FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

主要記事 

2019/10/21 Mon.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する ~虹色教室通信から~

多くの人に読んでいただきたいです2 政治と社会システムについて

多くの人に読んでいただきたい記事です1 愛着形成について~虹色教室通信から~

子どもの本当の自由遊びについて 運動能力 学習能力 社会性1

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~

現代に足らない教育 ① ~虹色教室通信から~

現代に足りない教育2 ~虹色教室通信から~


自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 教育観

子どもの本当の気持ちを知ること 

2019/03/13 Wed.

見たままの姿形ではなく、誘導尋問して答えさせた言葉ではなく、本当の気持ちを知ることがポイントですね。

できるだけ、普通に育って欲しいですからね。
多分わからないと、普通以下になるかもしれません。
今後、人生においても色々なことがあるでしょう。きちんと乗り越えて感謝できる気持ちを持てるか。周りの人に、どのように接するおじさんおばさんに、なるでしょうかね。
簡単なことに思えますが、難しいことと思います。
オール5を取るより難しいと思います。

子どもが、本当の気持ちを言うとは限らないし、見たままの印象ではない。

視覚過敏や聴覚過敏じゃないですよね。親御さんは普通に大人です。

創価学会員だったら祈ればわかります。
学会員じゃなかったら…どうしたらいいかな?
近い人は私が教えてあげることはできますね

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

適してない時期の習い事 

2019/03/03 Sun.

健常児でも、障害があっても、適していない時期に忙しい生活をすることは、成長を阻害すると思っています。

せっかく持って生まれた宝があるのに、崩しているようなものと考えています。
反抗期は誰でもありますし、親が生活しやすくするために習い事をさせないわけではないです。
すべては、人間を育てることにおいてという視点です。
わかりやすくするために、具体的にかいています。
100点じゃないとだめというわけでもなく、オール5
でないとだめなわけではないですよね。

しかし、犯罪者になったら、いけませんよね。


反抗期は適した時期に、むしろないといけないかと思います。いけないというのは、親の姿勢が悪くなるかなと思っているからです。
幼児期から四六時中反抗している態度でしたら、また何かを親が改めないといけない証拠でもあります。


全ての習い事がいけないとかではないですよ。
適した時期があるということと、子供がやりたいって言う。
とかの話はよく大人から聞きますよね。

やりたいという意思や程度は、年齢が低ければ低いほど、確信が少ないままです。
意味もなく言っているということです。

今の時代は、空腹になることもないうちに口にご飯が入り、冷暖房完備の場所にぬくぬくしている事しか知らない子どもたちが多いです。

そういう恵まれた生活は必要なのですが、その中で、なにが何でもやってみたいことや、目標などは中々できないことだと、大人は理解しないといけないんです。

もちろんそれが悪いとかではないですよね。


子供の成長というのは、脳の一部だけを刺激して成長するものではないんです。

このことについても、書いていきたいと思います。
眠くなったのでまた今度書きますね

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

子どもの話を聴けない 虐待との境目 

2019/03/01 Fri.


子どもが、何が好きで今何を悩んでいるのか、何に熱中しているのか、誰と友達で仲良くしているのかもわからず、親孝行を話してもきくわけがありません。または幼児でしたら、いうことを聞かそうと思っても、聞かないでしょう。

人間を育てるというのは、力づくで操作するものではないんです。
自分が言いたいことだけを言うのは、子どもだけでなく友人や同僚からも、嫌われることですよね。

子どもが今、何の勉強をしているかも知らない親もいることでしょう。

子育てが下手くそであったり、人間関係そのものができないとそうなります。

無理矢理きくことでもありません。
無理矢理きくのであれば、児童虐待になりますから、児童相談所に通報して隔離してもらいましょうね。
逮捕されるような人は、「反省」を全くしないという特徴がありますね。


悪いことがあれば母親のせいにして、追い込む言葉。自分は無関係。
良いことは自分の成果にする。

こういう家庭も多いかと思います。

親のどちらかが、しっかりと子どもの本心を受け止めて理解していればまだ良いですけどね。

だから、しっかりとした恋愛が必要なんです。
戦後ではないのですから、見ず知らずの見合いで家庭を築く時代は終わりです。

今の子どもたちは定年退職が70歳以上でしょう。
自分が得をすることだけ考えるのは、子供はすぐに見抜きますからね。

未来を見据えながらも、今、できることをしていくことです。自分以外の人のために労力をかける気がなければ、何もできないでしょうけどね。
このブログを、私の動向を探るだけではなく、しっかり読み込んでくれている方はきちんとできると思います。
このブログを本心で読んでくれている方は、自分以外の人のために、生きている人ばかりですからね。







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

よく読んでほしい記事 

2018/10/28 Sun.

幼児期の自由保育


今は引きこもりになっていますが(笑) 幼児期では、一日中家にいることはありませんでした。

幼児は行動範囲が広いので、障害、健常関係なく自宅だけではうまくいきません。

家計には、「家の修繕費」 という科目が必須であるように、幼児期には「外遊びにかかかる昼食、間食代」
が必要なのです。

締めるところを間違うと、人間を育てることでは取り返しがつかないこともあります。




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

体が動かなくて当たり前 

2018/09/29 Sat.

子どもが外で子どもだけで遊ぶこともなければ、親がわざわざ山や川に行って体を動かすこともない。

よくできる子どもの家庭というのは、こうしたわざわざ○○することを意識して生活をしているんです。

うちも最近は全くできていませんからねー。普通のグウタラです。
時間がある頃は平日に県民の森でもいって好きなだけ五感を意識して遊べたのですが今はそうはいきません。
長男が5年生の時と、今三男が5年生なのですが比べると雲泥の差の生活になっています。


音楽隊にいけなくなり、お盆休みの約10日間は缶詰めでしたので別の意味で死にそうになっていました。
主人は一人で出かけることもしませんし、友人ともつき合いませんしでも家で自分一人になることもいやがります。なので私たちだけで出かけることも無理になってきます。私たちの外遊びに、主人が付き合うことも難しいのです。

主人がいる休日と長期休日は缶詰でほぼ食べているだけになっています。室内系の遊び場には次男と三男を連れていってくれますが、遊び方が乏しい人や主人ができる範囲というのは限界がありますからね。
レジャー施設。ということですね。
腐るほどはありません。

外遊びや工夫した生活ができれば、範囲は限定されませんよね。さくらいちごの親御さんには当然グータラには当てはまりません。
うちに関してはそれでも平和に暮らせていることには感謝ですけどね。平和がいつまで続くかもわかりませんし、今できることに感謝する感じでしょうか。


学校のスポーツテストでは事前にうちは練習しているんです。
しかし今年は上記の件もありますし次男が中学校に入学しましたし今まできちんと動いてきたから、これからは勉強と文化活動中心や。と思って練習なしでしました。

長男の学校はざっくばらんな雰囲気がありますし、長男自身もまあまあ機転を利かせれるので特に練習はしていません。中学校まではしていました。


しかし結果としては、次男三男はそれぞれの項目で下がりまくっていました。
人というのは恒常的に動いてないと、どんどん衰えるんですね。


次男は学校にいる方が楽だ。寛ぐと言っています。
ありがたいことですが、喜んでいいのかな?!
本当にありがとうございます。


先日県民の森で久しぶりに馬跳びをしました。おわかりのように、それだけをしにいったわけではありませんよ。だいぶ動いた後にやってみたわけです。

次男は私の最高の高さは全て飛べるのですが、いざやってみると、「体がなまっているみたい。関節が動かしにくい、痛い」
と言っていました。三男は最高の高さの半分がやっとでした。

雲梯や懸垂に関しては、雲梯はやっとできましたが、懸垂は0です。できません。

上半身て、本当に意識しないと使いませんよね。
逆上がりは通常通りにできていました。ただし腹が痛い痛いと痛みに弱くなっていましたが。

中学校の体育祭では、急に気温が高くなって、それだけの理由であれだけ外遊びしてきた次男が、給食をあまり食べれなかったそうです。
ちょこっと缶詰の日々が続いているだけかなと思っていましたが、気温の変化にも弱くなっていくのですね。ちなみに缶詰の日程は私は基本的に耐えられません。歳をとって、まあできるようにはなりましたが。
さすがにまだ5年生の三男には、缶詰のリズムはきついようです。

35度ある気温での海水浴など、日常的にしていたのですが少しでも外にいる時間がなくなるとしんどいのですね。
生活リズムが変わることもあるでしょうし、少々のことは仕方がないですね。

グータラな日程で、運動については見た目でわかりやすいのですが、頭の能力はどうなるのでしょうね。

運動についても、例えばスポーツテストの評価が今までAだとしたら、BかCに下がる。ということですね。
でもそれが元々Dとかでしたら、最下位になってしまうということです。

できるときに、色んな能力を上げてあげることはやっておいた方が良いかと思いますね。


また続きをかいていきますね。

edit

CM: 3
TB: --

page top

Category: 教育観

勉強だけをさせる親は少数 

2018/08/19 Sun.


溢れかえっているニュースの題名などは、 手短に書かないといけませんので読み手の読解力までは考えられていません。


まさかどの親御さんも、子どもの能力についてどうでもよい人もいるとは思いますが、そうでなければ、

「勉強だけできればいい」

などと極論で約20年間、育てる人も少ないかと思います(笑)
よく考えればわかると思いますが。


テストで100点をとって、 「給食まずいーー」
と普通に言わせている親御さんは、少ないかと思いますがいかがですか?
私の周りでは、社会性IQが100以下で挨拶もできないような勉強ができる子は、あまりいません。


まさかあほみたいな、サイコパスを育てたい人など、どこにもいないでしょう。



それを知らないために、  「勉強を頑張るように支えることは、虚しい事、必要がない」

と言われる方もいるかと思います。
勉強をさせる必要がないと勘違いし、勉強もできないわ、社会性も低いわで、どうします?

勉強ができないことが、悪 ということでもないですよ。
できる要素や環境があるにも関わらず、しない環境を作ることが、どうなのかな?と思うのです。


勉強ができる子はそれ相応に、 「社会性もIQ120だ」

ということをお知りになると視野が広がるかと思います。

そして、猛勉強をして良い点を獲得する人だけではない。ということです。
24時間机にかじりついて、勉強するわけではないのです。 大人が読んでほしい、推薦図書ばかりを沢山読んでいる。 イメージ的にはそうでしょう。
しかし違うかと思いますよ。


要は親として、 「工夫」 「試行錯誤」 をしているのです。
子ども本人も、周りの大人から影響を受けますから、7歳も過ぎればだんだん自分で工夫もできるようになりますよ。

推薦図書が悪いわけでもなく、机にかじりついて勉強することが悪いというわけではありませんよ。
解りますかね。




edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

あなたの知らない世界 

2018/08/08 Wed.

次男の音楽隊の話です。
創価中部ファーストスターズ と言います


愛知の音楽隊は、このブラスバンドのほかに、吹奏楽、合唱団などもあります。あと忘れました。


F、Sだけ、楽器は池田先生のポケットマネーで買ってもらったそうです。
もちものは次男はトランペットですが、他には教材、音楽隊の教材、自分の勉強道具、水筒、弁当、着替え、などがあります。
10時から21時まで、楽器の練習はもちろん、動きもありますので全身汗だくだそうです。ちなみに動きは一人一人丸暗記だそうです。そら暗記しないと動けないですから。
今は、4年前ほどに音楽隊も使えるような、会館ができましたからそこで練習できるのですが、そこがなければ、
「名城公園」 が練習場所ですよ。   気温39度で練習してみてね♡
今は、そこが使えない時のみ、他で練習になりますが。

会合っぽい日はあまりないそうです。

重さを計ってみましたら、8キロほどになりました。

その楽器をもし無くしたり、破損したりしたら、東京の音楽隊の隊長のところまで行き、謝罪するそうです。
その前に、愛知のリーダー陣にど叱られるそうです。

基本、「一人の悩みは皆の悩み、どんな状況でも皆で乗り越えていこう」

という、友人以上の関係です。見ればわかりますが。


全体で60人ほどで構成されているので、一人が欠けることができないようです。
この辺は私は音楽家ではないので、訊かないとわからないことでした。団長にも色々話を聞いて、知った事です。

いつも早く帰る新人が、いざ楽器を忘れて帰ったそうです。
気付いた時点で、再度会館に呼び出されて、ど叱られたそうです。それを次男は見ていましたので、気を付けるかと思います。
早く帰る事を知っていて、でも呼ばれる。
感謝。を教えてもらっているのでしょうね。

そして早く帰る事は団体には迷惑。にもなるのでしょう。
リーダーが、 「俺が○○まで送ってくから、20:30までやってけ!」

と言われていたそうです。

皆、ぎりぎりいっぱいいっぱいで取り組んでいるのでしょうね。
実際、団長も土曜は仕事だそうで、夜、駆け付けるそうです。
金管楽器のリーダーの方も、土日、仕事の時もあるようで、日曜の21時ころ駆けつけているときもあるそうです。

普通、わざわざ終わる時間に駆けつけませんよね。家に帰りますよね。
私だったらぜってー帰る。なんちって。


私の人生も、考えさせられますね。
人生ごと、考えさせられます。





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

矛盾 

2018/08/05 Sun.


子どもらも家に居ない時間が多くなり、待っているしかすることもありませんから、冷えた部屋でお昼寝もし、かき氷をたくさん食べ(不健康)、元気いっぱいになりましたので時間までかけるだけ記事を書きますねヽ(≧∀≦)ノ


よくネットニュースは見るのですが、くだらないサイトのはみません。大手のヤフーか、ダイヤモンド社などです。
他のネットニュースは、何かに誘導させるための記事ばかりですし、ニュースの域ではないですよね。誹謗中傷ばかりで。



ネットを開くと、出てくるダイエットの画像。
うっとおしくないですか?
食わなければ痩せるんじゃないですかね(笑)
女性は太るように作られていますので、仕方ないですよ。
何しに生きているのかと言えば、自分が生きるためと、子孫繁栄のためなんですから。そら普通にしてても太るに決まってます。
愛嬌と、笑顔、清潔感でいくらでもカバーできますよ。




子どもの学力、体力低下。と大々的に言っておきながら、
猛暑で外に出せないように仕向ける記事。
猛暑でも遊べる方法を載せれば?
ゲームの宣伝。 手足を使わない遊びの助長。



子どもが、何かに夢中にならなくても良いと思います。
私たちが子供の頃は、部活だの、なんだのと忙しかったですが今は時代が違ってきています。
中学校の部活も、時間も少なくなっていますし、先生の勤務の件もありますので今までのようにはできません。
子どもが、ぼおーっとしていても、それはそれで良いんですよ。考える時間も、実は必要なんですよ。
心配でしたら時間を計ってみると良いと思います。
親御さんが、目についたときだけぼーっとしているのを、「いつもぼーっとしている」
にしていませんか?

2時間、何もせずにぼーっとすることはないかと思いますが(笑)

子どもは昔から奴隷のように扱われていましたので、今もそういうのを多少引き継いでしまうのですが、そうではないと自分に言い聞かせて悔いのない育児をしましょうね。




次男の音楽隊のお友達の親御さんとのお話で、女の子の鼓笛隊は、親の送迎は禁止、ほぼ鼓笛隊に時間を費やすとの厳しい訓練を受けているとお聴きしました。
おおー素晴らしい。

先日も会場に送っていきましたら、管理人が不在でしてドアに電話番号が書かれていました。
かけるんかなーめんどくさいなーなどと思っていまして (まずここで失格)
そうしたら鼓笛隊の女の子が走ってきました。長男より年下の子っぽいです。

さっと電話をかけて、 「鼓笛隊の○○です!!」 と。

私が 「あ、これから開けてくれるんですかねーーありがとうございますーー」

と、誰かかけてくれるのを待っていたのを三男もわかっていて、クスクス笑っていました(ノ∇≦*)

帰りは、お友達のお母さんとお話もしますので会館をお借りしようと交渉しましから、管理人が居ないのでどうしましょう??
というようなことでした。
皆、はきはき、きりっとしています。そら、鼓笛隊ですから。
小5~結婚するまでくらいですかね。

女性としての愛嬌。も、教育してもらっていると、いいですね
全部女性がしてしまっては、いけないこともあるのです。そういうことも教育してくださると良いですね。


次男と同じグループの新人で、お姉さんが鼓笛隊出身だという子がいます。
遠いのですがずーっと電車などで行き来しているそうです。あ、姉さんが自力で通っていたから、弟もそうなんだ。と解りましたが。しかし同じ腹から生まれても、一人一人違うんですよね。
次男が一度、電車で帰ったことがあるのですが、お友達のお母さんやお父さんに最寄りの駅まで乗せてもらいましたが、その子は断ったそうでした。もちろん中1です。
人に甘える、頼る。ことも重要なレジリエンスなんですけどね。


時代も、違いますね。
私の子どもが女の子でしたら、会場まで30分以内で行けるのでしたら親の送迎禁止でも入れますけど、それ以上かかるのでしたら入れません。

ちなみに、私が居た岐阜も鼓笛隊がありました。
鼓笛隊、入ってみない?と言われましたが、
「ぜってーはいらん」

と断っておきながら、子どもには入るように勧めましたね('◇')ゞ

こういう話、すでに子どもにしているんですよ。子どもは心眼がありますから、取り繕ってもすべて見抜かれます。
人間味のある話をしていくと、視野も広がりますよ。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

人間が育つ敏感期 時代に合った子育て 

2018/05/16 Wed.


どのように育てようが、食わせて寝せれば大きくなりますよね。子どもって。
各家庭の勝手ではありますが。
私は気持ちの良いことばかり書いても仕方がないと思っているので、聞きたくない場合は見ないでくださいね。
するしない、訊く訊かないは個人の自由かなと思っています(^^)


幼児期は手足を大きく使って伸びる時期ですよね。
同時に脳も成長しているということです。

子どもを連れての移動は面倒なこともありますが、いつまでもベビーカーを使っていては足腰は弱りますし、同時に脳の成長もあまりしていません。
逆にそうしないといつまでたっても、どんくさいよく転ぶ子になります。
人込みの中と、公園や自然の中ともちろん対応を分けるのです。

そして自転車は今はあまり使わないかと思います。
就学してから乗れるようになっても遅くはないでしょう。
自分が育ってきた環境とは、今は違うということを、しっかり客観視するのです。

コツは自分がそうだったから。ということで、今の子どもにもそうさせないことですね。
時代が違うんです。

何も、オール5を取るためにそうしたほうが良いと言ってないのですが、普通の成長を望むのであれば、歩調を合わせて一緒に歩き、公園などで大きく体を動かして遊ぶことですよね。自分の足で走って歩くのですよ。

靴も薄手の物が良いです。感覚が解ってない時期なのですから。
痛い、きつい、ゆるい、固い。
当たり前ですが解りやすく子どもは言わないですよ。 
自分の足の動きをしっかり感じながら過ごすから、感覚がしっかり育つのです。
自分の空腹、満腹もわからないまま、小学校に上がる子も今は多そうですね。
健常でも障害でもそう大差ない時代ですね。


そして親御さん自体が少しは危機感を持って生活しないと、何もできるようになりません。
自分のふるまいが、実は周りに嫌われているということもわからないまま、死んでいく人も多いでしょう。


自覚するのです。虐待事件やその他色々もここは多めだ。ということも。それは、親元に居ないから。などという理由ではないですよ。
そんな人は世界中にいくらでもいますから。
子育てに、何か適していない事柄があるということです。それをしっかり見るのです。わからなければ訊く。相談する。同意してくれる人ばかりに聞くことも、第一歩だと思いますからそれでも良いと思いますよ。
精神的に弱いと、同意してくれる人を無意識に選んでキープしておくものですから。

私も弱いですよっ

良いとか悪いではなく、自覚し、認めるのです。そこで、今自分は何ができるか。

それを子どもは見ています。
お母さんは料理がおいしくない、作りたくなさそう、不平不満が多そう、お父さんは○○…などと子どもは言いませんよ。
両親のふるまい、感じ方、価値観、全て真似をして育ちます。
こういうことは私だけではなく、園の先生方や小学校の先生方も知っていることです。あえて言ってないだけですよ。
家庭内のことは実は筒抜けです。
外で親御さんの言動を、そっくりに真似していますからね( *´艸`)



今テスト期間で中学校も高校も早く帰りますよね。

自転車の左側通行が守れてない高校生の多い事。
言われてないのでしょうね。事故を起こして今は億単位の損害賠償が請求されることを。
ここで、うちのこ大丈夫かしら??と思った私に近い方は大丈夫だと思います(^^)
私がよく見る子たちは、しっかり左側通行していますよ☆
少し無理してるかな??と思う、あまり私と近くないおうちの子は、疲れ切って左側通行していないところを見たことがあります。
(余計わかりにくいですね

松尾さんにあった事ある~~? と聞いてみれば、あー○○に見たわ。とか言っていれば、あてはまる子たちです



敏感期を過ぎて、精神も成長していなく、犯罪を犯してしまうこともやめてほしいですよね。
100点を取るためではなく、人間として普通に全うできるように育てるために工夫して育てるのですよね。


精神は目に見えませんよ。テストの点数は見えますが。

もちろん、私が完璧だということではありません。
今、何ができるか、自分のふるまいも反省しつつ過ごすようにしています。
子どもも外でどのように生活をしているかわかりませんしね。

楽しみましょうね。
しかし、楽しむためにはいくらかの規制や厳しい事も必要なんです。


edit

CM: 0
TB: --

page top

2019-06