[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 療育方法

結果が良いことと生きる力は比例しない 

2017/05/24 Wed.

子どもを何でもできる子にすることが、大切ではないです。
しかし、放っておけ。ということでもありませんし、一番じゃないといけない・・・ということも違います。

さくらいちごの親御さん以外の大人は、”目に見える結果” でしか、子どもを評価できない方が99%でしょうね。
テスト、スポーツの結果、などなど。


中高生は、もちろんテストは大切ですよね
そういうことではなく、幼児、学童期、青年期、あかちゃん時代と、年齢によって大人のアプローチは違ってくるということです。

また、年齢プラス、その子の能力にもよります。

子どもが人生において、良い結果しか経験していないとか、無数の保険をかけておく(公文・そろばん・piano・なんだかんだ)
状態ではそりゃ、良い結果しかみていないですからクラスの子にも尊敬されたり、色々な人から称賛されるでしょう。

しかし、それと、生きる力(心の強さ)は比例しないのです。

生きる力は、そんだけ忙しい生活をしていると、つかないです。

生きる力がなければ、さまざまな能力は無駄になってしまいます。
また、外注で塾や家庭教師などを利用しないと何にもできない子。ということでもありますよね。

塾に行くのは、当たり前ではないですよ。

よく東大に行かせた親~~などというネットコラムや雑誌の記事がありますよね。
多数が、「勉強しろと言ったことがない」

という感想ではないですか?少しは言うでしょうが、ママ友と、愚痴るようなできなさぶりではないですよね。

これが想像つかない方もいるでしょうけど、実際そういう子は居ます。

ではどのように生きる力を養うのか。

次回のお楽しみに~('ω')ノ

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

方法論にとらわれない人間育て。 

2017/05/05 Fri.

ネットブーム(?)ですと、いかに自分をアピールするかだけに執着してしまう気持ちもわかりますが。

世の中は、自分・家族・子どもさえ儲かればそれで良いと思われている方が大半ですから

妬み・不安・顧みる勇気がない・など人間は色々な問題を抱えながら生きています。
だれでも悩みなんかありますよお~。
私は悩みがないように見えるらしいので( *´艸`) よく妬まれます(笑)

悩みながら、生きれば良いのではありまへんか?
私はよっぽど悩んだ時には、一番信頼できそうな人を厳選し(笑)、訊いてもらっています
なんのこっちゃ。

だって親も父親は死んでるかもわからないですし(80歳)母親は会話不可能ですし('◇')ゞ身内は音信不通ですしきょうだいおらんし


育児において、育児でも療育でもそうですが。

○○の方法・・・
3歳児の育て方・・・
癇癪の治し方・・・
○○大学卒が教える・・・・


方法論では、ほぼうまくいかないですよ。学力は大切だけれど、もっと大切にしてほしいものを大切にしてほしいと、学力が高い人に望んでいます。出身校を出さないと読んでもらえないような、内容をかいてほしくないのです。

人間教育ですからね。ましてや幼児は個人差が大きい。
しかし、障害枠になる確実な症状はある。それは専門家しか、わからないです。

私も解っていますがどうもそれを記事にして売る気になれないんです。
1対1で話すなら、しっかり言えますが、文章だけを売ってしまって、受け取る方は大丈夫なのか。本当に私の意図が伝わるのか?

と今は考えがまとまっていません。

どこかの恋愛商法のように悪徳にバカ高く売ってしまえば私ももっと生活も豊かになるでしょう。実際預かるわけでもないですし。
しかし、これではいけないのではないか。と思っています。

実際障がい児の家庭ほど、虐待などの犯罪が多いですし。


また、親子の会話が大切と言われていますが、
子どものことを、根ほり葉ほり訊くことではありませんよね。見てもいないことを、本当のことのように考えるのも、間違いですよね。
親子で会話というのは、気持ちや感情を引き出すこと、受け止めること、それについて考察することではありませんか?
事実を、親に報告するのは会話ではなく、報告です。

また人の数だけ、受け取る感情は違います。

このブログを読んでいる人全員が、
自分より、(自分の家庭より自分の夫より) 容姿も頭も、生活も下だ・・・と思われる友人だけを囲んで、自分は幸せだ。
と、偽造の確信をもってしか生きれないような人間には、なってほしくないのです。


出版社の方にも言われましたが、
私のブログは、障がいを持っている子どもの家庭には必須だと思う。
と。

そうかな?まあ、初期費用がぜーろーなら頑張って書きますが、何十万もだして、世間一般に売れるのか?
出すとしたら、出版の方は、方法論で書くようなことを思っていそうでした。
カテゴリーにもわかりやすいだろうと思って書いてありますが、療育方法・・・これだけを読んでも、うまくいかないはずです。


うまくいっている家庭は、親御さんが色々な疑問や不安をきちんと私に伝えてくれ、けんか腰になるときもありますが二人が歩み寄り、時間をかけて教育というものを、親御さん心の中に、或は私も自分の教育を顧みたりし、その結果子の成長につながっているのです。

適当にわっはっは。とかウケ狙いで書いてますけど、一刀両断で結果をだしているわけではないのです。
だから、ただの高卒の私の教育でも、読まれるようになったのでは、ありまへんか?
(今は短卒ですよお~♪)
自閉症関係でも上位に検索されるそうですね。何にも対策してませんが。。

上にあるアクセスは、無料のやつなので解析されないプロバイダーなんかは腐るほどありますよ。

ではまた♪オチがない(*‘∀‘)







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

小児科医師と同じ見解♪ 

2017/03/22 Wed.

公的機関で、全員の職員に、知的障害故歩かないのだ。
と言われてきた子。

私は、歩けないのではなく、歩きたくないだけで困り感が減っていったら歩きます。
と親御さんには伝えました。

そうすると、公的機関ではさくらいちご教育はやめた方が良いとも言われたそうです。


その子が名古屋の大学病院を受診されました。
小児科医が、「この子は歩く」 と言われたそうです。

わっはっは


月齢と現在の運動発達だけで判定するだけでは、時代錯誤・単純すぎると思いまへんか?



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

ADHDと自閉症スペクトラムは別物ですよ 

2017/01/15 Sun.

最近は発達障がいの動画やブログもたくさんになり、知名度が上がりましたね。
まあ、自分に関わりでもないと、本気で知ろうということにはならないと思いますが。

無慈悲な人であると、事故で死んでくれたらよっぽど助かるのに。と思うかもしれませんね。
ま、こんな人間は関わるべきではないですが。
しかし、しっかり生きていないとこんな人間まで、引き寄せてしまいますよ。


         「発達障害」の中に・・・
      ↓                        ↓                  ↓           ↓

自閉症IQ最重度~40くらい 自閉症IQ50~70くらい 自閉症IQ70~85  自閉症IQ90~130


IQは違ってもすべて自閉症スペクトラムと言われています。

それぞれ、症状も違います。かじっただけの方だと、症状は一致しているなどと大間違いな解釈もされていますよね(笑)
赤ちゃん時代から、発達の仕方がそれぞれ違います。
これ以上詳しくは公開記事ではかけません。

また、子どもが1~2歳になるとまずおかあさんが気づきます。
そこで放置すると・・・・

ADHDになります。
症状と診断名が、1つずつ増えていくということですね。

お分かりのように、1つずつ増えると、育てにくさも比例していきます。
また周りに迷惑をかけることや、人を傷つけることも増えていきます。

また、遅い地域では、5歳にならないと診断できない。
就学しないと診断できない。
などと恐ろしいことを言われることもありますが、そんなわけがありません。
ひと~つふた~つと増えていくのを待つのですから、こんなに怖いことはありません。4歳まで放置するとほぼ出回っている症状と一致してきます。症状や特徴が出そろってしまっているということですね。

まあ、受容できない親御さんは仕方ないかもしれません。
子どもを、”モノ” として扱うような大人もたくさんいますからね。事件にならない程度にモノとして扱う。
虐待ですね。IQの低さを隠し、虐待して勉強させる・または事故で死ぬように仕掛ける。


さくらいちごに関わってくださっている方は、本当に素晴らしい親御さんなのだなと、モノとして扱う人間を想像すると、ありがたいと思えます。時折、再確認しないといけない自分が情けないです。


兆候は、赤ちゃん時代からあります。
さすがに赤ちゃんは私でも見立てはできないかもしれませんが、1歳を過ぎれば大体わかりますよね。

自閉症はそこらへんにいますから、別に悲観することではないです。
しかし、人に迷惑をかけたらいけないと思うんです。そして感覚過敏があったり、興味の幅が狭すぎたり、わざとではないけど、人の気持ちが読めないまま・・・
では、人間として誠実に生きれないですよね。


大概、有名大学の上位は知能が高い自閉症を持っている感じの方が多いでしょう。
父もそうでしたが、中日が負けると暴れるのでそれがなければ完璧な人間だったのですが~(笑)残念。
おまえ東北の出のくせに~

どうやら家族が嫌いで東北から中部へ逃げてきたらしいですね。
私は冬が嫌いですが。。雪も嫌い。空がくらいからね~(# ゚Д゚)

放置すると、家族が嫌いなどと意味不明のことも言いますね。
なので私は父の親を知りません。昭和初期の生まれなので激しいことは仕方ない部分がありますが、しかし周りに迷惑もかけていたかな。と今では思います。


そういう子らに何が必要かというと、「ちょっとだけ工夫した生活・教育」
なんです。それだけ。
たまたま、偶然そういった生活になっているおうちもあることと思います。困り感も徐々になくなっていき、自分の持っている力を世界に発揮できる人材に育っている方もいることでしょうね。


大人になったら、ちょっとでは済みませんからね(笑)お値段もたか~~い療法を受けるしかないです。
安く、楽に改善していけるのは低年齢から始めることです。


次回は知的障害のことをかいていきます。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

子どもの脳が向上するとき♪ 

2016/12/25 Sun.

書くことがまとまっていませんが。

1歳以降で、歩けるようになった子どもの、脳が活性化するときはいつでしょう?

「危機感を感じたとき」

です(^^)


親に虐待されるとかそんな危機ではありませんよ。

24日に、子どもらと県民の森に行くと、・・・数時間人っ子一人いない(;・∀・)
気温も高く晴れていましたが。。土日や気温が高い日は結構な人が来ます。

どこへいくのだ?
と考えると・・・・・・
おそらく無料のクリスマスイベントでしょうね。
わざわざ人込みにいって、何が楽しいのかしりませんが。
冗談ですよ(^^)たまには人込みも良いですね。

しかし、大人数が集まるだろうイベントに、価値はあるのかしら。クリスマスは毎年ありますし。

私は外で遊びこめる気温であることのほうが価値が高いです。

どうぜ完成形が予測できる終わり方で、時間をかけて答えは知っているようなものに取り組むだけですよね。
知能が平均以降の子どもはたぶんあまり楽しくないかもしれません。

健常児は一緒に行ってくれる大人への慈悲で、楽しく過ごしているだけで、本来はなにもないところでも親と語り合ったり一緒に走ったりする事の方が、子どもの思い出に残るんですよね。
といっても、その価値感は、全て周りの大人の言動で決まるのですが。


障害児は、つまんない!などと無慈悲な意見が(^^ゞ
直接言わなくても、あれ食べたいこれ食べるとか違うことをする方向にもっていくかもしれません。
人間て暇になってくると、食に走りますよね(笑)


広い広場でかくれんぼすることも、幼児には”危機感” を感じることになります。

もう少しでお話しができそうな子に、
「お口で言ってくれないとわかんな~~~い($・・)/~~~しーらないっ♪」
とわからないフリ(笑) も、”危機感” ですね。
いつもはなんでも応答してくれた私が(笑)


チャイルドシートが嫌な子には・・・
「チャイルドシートにのらんと、子どもは車にのれないから、じゃあ、先に帰るね。」とエンジンをつけ、私が先に車にのる。

(必ずPにし、手ブレーキもかけておくこと。Dにしない!)


脅す危機感や、嫌味をいう危機感ではありません。
そんなもんで教育できるわけがないですからね。


逆に、脳が活性化しないときとは。。
反対のことですね。人工的な遊び場で、安全が確保されすぎている場所などです。





























edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

つながらない知識 

2016/11/27 Sun.

だんだん書くのもまた面倒になってきました

IQがやはり知的ボーダーであるとか、70前後ですと、塾無しで中学校のテストで点を取ることは難しいと思います。
しかしそこは親御さんの考えに基づけば良いかなと思います。

塾と学校を併用して、点を確保することも良いと思いますよ。

ちょうど長男の話題になっていたのでついでに・・・
知識として習得はするんです。
しかし、それが未だつながっていないのです。だから点が取れない。
バラバラな知識です。
まず英語ができなくなります。

話し言葉も、まだ発展途上。同級生と話すくらいでしたら問題はありません。
また、聞いた言葉を受け取るとき、相手の意図とはまるで違う受け取り方をすることがあります。

そうそう、「会話・受け答え」
が苦手でしたよね。自閉圏内は。
きちんと教育されてないと、未だできないようですね。
これが苦手だと、国語が難しいです。

そういえばさくらいちごでもこういったことを強化して教育している子がいます。
5歳ですけどね(;^ω^)5歳の子と長男が同じ困り感とは

また、他人の言葉に影響されやすいです。というか信じ込んでしまう。
「証明は難しい」
と学校で訊いたのでしょう。
思い込み、自分にはできないと暗示をかけているようなものです。
なので自閉圏内の人には、余計なことは口にしないほうが良いのです。
先生は、”みんな”に対して言っているので、鵜呑みにすることはないのです。そこをしっかり理解させないと本人がたいへんですね。なので幼児期にしっかり教育を始めることが大切なのです。

このことが偶然私がわかったので、家で、「証明なんて、暗記するだけ・点稼ぎサービス問題」
と再度暗示を掛け直せたのですが。
それこそ、学校の出来事なんか話さない子ですよね。自閉圏内の子は。だから学校でどんな話題をしているかなどはすごくわかりにくいんです(>_<)

答案を見ると、空白で出しているんです。まずここから自信のなさと空白を埋めるというスキルがないことがわかります。
空白で出さないことや、図形などで長さを問う問題で、忘れてしまったら、目分量で書くなどできますよね。

また次回に。







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

知的障害がある子の教育♪ 

2016/11/24 Thu.

自閉症が全く加わっていないタイプの子向けです。
少しでも自閉症があると、あてはまりません。

乳幼児期、幼児期から、何でも食べますので太りやすいです。
自閉症が入ってないということは、せっかちではないということです。
なので、食べるだけ食べて、動かないのでそういった要因から、太りやすいです。
太るといっても、ぽっちゃりではなく、平均的な子どもの2倍~3倍の体になるまで食べ続けてしまうんです。


大体幼児は、野菜が嫌いだったり偏食もありますし、好き嫌いがあります。
しかし、ほぼこういったことがないのが知的障害の子らです。

早い時期から、食べる量やカロリーを調整し、好きな外遊びを見つけることです。食事を忘れるような遊びを見つけるのです。
そして、体を動かして遊び、感覚統合をしていきます。
そうすることによって、満腹中枢も正常に近づくかと思います。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

なるべく園に入れないことを勧める理由♪ 

2016/11/21 Mon.

可能であれば、2年、1年保育をと進めています。
また、好きに休める園、行事の少ない園を・・・ということも言っています。
遊びの時間を確保したほうが、成長するからという理由からです。

しかし、結局入れてしまうと、いくら行事が少ない園でも、園以外で伸び伸びしている子どもと比べると・・・
どうしても動く範囲も、することも、限られてきますよね。
園の敷地内でしか、動けないんです。ましてや勝手に園庭に出て遊んでいい園は、かなり少ないですよね。
みんな一斉に外にいったり、やることは決まっているのがほとんどでしょう。

園が100坪しかなければそこでの範囲で動くことになりますよね。
田舎で、500坪ほどある園では結構遊べるかもしれません。
しかし、親と自由に遊べる環境とは、やはり比べることができません。

思いついたときが、絵を描くときなんですよね。
外遊びは、運動神経を鍛えるだけではないんです。
あっという間に伸びるのが幼児期であり、大変な中、しっかり育児していくと後悔することはあまりないですし。
寝顔をみて謝るくらいなら、日々もっと頑張ることですね。先日の講演じゃありませんが。
本を読んだり、動いたり、暑ければ川に逃げたり、年齢が上がれば習い事同様に専門的なことも教えたりもできます。
まあ、自分の子どもと四六時中一緒にいるのも、きついでしょうけどね(^^)

能力を出し切る時期であり、やったことは1つも無駄にならないということを実感しているから私はできたのでしょうけどね。
中々目に見えない成果を期待して、すすめることは難しいでしょうけど。

なので園に入れると、運動能力は家庭で鍛えないと伸びないと思っておいた方がよいです。

ヨコミネ式や、バディでしたっけ?あのような園であれば、かなり頭と脳も鍛えられるでしょうね。親御さんのサポートも要ると思いますが。
ヨコミネ式に50m走で負けた次男ですが、体格が-2SDということを考えるとまあ、勝てたかなと今は思います(;^ω^)

三男は、就学前にしっかり教えることが次男より少なかったので、足遅っという印象ですね(;^ω^)
正直、1年生の運動会で、ほぼドベのほうでありしかも負けるなとわかっていると無駄な力を出していない価値観にもびっくりでしたね~(;^ω^)
正直、人生のうち一番遊びが充実していたのは三男ですし、3~4歳の頃は足も速かったのですが、就学1年前にお仕事を始めてしまったので、その1年間は三男のために動いたことが少なかったです。
5~6歳の1年間も、重要な時期だったのだなと、実感しましたね。
たったの1年さぼっただけであんなにも差が出るとは思ってなかったですから。

まあ、園に入れるよりは成長したとは思いますが、次男と比べれないので(笑)
遅くもないですが、特別早くないという感じですね。お勉強もですね。1年も先のハイレベルはできないですしそもそも知っていることはもう勉強したくない人ですからね(笑)
ユングのタイプ論で、三男は外向型直観タイプなんです。
次男は外向型思考、私が外向型・内向型思考で、ほぼ次男と一緒の考え方をしています。つーかもう頭は次男に抜かされてますよ(;'∀')

まあ直観の子の勉強の仕方といったら、こんな面白いことはありませんね(笑)
スゴイ・・・としかいい様子がないです。
長男は外向型感覚タイプです。美しいものは好きですね。

口から生まれた口太郎の能力はそのまま残り、過去の栄光でない事、挙手ができること、堂々としていること、係りの仕事に責任を持てることなど、負けてもいいのだという価値、私とは正反対の能力でみんなと仲よくできることに感謝はしていますけどね♡

次男も三男も、私が見ていないところの説明はとてもうまくできます。
学校での様子などですね。なので筒抜けですみません。
子どもらは落ち着いていますので安心してくださいね。特別嫌われる子もいないようです。
でも入学して数年たち、人数も少ないので仲間意識が出てきているなと5年生は思います。習い事でもそうですが、男の子は、友達同士でも素直であること、少しくらい言われてもすぐ立ち直れる強さ、正義とは・・のような能力がないと中々友達と仲よくできないかもしれません。そういった子は、親を見るとよくわかりますね。

他者に伝える力というのも、大切だと思います。おそらく高学年くらいにならないとできない子が多いと思います。


話を戻しまして。
さくらいちごで関わっている親御さんでは、園に行っていてもうまくいっているケースが多いです。
やはり、「子どもと家庭が主体」で通っているからですね。
世間がどうのこうので通っていないんです。
なので休んでも何も言われない園であること、療育しながらの園生活であるので午後から登園してもOKであったり、寛容的な園にしてしまっていると言いますか。
月の半分休みながらのおうちもありますしね。こういった子は、運動能力が落ちないですね。
運動能力が落ちない=頭脳も落ちない
ということですからね。

また、少々休んでも、幼児期にはあまり関係ないですね。しっかり親御さんと遊んで、心を強く養い、再び集団に戻ってもなんともありませんよ。むしろ休みたいときは休んだ方がよいかもしれません。親御さんと一緒に遊んで、過ごして・・・能力があがらないわけがありませんよ。親と一緒にいても成長しないなどという産業があるようですが、真逆です。
休んだあと、その次の声掛けが、大切になると思いますが。

幼児教育が義務になったら、もっと人間の能力(頭と精神)が下がるだろうなとは思います。
そのころに、子ども10人につき先生が1人という配置になっていれば未だ大丈夫だと思います。

これは教育に関係ないかもしれませんが・・・休む理由が、海外旅行・・・と、わざわざ言うから、問題になるんですよ。
黙っていけば、問題にならないんですよね。なぜ、言うのかな?と本当に不思議なのですが。
もう少し、親御さんも強く、しっかり思考しないといけない時代かも、しれません。

















edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

自分の意志がない教育されていない自閉症の予後 

2016/10/26 Wed.

しっかり教育されているおうちは、関係ないですし、この記事がよく理解できるかと思います。

知能が平均以上で、自閉症の症状もあるけれど、勉強はできるから教育しなくていいや。
と、受容できないまま育ってしまった子。

小さいころ、他人のものばかりほしがっていませんでしたか?
自分が好きな物・・・ではなく、そこに居る他人がしていること、モノが気になってしょうがない。
自分が本当に好きか嫌いかも理解せずに。

親御さんに、「○○したい・ほしい」
と自己主張だけは一人前ですから、気づかない親御さんは、それが本人の意志だと勘違い。

本当の理由は、
「あの子が○○してるから・あの子が持っているものがかっこいいもの」
「あの子の食べているお弁当が食べたい・同じものがほしい」

と思っているだけなんですよね。これが行き過ぎていると、困り感となります。幼児特有のほしがる感でしたら、5歳以上になればまねっこはしなくなります。
無理に思い込む感じです。自分の好きな物を選択できないままですから。
2歳や3歳でしたら、まあカワ(・∀・)イイ!!だけで終わりますが、これが30歳や50歳の行動だったらどうします?
15歳の受験生が、自分の置かれた立場が分からず、友達が○○しているから、自分も○○する。

KY・・・ですね。
そして自分の人生を、大切に生きることができない。

少しの脳の癖を、しっかりと親御さんが受容し、教育を始めないと治りません。
治るものも、治らないんです。

障がいは治らないと言われていますが、実際に検査で特有の数字がでないこと、日常の行動がしっかりできるようになれば、私は治ったと表現しています。普通に学校に行き、周りともうまくやり、知能を生かしていれば、もともと障がい出身であろうと、関係ねえ~ですよね?
何か違いますか?


また周りにいる友人は、どんな思いをするか?
やはり・・・「うっとおしい・迷惑」
でしょう。

大人になっても自分で選択したものに、責任を負えなければ、結婚出産育児なんてできるわけがありません。
男でしたら、結婚仕事育児ですね。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

発達障害(自閉症)と、知的障害、精神病はそれぞれ違う 

2016/07/06 Wed.

発達障害、
多動性障害、
知的障害、

第四の発達障害、精神病、精神疾患

は、それぞれ独立したものです。

あえて言えば、病気ととらえていいものは、精神病でしょう。

あとは、脳の癖、というようなものかもしれません。

自閉症と、知的障害の症状も、似ているようで違いますよ。
併発している人もいます。
併発していない人もいます。

精神病と言われるもの、第四の発達障害は、自閉症の症状とよく似てしまっています。
ですが、違います。

自閉症と言われる脳の癖は、癖なのですから、赤ちゃん時代からあるのです。

精神疾患は、赤ちゃん時代はありませんよね(笑)
成長するにつれ、また大人になるにつれて、

成長段階での歪みゆえ、自閉症のようなことになってしまった状態

であると思っています。



また、ただの自閉症だったはずが、気づかずに(受け入れられずに)いて、工夫した教育をしないままでいると、症状が増えます。なので、診断名も、増えるということです。
また、症状が強化されていきます。


知的障害だけの場合、女性であると、お給料が少ない仕事に就く確立は上がってしまうかと思いますが、結婚できないわけではありません。
仕事をしていれば出会いもありますし、何しろ、「普通」に見えますし、大人になってしまえば周りの人はみんなIQ100・・・とみなされますよね。
また、男性は女性に対する許容範囲も広いですし、そういった要因から、結婚はできますね。

しかし、子どもを育てるときに、問題は顕著に表れてきます。
知的障害がそのままあり、精神的にしっかり育っていないと、過去の嫌な歴史を自分の支配できる子どもに向かうということが起きてきます。また、人間を育てるということは、知的障害がそのまま残っている女性には、とても難しいことです。


教育されていない知的障害の方は、物事や起こった事象に対する思考の癖がついていない状態でありますから、とても単純にしか、考えません。
このような状態で、人間を育てたら、その人間はどんなふうに育つか、想像できますか?













edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-06