり悩みがあると正常ではない、不健康。ということですね。
独身でも既婚でもそうです。

男性でも、”愛” ”絆” は大切にしますよ。女性を痛めつけることはしません。正常な男性であればですが。
女性とは違った形ではあるかもしれませんが、大切にするのが正常な人間の雄です。

また、例えばしっかりした男性でなくてもまだ20代なら、変わる可能性もあります。
しかしそれが30代、40代であれば確実に変わりません。現実を見ることです。
本来なら女の子は家庭でこのようなことは教えられると思いますが、そうでない家庭も多いでしょうから、書いていきますね。
近い方は直接お話もできますのでね。

良い家庭ですとお父さんがこのようなことを、男性目線で教えてくれるところもあるようですね(^^)
羨ましいですね(^_-)-☆

皆さんが幸せになりますように。





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

くだらない結婚ならしないほうが良い 

2018/04/01 Sun.

療法のカテゴリーにも当てはまりますが、最も難しいことが男女の支援でしょうね。
このブログも匿名でもありませんから、書けることも限られてきますのでね。
どこまで書けるのかはわかりませんが、支援していけたら良いなと思います。

私は母にあまり教えられずに育ってきまして、父親の仕事は貿易関係だったので1年のうち30日ほどは自宅にいるのですがあとは海外でした。
幼いころから父親の悪口をきかされていましたので、本当に嫌いになっていました。しかもほとんど家に居ませんので余計にだったと思います。1~2歳の頃からずっとそうだったと思います。
母は他者に助言ももらっていたと思いますが、自分の癖や宿業などは強靭な遺志でもないと聴き入れることなどできません。
ずーっと何年もそうでしたね。
逆に考えると可哀そうな人でもあります。

母の言うがままに、私が父を嫌うようになると、嬉しいようでした。馬鹿ですね。浅はか。

これを私はずっと覚えていまして、子どもは近くにいる人間、特に母親の影響を強く受けるのだ。その通りになってしまうのだという知識を得ました。 (わかっていても長男を育てている頃は忘れているときもありましたが)

父はそのような仕事でしたので、収入は世間一般の2倍ほどだったと思いますが私は大学に行けませんでした。
せっかくお金があったのですが、母は料理ができなく、何不自由ない暮らしでも家事を一生懸命することもなく居ました。
私は自閉でしたので食べられるものが少なく、白いご飯にお酒のおつまみ(いかの塩辛、まぐろお刺身、のり)、お菓子で食事を済ませていました。
父は自閉症でしたが頭もよく普通の感覚でしたので、幼い私がこんなものを食べていることを、気にしていました。
どうにかならないのかなどと言う話をしていたのを覚えています。
しかしいくらうるさくて頑固な父親でも、子育てに関しては母親を尊敬していて口出しができないのです。
男性はぺちゃくちゃと話をする性質ではありませんし、それが正常です。


私はは医者になりたいという志がありました。
もっと初期には、音楽家になりたいと思っていました。
そりゃ自閉圏ですからね

音楽の道は、音大にお金がかかるので母が嫌がっていました。それを、私には向いてないからという理由で変更するように母は言っていたと思います。
父は、普通の感覚で、できるようになることを厳しく教えてくれる人でした。
私は背がずっと高いので、運動会などのリレーは1位を取るように練習してみたりしてくれていました。
走ることだけはできましたのでね。あとは背が高いのでその分人より早く走れるんです。
子供会のソフトボールも、よくキャッチボールをしてくれていました。


医者に関しても、母は大学を出ないといけないので私にはできないと暗示をかけていました。

ばかっぽい家庭だったんです。
しかし家に本は沢山ありました。活字は少ないですが、本がない家も沢山ありますからそれに比べればやはり勉強には苦労しない、理解することに苦労しない家だったとは思います。

でも私もバカの眷属なんですよね。
本当に、世代間連鎖を無くしたいと思っていました。
母のしてきたことと反対の子育てをしたいとずっと思っていました。

美容には興味がありましたが恋愛には興味がなく、母からも恋愛や結婚のことなど一切教えてもらってません。
結婚というのはただ、実家を離れるためのもの、またはできればしたほうが良い。という認識くらいしかありませんでした。


ちょうど私が19歳くらいから携帯電話が普及し始め、そのころPCも一気に普及してきましたよね。
私はもっていませんでしたが、すぐに携帯でネットの環境も見れるようになり、検索をすればすぐに何か文章が出る時代になったので本当のこと、真実を知りたい私には良い時代になりました。
うちの家族の浅はかさ、母のしてきた子育て、ほぼ間違っていたのだな。と解ってすっきりしたのを覚えています。
すっきりしたところで変わったわけではありません。

しかし長男を産んだのは24歳。まだまだバカの連鎖は続いています。簡単に変われないのです。
ばかっぽい子育てを90%ほどしてしまった長男です。今考えると、次男より愛想もよく、育てやすい子でしたしミルク育児でも私にくっついて甘えていました。ですが私が能力をつぶしました。

長男も眷属だったんです。しかし私がそうしたのだという気持ちしかありませんが。

一般的に母親はこう思うんです。しかし父親はそういう感覚ではないのです。
この辺をかみ砕いて説明していかないといけないなと思っています。若い人ですと、父親も同じように思って当たり前だと考えていると思います。
押し付けると家庭はうまくいきません。

また、責任を平気で転嫁する親も沢山居ます。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

女性として少々はがんばること♪ 

2018/03/30 Fri.

コピペです~

私の地元岐阜では、後継ぎでもない女性が実家のそばに住むことや、結婚後も実家に住み続けることは恥ずかしいことだと認識されています。
今は不景気ですから、またご主人の地元が自分の実家に近い方は実家近くに住むこともあります。

子どもが女性しかいない家は誰かが実家近くにいます。
または女性の後継ぎの場合、本当に婿を入れている形がほとんどです。名字も女性の性です。
今はご主人の性にしている家が多いとは思いますが。

私の友人でお婿さんをもらった後継ぎの女性がいましたが、専業主婦で居られてもボランティアや地域活動に強制的に参加するように女性の母親から伝授されていました。母親の母親や姑か忘れましたがおばあちゃんもいて4世代です。
それが、本当の後継ぎ。ですよね。

三重は、結婚後も女性の実家に居る方や実家近くにいる方が多いですね(^^)
岐阜のようにしているおうちもありますが。
こういう場合、注意点があるんです。気を付けないといけないことがありまして、それをしないと仮面家庭。になります。
しかし公開記事では書けません(-_-;)
じゃあ書くなよって感じですが、大事なことですのでね。

とりあえずコピペしておきます。



「男性は、女性にお金を使ったり、時間を費やしたりすることが本当は好きなのです。
正確に言うと、お金を使ったり、時間を費やしたりしている自分が好きなのです。

前回の記事で、どれだけ女性に対して労力を払ったかを正確に覚えていると書きましたが、これは逆に考えると、女性に対してどれだけの思いがあるかということを、これまでに支払った労力でしか認識できないのです。



彼があなたに時間を割けば割くほど、お金を払えば払うほど、彼はあなたへの恋愛感情をより深く、強く認識していくことになるのです。

つまり、あなたに対しての恋愛感情を彼に深く刻み込ませるためには、しっかり投資させていく必要があるということなのです。



彼にお金を使わせるのは悪いことなんじゃないかと思うかもしれません。

でもそれはあなたの思い込みに過ぎません。
男は、女性に労力を使いたいものなのです。
これが男性の心理です。



実は、どんなに貧乏な男性でも、この意識はあります。
してあげられないけどしてあげたいという欲求です。

彼から投資されることを、悪いことと思ってはいけません。



彼が自らそうしたいと思ってやっていることなので、あなたは素直に喜べばいいだけなのです。



男性は、自分がしてあげたことに対して女性が喜ぶだけでもう元が取れたと感じます。
それと同時に、自分がしたことに対する満足感を得ていい気分になるのです。

そこに、駆け引きや、心配をすることはほとんど無意味ですし、無粋というものです。
うまく喜んであげて、彼を満足させることができたら、もうこれで好循環が始まります。

こんな簡単なことなのに、なかなか気づかないのです。
そして私に相談をしてくるのですが、このアドバイスをすると、見事に同じ結果を報告してくれるのです。」




「奥様もハッピーにしながら、微塵も不安にさせないように不倫をしている男性を数人知っています。その方いわく、知ったら嫌だろうけど知らなければ嫌じゃないじゃない?と言います。その為に細心の注意を払い、奥様には結婚記念日にはお花をプレゼントし、レストランにも連れて行き感謝の気持ちを伝えるそうです。バレないようにするのがエチケットだと自信たっぷりにおっしゃいます。皆さん奥さんを大事にされているように言ってらっしゃいますが、こういう不倫をする男性の奥さんというのは、彼にとっていい女ではないという事になるのでしょうか?それとも、いくら奥さんに夢中だけれどそれとこれは別という事でしょうか。
"


すごくいい質問だと思います。

こういう巧妙なテクニックを持っている男性は確かに存在します。

かなり深く考えられる人です。



「知ったら嫌だろうけど知らなければ嫌じゃないじゃない?」



これは、半分当たっています。

知らなければ、何の不都合もないのです。現にこれと全く同じ発想で、旦那さんとは別に外部の男性と安全に恋愛している女性もいるくらいです。



浮気で辛いのは、相手が秘密裏に誰か別の女と会っているということに気づいたあとです。

彼が、あなたの知らない、あるいは知る由もないような交友関係を持っていたところで、あなたは悲しみようがないのです。



だからといって正当化できるものではないのですが、男性にそういう「一応」巧妙なテクニックを使わせている時点で、「いい女」ではないのです。

少なくとも、夢中にはなっていません。



男性は複数の女性を同時に見ることができます。

そこそこいい女を両方、あるいは3人、4人と同時に交遊することは可能です。実際にやっている人もいますね。」



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

変わるか変わらないか 

2018/03/18 Sun.

先日はこのような記事をコピペしました。



「結婚するなら、彼よりもその親を見た方がよい」とアドバイスすることがあります。なぜなら、人は、放っておくと両親の結婚生活をコピーするものだから。

まず、あなたが「これが愛だ」と感じるコミュニケーションは、両親との関係が基本となっていることが多いです。

ここでひとつ例をあげてみましょう。「これが愛だと思っていたけど、そうではないコミュニケーション」の代表的なものは「DVやモラルハラスメントの被害者or加害者」です。 ・・・・



最後の方に、変われるなどと書かれてはいますが、統計的には ”女性” がほとんどかなと思います。
男性は、変わることはあまりないと思います。
だから、相談所などはすべて離婚やシェルターを勧めますよね。

男性が虐げられている場合もありますが、まだまだ女性が我慢していることも多いと思います。

女性は何歳になっても、結構 ”成長” するものですよね。特に子育てにおいては、一人の人間を立派に育てないといけないという本能があるのですから。
だからいつまででも女性は同じことはしないですよね。
男性も大変なことはありますが、女性とは ”性差” がありますのでその点で男性は変わらない。ということもあります。
だから、子育てにおいても女性と男性とは違う所があります。

また、本気で遺伝子ごと変わりたい場合は、(世代間連鎖を断ち切る) 天と地がひっくり返るくらい頑張らないとできない事ですよね。そんなに簡単に変われるわけがない。
生活レベルを落とすことも、難しいはずです。いつまでもお金に執着している人もいますよね。
お金がかかると言っておきながら、携帯は通話SIMにせずに普通のメーカーを使っていたり。
iPhoneなど、要ります?そんなにアプリって使わないですよね。私はほとんどのアプリを、まずはアンインストールしてしまいますよ(笑)

わかりやすい例でいうと、北斗晶さんの夫婦が壊れることがないのは、壊れない絆もあったからですよね。詳しい話は省きますが。
こういう夫婦は相手を疑うことなど皆無でしょう。子どもに片方の親の悪口を吹き込むことなどもしないはずです。
調印式をする前に、絆を築いておくんです。そうすれば、食べこぼしが増えようと、醜くなっていこうと、崩れないんです。


なので、わけのわからない方とお付き合いしている方は「変わる」ことを期待しないで、離れることをお勧めします。
女性をきちんと姫として扱う男性は星の数ほどいるということです。
周りの人間が変えてあげるのではなく、本人が変わりたいと自覚しない限り無理ですから。
待っているだけ時間の無駄です。




私には娘はいませんが、居たらそう言うと思います。




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

眷属 

2018/03/17 Sat.

コピペです~



「結婚するなら、彼よりもその親を見た方がよい」とアドバイスすることがあります。なぜなら、人は、放っておくと両親の結婚生活をコピーするものだから。

まず、あなたが「これが愛だ」と感じるコミュニケーションは、両親との関係が基本となっていることが多いです。

ここでひとつ例をあげてみましょう。「これが愛だと思っていたけど、そうではないコミュニケーション」の代表的なものは「DVやモラルハラスメントの被害者or加害者」です。

例えば、父親が母親に酷い仕打ちをしていたなら、子供は父親を憎むと思います。女の子なら、父親のような男性とは結婚しないと心に決めるでしょう。

また男の子なら、自分は父親のような妻を虐める夫にはならないと決意するかもしれません。しかし大人になると、やはり同じようなやり方で妻をいびります。苦労を背負い込む場合もあります。

彼らが育っていく過程で覚えてしまったのは、「ひどい相手であっても、耐えることが愛」「暴力で支配すれば、優位に立てる」ということ。このような感覚や意識は世代間で受け継がれ、良くも悪くもなかなか断ち切ることが難しいものです。しかし、意識をすることができれば変えることができるはずです。

極端な例を挙げてしまいましたが、他にも「貯金するのか、宵越しの金は持たないのか」「サラリーマンか自営業か」「子供を何人産むか」なども、自分の親の考えがコピーされている場合がほとんどです。

恋愛がうまくいかないなら、「これって普通の感覚じゃないのかな」と両親との関係を振り返ってみたり、他の家庭との違いに注目してみるのもオススメです。




大切なのは、なりたい自分、なりたい人生を明確にすること。また、自分の中の当たり前が思い込みであること、周りの影響であると気付くことです。

それができれば「今より幸せな私」になることができますし、何歳になっても、人生を変えることができます。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

一国の姫への接し方 

2018/02/08 Thu.

コピペでーす。
一国の姫とは、女性らしい身だしなみをし、愚痴や文句を言わない人のことです。




男女が半々の職場に、バレンタインで何を持っていけばいいか。社員の中には甘いものが好きではない人もいます(^^;;




知らん知らん。

いや、悪ふざけで言っているのではなくて、男が甘いものが好きではないかどうかなんて、どうでもいいんですよ。こういうイベントは、とりあえずうまく利用しておくくらいでちょうどいいです。別にチョコレートじゃなくてもいいですしね。

「俺、甘いもの苦手なんだよねー」と言ってくる人は、蹴り飛ばしておけばいいです。

私からの贈り物を、受け取らないとは何事だという話なんです(^^




1.チョコは送ってはダメ、と去年のブログで読みました。
会いに来させて渡さないといけないと。
送るくらいならあげてはダメだと言われ…。
でも、私の片思いの人はそう簡単には会えない距離のところに住んでいるのです。
そして、超遠距離に加えてまだ片思いである以上、「いいことあるかもよ」とおびき寄せることはできません。
去年は「義理じゃないよ」を使わせていただいて、ダメと言われていたけど郵送しました。
お礼状が来て、ホワイトデーではないけどすぐに贈り物が届きました。
今年はどうしようかと悩んでいます。




送るしか方法がないような状況であれば、やめておいた方がいいんじゃないかなと思います。

この手のイベントは、会いに来させるための理由にしてほしいんですよね。片想いでかつ遠距離なのであれば、無理に活用することを考える必要はないと思います。





1.今度、イベントで知り合った男性にチョコを渡してみようと思ってます!
その際、お手紙の書き方で悩んでいるのですが
「また会ってお話できたら嬉しいです」だと、『そのイベントのときまた会いたい』という意味でとられるのではないかと心配です。
そうではなく、ご飯やデートに誘ってほしいのですが…。



「もっと○○さんからいろんな話を聞きたいです」

という感じの少しだけ前のめり感のある内容にしてください。

「会いたいです」でもなく、「あなたのことを知りたいです」でもありません。

能力を見せてほしい(驚かせてもらいたい)というニュアンスを出すことで、刺激できますね(笑)。








1.遠距離彼氏へのバレンタイン
バレンタイン期間に会えないどころか
会えるのが3月になりそうなのですが
この場合、どうしたらいいのでしょうか…?

もちろん貰うのは嬉しいかも知れませんが、お返しを返す方も大変かなとか色々と考えてしまっています。
あげなくてもおそらく今の所大丈夫な気はしますが、本当のところどうなんでしょうか?、、ぜひ教えてください。




3月にあげたらいいですね。

無理に2月にこだわる必要はないと思いますよ。

会えないのなら渡さないくらいの気持ちでいてください。





ウサギに成り下がった私に対して彼氏の態度が冷たいです。そんな態度ならチョコレートあげたくない!と思うけれど ただ無視+無かったことにするのも事態が好転する気がせず、、
遊び心のある伝え方や対応ってありますでしょうか?




女性の感覚を大事にしてください。

あげたくないと思う気持ちが本心なら、それに従うまでだと思うんです。

ウサギに成り下がってしまったこと、そして彼の態度が冷たいこと。いずれも、渡す渡さない以前に解決すべき問題があるんじゃないかなと思います。




edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-06