FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

主要記事 

2022/10/21 Fri.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する 

自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 教育観

教育をうけてないとどうなる? 

2019/10/16 Wed.

私の実父は岐阜高校出身です。
母は、県岐商中退で知的障害があります。
といっても、施設にいるような群ではなく、教育もろくに受けられない層に入るかと思います。
昔なので、教育もくそもありませんけどね。
70~80くらいといった所でしょうか。


だからなんやて❓
ではなく、面白おかしくどのような影響があるのかを書いていけたらと思っています


IQ70~80ほどの人を発掘することは、今の時代でも難しいことです。なぜかといえば、女性でしたら普通に結婚もできるからです。そこら辺に沢山いるんです。
また、自分は低くない。との自尊心もありますでしょうから自発的に知能検査にいくこともまずないです。

でも、そういう所が、分かれ目ですけどね。

また、しっかりした家庭に育ち、適切な教育を受けていれば、IQは上がりますし予後は雲泥の差です。

私からしたら、そういう状況は、博打のように見えます。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

食べないとどうなる? 

2019/09/26 Thu.

食べることは、健やかに生きることですね。


子どもに離乳食をあげている頃は、一生懸命に栄養のことも考えていた方も多いと思います。
それがずっと続けば良いのですが。

では、「普通に」食べないとどうなるでしょうか。


「生きるために必要でない箇所から、削られていく」

ということですね。

当たり前ですが人間は、生きるように作られています。

たとえば、テストで100点を取らなくても、生きていけますよね。70点じゃなくても、生きていけますね。50点でなくても生きれますね。(シナプス)
心臓、その他内臓さえ動いていれば生きれますね。

また、人に優しくしなくても、自分以外の人のことを敬わなくても、とりあえずは生きていけますよね。
(前頭葉)

次に、子孫を残さなくても、生きていけますよね。精子や卵子が奇形になっても、とりあえずは生きれますよね。(生殖機能)


栄養が足りなければ、自分が生きていくのにあまり重要でない所から削られていくのです。



若いうちほど、見た目にはわからないことですね。
食べることは毎日、3回もあります。毎回給食のようなご飯を用意できなくても、てきとーな日もあって良いと思います。
しかし、過度な節約、過度なダイエット、過度なキッチンを汚したくない思考、どこまでが行きすぎているのか。立ち止まって考えても良いのではないでしょうか。

こういう思考も、東北などの子育てが上手な地域では、当たり前にできていますよ。
だから、体格も全体的に大きめですよね。太っているのではなく、身長体重ともに大きい子が多いです。







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

未来予想図 

2019/07/16 Tue.

時代を考えて子育てすることも大事ですね🎵

来年度から私立高校授業料が無償化しますね。
ということは、来年からは県立❗国立❗と騒がなくて良いということですね😆
また、高校を選ぶ選択肢が増えるということです。
授業料は無償ですが、修学旅行費などはかかるかと思いますので調べないといけませんね。
私立って修学旅行は海外でしたっけ?
県立はこの辺りだと、北海道か沖縄とかですね😄❤❤


どこまで無償化するかはまだ調べてませんので、また調べましたらかきますね。

うちの周りでしたら、私立高校が近くにないので選択肢には入りませんが、自宅近くにあれば選択肢に入れられるでしょうから、色々可能性が広がりますね💞💞



今の子どもたちは、定年退職が70歳になると思います。
そして再雇用は75歳。
なので、働く時間がとても長いです。
今でも、普通に退職している方の方が少ないですよね。ほとんどの方が再雇用ですよね💪💪

その上で、今、どう子育てしていくか?ということ😘

そして、副業がOKな時代になっているかと思います。
私の子どもらには、もう伝えていて、第一希望の仕事があればそれを目指すのはもちろん良いですよね。
第二希望のやりたいこと。も視野に入れて大丈夫。と伝えています。

子どもの担任の先生の至言で、夢は2つ持つ。
ということをお聞きしました。とても良い考えだなとメモしました。

2つに限らず、3つでも良いですね😍💟




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

100点を取らせる前に、給食ができた背景を知ること 

2019/06/24 Mon.


なぜ学校ができたのか、義務教育ができたのか、なぜ給食があるのか、親御さん自体が知らないことも多いかと思います。

100点をとることより、まずは学校、給食ができた背景を勉強してみてはいかがでしょうか。

自ずと言動が変わると思います。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

子どもの本当の気持ちを知ること 

2019/03/13 Wed.

見たままの姿形ではなく、誘導尋問して答えさせた言葉ではなく、本当の気持ちを知ることがポイントですね。

できるだけ、普通に育って欲しいですからね。
多分わからないと、普通以下になるかもしれません。
今後、人生においても色々なことがあるでしょう。きちんと乗り越えて感謝できる気持ちを持てるか。周りの人に、どのように接するおじさんおばさんに、なるでしょうかね。
簡単なことに思えますが、難しいことと思います。
オール5を取るより難しいと思います。

子どもが、本当の気持ちを言うとは限らないし、見たままの印象ではない。

視覚過敏や聴覚過敏じゃないですよね。親御さんは普通に大人です。

創価学会員だったら祈ればわかります。
学会員じゃなかったら…どうしたらいいかな?
近い人は私が教えてあげることはできますね

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

適してない時期の習い事 

2019/03/03 Sun.

健常児でも、障害があっても、適していない時期に忙しい生活をすることは、成長を阻害すると思っています。

せっかく持って生まれた宝があるのに、崩しているようなものと考えています。
反抗期は誰でもありますし、親が生活しやすくするために習い事をさせないわけではないです。
すべては、人間を育てることにおいてという視点です。
わかりやすくするために、具体的にかいています。
100点じゃないとだめというわけでもなく、オール5
でないとだめなわけではないですよね。

しかし、犯罪者になったら、いけませんよね。


反抗期は適した時期に、むしろないといけないかと思います。いけないというのは、親の姿勢が悪くなるかなと思っているからです。
幼児期から四六時中反抗している態度でしたら、また何かを親が改めないといけない証拠でもあります。


全ての習い事がいけないとかではないですよ。
適した時期があるということと、子供がやりたいって言う。
とかの話はよく大人から聞きますよね。

やりたいという意思や程度は、年齢が低ければ低いほど、確信が少ないままです。
意味もなく言っているということです。

今の時代は、空腹になることもないうちに口にご飯が入り、冷暖房完備の場所にぬくぬくしている事しか知らない子どもたちが多いです。

そういう恵まれた生活は必要なのですが、その中で、なにが何でもやってみたいことや、目標などは中々できないことだと、大人は理解しないといけないんです。

もちろんそれが悪いとかではないですよね。


子供の成長というのは、脳の一部だけを刺激して成長するものではないんです。

このことについても、書いていきたいと思います。
眠くなったのでまた今度書きますね

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

子どもの話を聴けない 虐待との境目 

2019/03/01 Fri.


子どもが、何が好きで今何を悩んでいるのか、何に熱中しているのか、誰と友達で仲良くしているのかもわからず、親孝行を話してもきくわけがありません。または幼児でしたら、いうことを聞かそうと思っても、聞かないでしょう。

人間を育てるというのは、力づくで操作するものではないんです。
自分が言いたいことだけを言うのは、子どもだけでなく友人や同僚からも、嫌われることですよね。

子どもが今、何の勉強をしているかも知らない親もいることでしょう。

子育てが下手くそであったり、人間関係そのものができないとそうなります。

無理矢理きくことでもありません。
無理矢理きくのであれば、児童虐待になりますから、児童相談所に通報して隔離してもらいましょうね。
逮捕されるような人は、「反省」を全くしないという特徴がありますね。


悪いことがあれば母親のせいにして、追い込む言葉。自分は無関係。
良いことは自分の成果にする。

こういう家庭も多いかと思います。

親のどちらかが、しっかりと子どもの本心を受け止めて理解していればまだ良いですけどね。

だから、しっかりとした恋愛が必要なんです。
戦後ではないのですから、見ず知らずの見合いで家庭を築く時代は終わりです。

今の子どもたちは定年退職が70歳以上でしょう。
自分が得をすることだけ考えるのは、子供はすぐに見抜きますからね。

未来を見据えながらも、今、できることをしていくことです。自分以外の人のために労力をかける気がなければ、何もできないでしょうけどね。
このブログを、私の動向を探るだけではなく、しっかり読み込んでくれている方はきちんとできると思います。
このブログを本心で読んでくれている方は、自分以外の人のために、生きている人ばかりですからね。







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

よく読んでほしい記事 

2018/10/28 Sun.

幼児期の自由保育


今は引きこもりになっていますが(笑) 幼児期では、一日中家にいることはありませんでした。

幼児は行動範囲が広いので、障害、健常関係なく自宅だけではうまくいきません。

家計には、「家の修繕費」 という科目が必須であるように、幼児期には「外遊びにかかかる昼食、間食代」
が必要なのです。

締めるところを間違うと、人間を育てることでは取り返しがつかないこともあります。




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

体が動かなくて当たり前 

2018/09/29 Sat.

子どもが外で子どもだけで遊ぶこともなければ、親がわざわざ山や川に行って体を動かすこともない。

よくできる子どもの家庭というのは、こうしたわざわざ○○することを意識して生活をしているんです。

うちも最近は全くできていませんからねー。普通のグウタラです。
時間がある頃は平日に県民の森でもいって好きなだけ五感を意識して遊べたのですが今はそうはいきません。
長男が5年生の時と、今三男が5年生なのですが比べると雲泥の差の生活になっています。


音楽隊にいけなくなり、お盆休みの約10日間は缶詰めでしたので別の意味で死にそうになっていました。
主人は一人で出かけることもしませんし、友人ともつき合いませんしでも家で自分一人になることもいやがります。なので私たちだけで出かけることも無理になってきます。私たちの外遊びに、主人が付き合うことも難しいのです。

主人がいる休日と長期休日は缶詰でほぼ食べているだけになっています。室内系の遊び場には次男と三男を連れていってくれますが、遊び方が乏しい人や主人ができる範囲というのは限界がありますからね。
レジャー施設。ということですね。
腐るほどはありません。

外遊びや工夫した生活ができれば、範囲は限定されませんよね。さくらいちごの親御さんには当然グータラには当てはまりません。
うちに関してはそれでも平和に暮らせていることには感謝ですけどね。平和がいつまで続くかもわかりませんし、今できることに感謝する感じでしょうか。


学校のスポーツテストでは事前にうちは練習しているんです。
しかし今年は上記の件もありますし次男が中学校に入学しましたし今まできちんと動いてきたから、これからは勉強と文化活動中心や。と思って練習なしでしました。

長男の学校はざっくばらんな雰囲気がありますし、長男自身もまあまあ機転を利かせれるので特に練習はしていません。中学校まではしていました。


しかし結果としては、次男三男はそれぞれの項目で下がりまくっていました。
人というのは恒常的に動いてないと、どんどん衰えるんですね。


次男は学校にいる方が楽だ。寛ぐと言っています。
ありがたいことですが、喜んでいいのかな?!
本当にありがとうございます。


先日県民の森で久しぶりに馬跳びをしました。おわかりのように、それだけをしにいったわけではありませんよ。だいぶ動いた後にやってみたわけです。

次男は私の最高の高さは全て飛べるのですが、いざやってみると、「体がなまっているみたい。関節が動かしにくい、痛い」
と言っていました。三男は最高の高さの半分がやっとでした。

雲梯や懸垂に関しては、雲梯はやっとできましたが、懸垂は0です。できません。

上半身て、本当に意識しないと使いませんよね。
逆上がりは通常通りにできていました。ただし腹が痛い痛いと痛みに弱くなっていましたが。

中学校の体育祭では、急に気温が高くなって、それだけの理由であれだけ外遊びしてきた次男が、給食をあまり食べれなかったそうです。
ちょこっと缶詰の日々が続いているだけかなと思っていましたが、気温の変化にも弱くなっていくのですね。ちなみに缶詰の日程は私は基本的に耐えられません。歳をとって、まあできるようにはなりましたが。
さすがにまだ5年生の三男には、缶詰のリズムはきついようです。

35度ある気温での海水浴など、日常的にしていたのですが少しでも外にいる時間がなくなるとしんどいのですね。
生活リズムが変わることもあるでしょうし、少々のことは仕方がないですね。

グータラな日程で、運動については見た目でわかりやすいのですが、頭の能力はどうなるのでしょうね。

運動についても、例えばスポーツテストの評価が今までAだとしたら、BかCに下がる。ということですね。
でもそれが元々Dとかでしたら、最下位になってしまうということです。

できるときに、色んな能力を上げてあげることはやっておいた方が良いかと思いますね。


また続きをかいていきますね。

edit

CM: 3
TB: --

page top

2019-10