[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

主要記事 

2017/10/21 Sat.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する ~虹色教室通信から~

多くの人に読んでいただきたいです2 政治と社会システムについて

多くの人に読んでいただきたい記事です1 愛着形成について~虹色教室通信から~

子どもの本当の自由遊びについて 運動能力 学習能力 社会性1

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~

現代に足らない教育 ① ~虹色教室通信から~

現代に足りない教育2 ~虹色教室通信から~


自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 教育観

賢く子育て♪ 

2017/06/22 Thu.

勉強机って、小学1年生で要ります?

うちは中学生になってから、用意しました

次男はこつこつと自分で勉強をしますし、長男の頃はまだゆとり教育から、移行するときだったので内容も少なかったんです。
次男の頃からはゆとりはなくなり、すぐに5限でしたね。

宿題くらいしかしないようであれば、+αで自主学(1年生は10分ほど?) するくらいでしたら、学習机は要らないでしょうね。
基本的に3年生くらいまでは、普通の生活から習得するような勉強ばかりですから、特にさくらいちごの子なんかは勉強時間は宿題と、漢字くらいでしょうね。テストはもちろん、授業を全身全霊をかけて取り組むことをもちろん伝えておきます。

漢字は、3年くらいからはドリルを2~3回、平仮名から漢字にするページだけをしたほうが良いです。
読みは、できるはずですから。一応、見せながら、口頭で答えさせるとどれくらいわかっているか、わかりますよ。
勉強もコツを考えて、要るものだけをしていき、余った時間は自然遊びや漫画・本を読む時間にあてた方が、今後の勉強時間と費用を少なくできます。

時間は、一日24時間しかないんですからね。

机は爺さんばあさんからプレゼントされるのであれば、買ってもらうと良いですが。


次男は5年生辺りから勉強時間も増えていきましたので、首は凝るようです。
もうじき買わないといけないなと思っています。 

買うと言っても、オフィス用のデスクと、椅子です(;´∀`)
おそらくこれで十分ですね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

人生で一番かわいい時期♪ 0歳、1歳、2歳♪ 

2017/06/18 Sun.

世間では、いかにスマートに、かっこよく育児をするか。
効率的、低予算、合理的な子育て情報が蔓延しています。

また、社会から離れた生活など。

ん??

沢山産んでほしいんですよね?

そうです。世間は、産みっぱなしで母親にはすぐに社会復帰してもらい、税金を稼いでほしいのです。


人間を育てるのに、合理的もくそもありません。
これは障がいがあろうとなかろうと、関係なく、全ての子どもに言えることです。

立派な社会貢献であり、しかし子どもがない方を見下すことでもありません。

金をかけろといっているわけでもないです。

子育てほど、崇高なものはないと思っています。
目には見えない成果だらけ。仕事をしていたときとは正反対の、非生産的な過ごし方に価値を見いだすまでは私も、色々考えたことはあります。

魔の2歳児。だから何?鵜呑みにせずに育てましょうね。
特に母乳で育てていると、それを実感できると思います。ちょうど言葉も出てきてたくさん動けるようになり、2歳が一番カワイイ時期だなと何度も思ったことがあります♡
一人目だと中々実感しているようで・・・・どうかな?という疑問もあるかと思います。


0歳、1歳、2歳は、人生で一番かわいい時期です。

有り難いと思って、楽しんで過ごしましょうね












edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

誤診 

2017/05/07 Sun.

だいぶ記事も多くなってきており、まとめたいと思いつつ・・・数年先になることも予測されていることでしょう。

でもやると決めたことはきちんとしますね。時間は有限ですから。40歳になって、折り返し地点にきたようで気は焦ってしまいますから。”死” がやはり怖いですね。怖いというのは、自分がやりたい事をやり切って死にたいからです。

かといって、最短距離ばかりを目指す人生を、称賛しているわけではありませんよ(^^)
特に幼児の生活においては、大人が考えるよりもゆっくり過ごす方が、後によく成長しますから。


先日から書いているもので、長男が高校に行けないと診断されていた記事ですが。
何を言いたかったかというと、外遊びをしてきたから成長できた。
ではなく・・・・・

「ヤブめ」

です('◇')ゞ

誤診だったというか、発達検査は、自閉圏内の子はしっかりやりません。何も言わずに受けさすと。屁理屈の巌窟王ですから。
しかし検査をしないと周りにはわからないのだな。とも怖く感じます。

学校に提出すると、
「学年全体がとくに勉強ができる子がいない。のんびりした学年。だから知的障害グレーでも、ここに居られるのだ」
「何もできない子」

はっきり書いた方が伝わると思いますから、はっきり書きました。このようなお話ばかり聞いていました。
先生らはさすがにこんなはっきりは言いませんよ。そしてとても良い、学校です。
しかし直訳するとこうなる。


てか、IQ75てのを見たからでしょ?

ということですよね。数字しか見てないんです。

こういうのが私の原点になっていますね。でも、悩んで良かったかなと今は思います。
できる子ばかりだったら、人の痛みなんかは知る由もなかったでしょうから。ただでさえ、傲慢なところがありますから。

で、そのころは先生でも資格を持っている方でしたら検査ができたんです。
無料ですし、その方も自閉圏内でしたからめんどくさくなさそうで、そこで受けたんです。
今度は、IQ95ほど。

そうしたら、先生らの反応は、なくなりました(笑)数字しか見てない。

小学生になって20も上がるわけないですし、特別な教育はしていませんし、習い事は水泳しかやっていません。
わけないってこともないですが、7歳過ぎでは、本人が、こうなりたい!!と強く思わないと、できないことだろうと思います。
人は危機感を感じたときでないと、切羽詰まらないと動かないですからね。

今の子どもが物を大切にしないのは、危機感がないからですよ。
あふれるほどありますからね。
なので思考力がある程度着いたら、広島に行くと良いと思いますよ。原爆ドームを見学し、できれば実際被ばくされたかたの話を訊く。わざわざそのために行くのです。レジャーではなく。
眼球が溶けた方もいるそうですし。

去年の夏、ちょうど8月6日に白子に行ったとき、ラジオで黙とうと、被ばくされた方のお話しがあったんです。
次男は、立って聴いていました。私も初めて聴く内容があり、考えさせられました。


で、話は戻りまして、普通の先生らは数字でしか評価できないようでしたが、支援学級の先生は、特別何もない。見守る。
のようなことを仰っていました。その方は、数字ではなく本人を見て判断したのでしょう。
私がこう思っていることも解っているようで、その後一切話しもしないですが(笑)


高校に行けないと言われつつ、しかしそんな低いようにも見えない。私立にも行けない。つい先日高校の合格発表がありましたが、この呪縛のような不安感、つい先日やっと取れたんですよ。いちいち私はくらい顔はしませんからね。
相談相手もない状態で、体重は減るわ、ぶつぶつはできるわで本当この1年は精神的にしんどかったですね。
朝目を開けると不安に襲われたり。

確信はあるものの、やはり不安なところはありました。


やっぱりヤブではいけないと確信しましたね。
1歳の子育て中のお母さんに、遅れは一生取り戻せないなどという職員。
これもつぶさないと。


私が悩んできたことは、結果的に良かったと思います。
傲慢故、誰でも持っている考えですが、「教育者の子どもは良い学校に行く」

という概念。私もそうでないといけないかな。と思っていましたが、そんな考えはいらないかなと思うようになりました。

ましてや、差別的になってしまいますしね。
歳を重ねると、出身学校ではなんとも言えない・・・という結果もわかりますしね(;^ω^)
先日、四高の子らがジャージで、ボウリングをやっていたそうです。ボールをわざと床に叩きつけるように投げていたそうです。
これってやばくないですか?幼稚園でもわかりそうなことですが。。
幼児期の手足を使った遊び・体幹を使った遊びが乏しい子では、壊す・破壊する遊びを大きくなってからしてしまうという特徴も、ありましたね。


学力などそれらにとらわれている人は、その方の方が下に見えたり。小さい人生かな。などと。


時間は本当に早くすぎます。1人1日24時間しかないんですよ!?
今いる場所で、人間らしい行動をどれだけできるか。今いる場所で、学生はどれだけ勉強に励むことができるか。
そちらの方が重要だなと、アラフォーになって思います。
○○高校の看板を背負っている事、自転車は凶器になるということ。
自覚しながら、過ごす学生生活ですね。

すぐに改善できなくても、少しずつ言っていけばどんな子でも理解できるかと思います。
親の言いたい事だけを言うのではなく、ですね。


先日の、知的障害だと言われている子が2語文を話した。歩いた。
という記事も、私がIQを上げた。ということを言いたかったのではなく、IQは平均だと私は最初から思っていましたので、ほらみろ。ということが言いたかっただけです('◇')ゞ 今は平均以上くらいです。知的障害というのが、誤診だ。ということを言いたかったのです。
もちろん、課題はまだあります。また、IQは全領域で上げれるだけ上げる教育をするつもりです。

上げた所で、療育の場から称賛されるわけでもないのも、わかっています。
教育の結果などは、先ほどのテストの点でしか評価できない人も多いですから、ましてや幼児でしたら、IQが上がったのは、
もともと素質があったから~~
などと言われるだけなのもわかっていますよ。

しかし、わかる人にはわかりますし、親子が安心して楽しく生活することができれば私はそれで良いのですから。
評価されるために、さくらいちごやっているわけではありませんからね(笑)
目的が本末転倒したら、変ですね☆



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

真剣な教育 

2017/05/03 Wed.

日刊  聖教新聞  5月2日 6P


教育家のラッセル卿は言った。

「子供たちや若い人びとは、彼らの幸せを本当に願ってくれる人びとと、彼らをある計画のための素材としか考えていない人びととの違いを本能的に感じとるものである」


だそおです(*´з`)



わかりますね( *´艸`)
意地悪な人、いますもんねえ。わかるからこそ、心が強い子どもは、そんな人間のために悩む時間がもったいない。
と考えられるのです。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

自分で何かを作り出すことができないと 

2017/05/01 Mon.

またサボタージュになってしまいました。
有料ブログも、改善し、さっと買えるようにしますから少々お待ちください(^_-)-☆
と言って1年過ぎる私。

Googlペナルティ、なんでしょうね。コピペかな。サイトごと消去されたら困りますし、これも直さなければ・・・
今はよ~く探してくださいね

名古屋にレゴランドができましたね。
でもレゴやブロック、積み木、白紙の紙、私から見たらすべて同じ遊ぶものですが・・・・


自分で好きなように遊べるから、面白いんじゃなかったけか?


なんで遊園地状態になるの?笑
答えがわかってしまったら面白くないのではありまへんか?

遊園地がアトラクションを次から次へと変えないと儲からないのは、当然ですよね。

飽きるからです

また、金を払ってきているんだから、楽しませろ。という心境ですよね。損得勘定と言いますか。
そうではありませんよね。遊びって。


だけど、自分で、1から考え、失敗し、作り出すものは、飽きないのです。
ただ単に愛着がわく・・・だけではなく、自分で作り出す遊びというものは、室内遊びに限らず外遊びでもそうです。
1種類から∞(無限大)、パターンがあるということですからね。

こうして幼児期から頭を使い、色々な角度から物事を見る、人の気持ちをゆっくり考える時間がある生活、をしているから、就学後は少しの勉強で、高度な学習ができるのですよ。
また、合わない先生がいたとしても、自力で乗り切る力ができているということ。
どうしたら良いか?と頭で考えるからです。そしてそれを実行できる、精神力も外遊びでつきます。
7歳にもなればそんなことは、豊かな遊びをしてきた子らは簡単にできますよ。


精神なんて、目にみえませんからね。
なので単純な思考しかできない親御さんであると、または良いとわかっていても実行できない精神力が弱い親御さんら。
見た目に良いと言われることしか、子どもにしなくなってしまいます。
教育産業の罠にはまるということです。人間の教育って、金で買えないですよね。

母親・父親の皆さんは、子育てをしているのではなく、人間を教育しているのですよね。
教育は何も先生と名の付く人だけの仕事ではありません。


教育産業の罠は、例えば、
「ゲーム機を持ってないと、仲間に入れてもらえないですよお~」
とか、


「3歳までに○○を!6歳までに○○を!」と鵜呑みにさせる文句。であり、その事柄は、全身を使って養うモノではなく、英語、数学、特定のスポーツなど、幼児には適していない教育のことです。


「お母さんと一緒にいるだけでは育たない」などトンデモな宣伝。
じゃ誰が育てるんやて?(笑)
ですよね。



レゴランドのような場所は、子どもの遊び場ではなく、年1度くらい取りあえず見とく程度で楽しむものかなと思います。
または若い人のデートで行きゃいいんじゃないですか。

しかし私は動物園と水族館は、遊園地系とは別と考えています(^^)
どんな場所に行っても、自らが楽しむ気持ちがないと無駄ですけどね。幼児や子どもは、未だ視野が狭いので(目の視野のことと、物事を見る角度のこと)、周りにいる大人の思考に影響されますから。
私は昔から頭悪かったから~できない。と思われる親御さんも、できますから大丈夫です。
そう悩むことがまず、進んでいる証拠ですから。
いくら東大京大出ても、自分で楽しむ力がない人なんて、どこにでもいますよ。まあ、無理に学力を上げたタイプかな('◇')ゞ

いくらIQが低い親御さんでも、努力することによって素晴らしい親御さんにもなります。
その努力は、東大にもかなわないでしょう。


または同じものを見ていてつまらん。と取るか、今日は何について考えようかな?と自らが提案できるか。
何もしなくてただ時間をゆっくり過ごすだけでも、子どもは素晴らしく育ちます。てかむしろ、忙しい生活より、そちらの方が頭は良くなります。はっきり言って申し訳ないですが。


なので年間パスポートはほんと、良いですよね。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

子どもが親の財布から金をとる 

2017/04/02 Sun.

一部抜粋させていただきました。


聖教新聞  2017年 4月2日 6P

「親と子のこころの世界」



子どもが親のお金を抜き取るという相談は少なくありません。
こうした相談への回答として、「空腹時に目の前に食事があれば食べてしまうのと同じで、子どもの手の届くところに財布を置く親が悪い」

という、親の不注意を原因とする声も耳にします。

ただ、親が十分に気を付けても、また厳しく叱っても、繰り返す子どもはいます。

私は臨床を通して、盗む衝動が出る子どもは、過去に親から自分の物を取られた(奪われた)体験を持っている子どもが多いと感じています。

子どもは親が思う以上に早い時期から自我が芽生え始め、自分の物と他人の物とを区別できます。
しかし、親の中には、子どもを別人格と捉えられず、子どもの物は自分の物という感覚で、勝手に使ってもいいし捨ててもいいと思ってしまう方もいるのです。

大人からしたら捨てるべき物でも、子どもにとっては宝物であることはよくあります。幼児でも、勝手に自分の物が捨てられれば大変なショックです。
子どもが自分の大事な物を親に勝手に捨てられることと、親が子どもにこっそりお金を抜き取られることは、同質のことなのだと思います。

つまり、親から物を奪われた体験がある子どもは、人の物を取ってもいいと学んでしまっているのです。

通常、物を奪われた体験がない子どもは、人の物を取るという発想すらありません。
自分の物がしっかりと守られているので、人の物を取る必要がないからです。

その物が大切であるという子どもの思いを受け止め、共感した上で、どうするべきかを話し合いましょう。

質問では、子どもがウソをついてまで親のお金を取るとのことですが、ウソをつくことは非常に面倒なことです。
「お金が必要だ」
と直接、親に言えないのには子どもなりの理由があるのでしょう。

子どもへの叱り方を悩む前に、まずは親自身が子どもの物を勝手に奪ったことはないか、そこに思いを馳せてみることから始めたらいかがでしょうか。

親のこころの変化が、きっと子どもの言動に変化をもたらすと思うのです。
~~~~


補足です。

自閉圏内であったり、知的障害(およそ70以下)であると、自我が芽生えるのは遅くなります。

また、親御さんにも自閉症や知的障害があり、とても頑張ってこられた方々は障がいがあるとは自身も家族も解らないままですね。
自分の物と人の物、違うんだよ。という理解がないまま、親になっているケースもありますね。
こういった症状と言いますか、行動があると、「パーソナルスペース」 も、少し異常であったりします。
それゆえ、色々苦労しがちです。

そのままの状態でいると、子育てを頑張っているにも関わらず、上記の記事のような子育てになっていまいますよね。

まあ、健常児であるのに、男の子がああだ、女の子がああだこうだと、性別や人数で勝手に大変だなどと決めつけてしまっている方々は、問題外ですよ。いつでも親元に居て、何かあったらすぐに自分の親(じいちゃんばあちゃん)と外食に行き、愚痴をこぼしているようではね。


育て方は連鎖しますから。連鎖しないわけ、ないやん?
あなたの娘が、「男の子なんて馬鹿で単純だから、子育てしたくない」 と言ったらどうします?
「うちの旦那、バカだから嫌い。」などと。

だから、早いうちからしっかり教育をしたほうが良いのです。

こういった記事は、親が~親が~~と何かあるとすぐに親が悪い。
と勝手に決める、今の特徴的な窮屈な子育ての要因ですが、さっぱりとさらっと受け止めてみるのも、1つの手かもしれませんね(^_-)-☆


考えすぎない、また自分がこう思うのだから、人もこう思っていると思う。
と決めない。
そうすると、いろんな意見をしっかり訊くことができるようになりますよ。
その次の段階で、いろんな意見や考察を、考えることができるのだと、思うんです。
何が正しいか、正しくないか。子育てにおいては、何が正しそうか、正しそうでないか。これはちょっと・・・良いのはわかるんだけど。どうかな?
というようにね。

自分の言いたいことだけ言って、訊きたいことだけ訊くのは、幼稚園以下です。
あなたは幼児ではないですよね。

何だか面白くない記事になってしまいました(・´з`・)










edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

子育て、教育ほど曖昧なものはない 親が満足する教育で良いのか??  

2017/02/23 Thu.

親御さんとのやり取りでとても大切なことだなと思う文章がありましたので、抜粋させていただきました。

私とのメールのやり取りです。


「メールありがとうございます。



「発展」という字面だけで考えると
例えば
積み木をかじる→投げる→並べる→重ねる→形を作る
この様な事を発展と呼ぶのかなと思っていたのですがそうではないのですか?

・こちらも、発展と呼んで良いと思います。


よく、言われていますね(;^ω^)
周りの大人が、 「こうして○○したり、△△したりすればいいのに」
と、勝手に想像していることが、そう言われる所以かな~と軽く思っています。
健常児でも、自閉症の子にも、言われていますよね。

子どもだけでなく、大人の方も、変わった方はたくさんいますしね。例えば※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※・・・・・それこそ発展がないどころではないですね。

寝るとき以外、1歳から6歳まで、同じ遊びをする子どもはいないだろうと思っていまして、私は大人が勝手に考えた子どものためという名目のTVCMみたいな笑顔を見たいだけ、いろんな遊びをしたほうが知能的に見えるからかな?と思っています。



〇〇君でしたら、私からみたらあれだけ大好きなボール、しかも出かけるときも、まだ歩かない○○君ですから、ハイハイで移動しますよね。玄関に向かう際も、両手に持って出かけようとするくらいです。転がして追いかけて、また静止して、ボールに描かれている絵をじっと見て。
本当に好き!という感じです。

それが、1時間半ほどじっくり・・・私も他のもので遊んだら~~などと何も言わず、思い切り好きな遊びをし、外に少し出て、お昼寝もし、お腹も満たした後、再度室内遊びでは、最初だけボールに触れて追いかけて、あとは触っていないケースからおもちゃを自分で選んで自分で出していましたからね。
どこかになくして、私に言うのがメンドクサイのかとも思い、ここにあるよ~~とわかりやすい所に置いておきましたが、とりに来ないので、本当にもういらなくなったようでした。

これも、発展と呼んで良いと思いますよ。発展=同じ遊びばかりしない という意味でも使うかもしれません。
また、いくら自閉症であっても、発展しないように見える遊び方をする子はいないのではないかな。と思っています。
発展してほしいなら、本当に2時間くらいじっくりとそれをさせているのか、疑問です。口では何とでも言えますから。

子育てって、親御さんの価値観などに影響されますよね。子どもは生まれて数年は説明したりできませんし、まず信じてもらいにくいですよね。真実は親御さんの言葉のみになっています。
結局健診でも、本当のことを話していない親御さんもいるでしょうし、子育てほど、色々曖昧なものはないかなという印象です。
言葉を話しているのに、未だ言葉が出ないという方もいるでしょうし、その反対もですね。

保健センターなどで、遊びが発展すると良い~~などとよく言われると思いますが、いろんな遊びをしていた方が、大人が勝手に賢く見えるだけの話でもあると思うので、気にしなくて良いかなと思いますよ。」






私が勤めていた音楽教室でも(私は18歳位以上しか教えてなかったので子供達と関わってないですが)

子供達の教材の内容や、発表会の曲目に至るまで

子供の為ではなく子供の親が満足する内容にしています。

レッスンはカリキュラム通りに進め、且つ「素人目で見るとなんとなく上達してるように思える状態」

を演出しないと親からクレームが来たりしていました。

そんなんでは後々躓くんですけど、それも知ってるけどそうせざるを得ない。


同じ曲を何度も何度も弾いてその中で新しい発見をしていく とか

自由に心のままに即興的に弾く とか

それこそ自然を感じた後にその気持ちを曲にしてみる とか大事なんです。

子育ても同じなんですね。

よく分かりましたm(_ _)m


音楽も中身を伴わないと、あるレベルからは伸びないです。

自分がどう感じるか、何を表現したいのかでなく

親の満足する所に自分を寄せた弾き方をしてる子を見かけると心が痛みました。






edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

知能テストを鵜呑みにする大人 

2017/01/26 Thu.

約6年前の記事です。
私が32~3歳くらいのときかな?若くてかわいいころですね。


長男が知的障害域であるとすったもんだしたときです。
一人目の時は仕事もしていましたし、IQが低めな私の母に預けていました。母の言うことはてんでバラバラで余計疲れた記憶があります。
やめてからも、子育ての仕方は解らず戸惑うこともたくさんありました。
注意するとき、言葉でいうだけでなく、頭をはたいて叱ってもいました。
学習の結果が悪くなるのも、私のへたくそ育児のせいでしょう。

育ちが悪いと、自閉症のような症状になります。これって迷惑ですよね。普通の自閉症の人に。
受験前でピリピリ&雪でさくらいちごができないので、すみません。とげのある言葉。





~~~
「差がないので、発達障害でもないし、でも、普通クラスでは厳しいんじゃないかなあ~」
「勉強の先取りができているって、言いましたが、嫌がってない?」 「はい」
「???」←病院の反応

病院での検査でしたし、私は疑っていましたが、信用するしかないのかなと、その頃はほとんどパニックでした。

私は良いとして、危険なのは周りの反応!
学校に検査結果を知らせると、疑いもせず、信用しきっているのです。そら、それが普通かもしれないけどさ。教育者であるなら、とはキツイですね、支援学級担当しているのであれば、ちゃんと気づいてほしいです。そう、専門家が少ないので、親がしっかりと子供を正しくみつめる事が大切ですね。じゃないと、もし、検査結果が間違っていたりと、その子にとってとんでもない支援をしてしまうかもしれません。

学校の反応
去年の担任から・・「放課後に補習をしたらどうか」
支援学級の先生にそうだんしてみます。といわれましたが私には何も連絡ないままです。
今年度の担任・・・授業中、問題をするたび、長男のノートをチェックしていたようです。懇談の際には「計算が遅い・◯◯ができない。これからどんどん難しくなるのに、家でも補習してください。のような、焦り感のある事ばかり。

私のほうは、「支援学級にいかなければならないなら、連絡くださいね。
計算がみんなが早いのは、意味もなく公文やそろばんにいきだしてるからですよね。私は読解や社会の問題のほうが今は大切かと思っています」 なぜか、この辺は2~3年生から行き出すコが多いです。見栄・恐怖心からでしょう。

担任が焦っているので、わざわざ割り算の筆算も教えてましたが4年生でやるんですね。3年生の勉強も今考えると、本当たいした事ないですね。3年生まではほとんど遊びから習得するような課題ばかりだと思いますが・・・。ご存知長男、分数、即理解してます。3人きょうだいの家庭なら、お分かりですね。

病院での診断をうけて、知的境界線とのことで過ごしていましたが、長男の様子はというと・下校してすぐ宿題をやり、ランドセルと文房具を放り投げて遊びに飛び出していって・・・どうみても勉強に困っている様子はありませんでしたが。なので、最初はパニックでしたが、病院の結果はちょっと違うな・・・というか、基準をIQで決めるんであれば、IQはもっと高いだろうなと確信が出てきました。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

IQが低い人 

2017/01/24 Tue.

大雪ですね

IQや能力は一生変わらないなどともいわれていますし、可塑性を訴えている学者もいますね。

私が、本当にIQが低いと思う人は、

「助言を素直に訊けない人・直そうと努力しない人」

だと思っています。

直さなければいけないことを上司に言われたり、あるいは友人に言われたり。

楽しい人生を送りましょう♪



edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-06