[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 脳科学

保育士のお仕事♪保育するだけじゃない。人間を育てる仕事である 

2017/06/17 Sat.

保育園の0,1,2歳クラスに休み休み通っている、あっという間に健常になってしまった女の子のお話しです。
とりあえず抜粋のみ。加筆修正していきます。



~~~
少しフォローが必要かなと思いましたので、メモりながら過ごしていました。

先に書いたのが、トイレの件で、次に、お絵かきの件ですね。○○ちゃんはご存知きれいな物・・・が好きですので当然色鉛筆なども好きですよね。
それでお絵かきをしないとは・・・初めての挫折でしょうか。

おそらく保育園でのとびぬけて早い絵(年齢より)を描ける子への、大人の反応でしょうか。
それは、やはり大人がスゴイとしか言わないからかわかりませんが、自分と比べているかもしれませんね。スゴイ=良いこと
しかし、おそらく実は、

「そのおうちの親御さんが教えて描いている」

のだと、思います(;^ω^)
それはそれで良いのですが、こういうのは教えて描けるようにするものではないですよね。お母さんもご存知の通り。


「顔が描けるくらい、大したことじゃない。○○ちゃんのかく絵も、すごく立派だ。」
「その子はたぶん、教えられてできるようになったのだと思うよ。教えてできるようになるなんて、その子がかわいそうなんだけどね・・・」
「絵は、不正解はない。どれも素晴らしい大作なのだ」


ということを徐々に伝えていくと良いですね。1と2番目は、絶対に保育園の中では言ったらだめ。ということも、伝えないといけないです。


「周りがすごいすごいというのは、顔や人が描けるようになるのが大体、5~6歳だからなんだよ。みんながみんなそうじゃないけどね。でも教えてもないのに、○○ちゃんは2歳でこの前、顔をかけていたじゃない。それこそ、めっちゃスゴイことだよね。」


ということも、時を見て教えてあげてください。

今言いやすいのは、どんなに保育園の先生がスゴイといえども、絵に甲乙はない、不正解はない。ということですね。
ママもパパもそう思っているし、さくらいちごの先生もそう言っている。と、味方はたくさんいるよと。


まあ、違う理由であるかもしれませんが、おうちではどんどん描けるようにしてあげてくださいね。
保育園で、顔の書き方を教えているということはないですよね?その点も気になりました。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

人と対話するということ 

2017/02/09 Thu.

人間同士のコミュニケーションで、一番難しいことってご存知ですか?(お前がいうな)

それは、
「相手の話をしっかり聴き、相手がどういう基準で何を望んでいるのか、洞察しながら言語を使う」

ことです。

自分の言いたい事だけを言うのは、誰でもできることです。
自分の価値基準でしか考えることができないと、それはコミュニケーションではありませんよね。一方的に押し付けているだけです。

自分の価値が、相手も同じ価値だとは限らないですよね。よく考えてみればわかることですが。

”経験値” も関係してきますが。


何不自由ない生活を続けていると理解できないでしょうけどね。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

子どもは裏切らない 初語を聞ける特権♪ 

2016/03/20 Sun.

サボタージュブログになってきました(;^ω^)
そのうち詳しいことも書きますね


子どもは裏切りませんね。私がこんなに子どもが好きになるとは思ってもみませんでした。
もともと私は一人っ子で年上や下のお世話もしたことがなく、子どもは未知の存在でどちらかというと苦手でした

人生何があるかわかりませんからね。

子どもは裏切りませんからそこも好きですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
今小6の知り合いの子が、1年生のとき、一人で親御さんを待っていたので、アイスでも食べて一緒に待っていようか?
と声をかけただけで、今でも私がいると必ず手を振ってくれたり挨拶しますよ(^^)てか、たくさんの大人の中で私に一番に挨拶してくれるんです。
近い知り合いではないのですが。アイスもいらない・・・とのことで食べていません(^^)

最近知り合った子どもの友達でも、子どもは呼び捨てにして話しかけてあげると喜ぶのでそうしていたら、その子もたくさんいる大人の中で私に一番に手を振ってくれますよ(^^)

また、子どもは意地悪な大人は見分けます。

子どものため・・・を思って、演技でも明るい大人を目指しましょうね。
見破られるようなへたくそな演技ではありませんよ。”育自”でもありますからね(^^)



”言葉が出ない”  ”明らかに遅れている”
子らと関わらせていただいてます。
そういう子らが、話し出す瞬間はとてもうれしいですね♡

私が気を付けていることは、言語訓練をする時期です。
そういう時期でないときは、言葉が明らかに遅れていても言語訓練はしません。
何でも適している時期があるのです。臨界期ともいいますね。

私は臨界期が予測できるのですが親御さんにそれが中々伝わらないようで、親御さんは話し出すまで不安のようです。
その辺をどう伝えるか・・・が課題です。そして眠くなる・・・

ほかりっぱなしの絵カード・・・も、時期が来るまで箱に入れっぱなしです
また、名詞から教えません。
どちらかというと動詞や挨拶から教えます。
その方が話しやすいようです。
そのうち詳しく書きますね(;^ω^)

結局、話すべき時期に話さないと、発音が悪くなります。
発音をきちんとできるようにする、言語訓練はどのみち必要になる感じです。
そういったことも遊びながら習得できますけどね。

頑張りましょうね(^^)





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

大自然と自尊心 

2015/10/04 Sun.

出典: http://bizlady.jp

「自分なんてダメだ……」。ある日、子どもがクヨクヨと悩み始めたらどうしますか? 思春期は自我や、友達や先生からの評価がドロドロと織り交ざった特別な時期。昔、「私なんて……」な心理状態に陥った経験を持つ方も決して少なくないでしょう。

とはいえ、「子どもには、できるだけ自己肯定感を強く持ってほしい」というのが多くの親の願い。

思春期に折れない心を育むために、働くパパやママは子どもが幼少期の頃からどのようなサポートができるのでしょうか。国立青少年教育振興機構の調査から、ある“大切なこと”が明らかになりました。



■子どもには多くの体験が必要

調査は、日本、アメリカ、中国、韓国の高校生に対して行われ、4か国に共通する結果が……。

それは、「アウトドア活動や虫を捕ったり、農作業を体験したりするなど、自然体験を多くしたものは、自尊感情が高い」というもの。

自然体験を多くしたグループでは、“自尊感情が高い生徒”が4か国平均で38.9%だったのに対し、自然体験が少ないグループでは、13.3%と3倍近い格差が見られました。

まさに今は、アウトドアに適した季節。自然に囲まれながらとりたての芋や生野菜を調理したり、みんなで協力して片づけたり、自然に溶け込んで遊ぶことは、子どもの心に良い影響を与えるようです。



■それでも深刻な日本の子どもの“自尊感情の低さ”

とはいえ、同調査では気になる結果も……。4か国の自尊感情を比較すると、日本の高校生の自尊感情が他国と比較して著しく低いのです。

日本の自然体験を多くしたグループは、1,844人中168人で、自尊感情が高い生徒の割合は、16.1%。残り1,676人の自尊感情が高い生徒の割合はなんと4%を切っています。計算したところ、4か国の高校生、合計7,645人の平均は20%程度ですから、日本の高校生の自尊感情の低さは深刻です。

“テストの点数”や“特定のスポーツが得意かどうか”“活発かどうか”が評価の大きなポイントとなることの多い日本の学校では、どうしても自信や居場所をなくしてしまう子どももいます。

そのため幼少期からアウトドアに限らず、課外活動や子どもの遊び場で大人からの評価から自由になって、いろんな体験を積んでおくことは自分に自信を持つきっかけになるのかもしれませんね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

幼児期の全能力 

2015/05/11 Mon.

サボタージュブログへようこそ


ネットニュースにて、回る遊具をどんどん撤去していっている・・・ということが出ていましたね。


智原教授は
「幼いうちは特定のスポーツより、たくさんの屋外遊びを経験させた方が子どものためになります」
と強調する。



だそうです


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

営業の模範は? 

2014/04/18 Fri.

それは・・・
詐欺 です

振り込め詐欺やオレオレなどニュースやTVで騙されないようにとやっていますよね。
その手口って営業の模範だなあ~といつも思います。
もちろん犯罪はいけません。

それだけのノウハウがあるのであれば、どうして正規の営業につかないのだろう?といつも思います 笑
一般の営業顔負けですよね。

私は以前販売の仕事をしていましたので、基本のきであることも取り入れていますし、この人たちが営業に出ればかなり良い成績をあげるのではないですかね。
電話作戦にしろ、基本は数をこなすことですからね。
それからターゲットを絞ることなのです。

やはり犯罪者は自尊心が低いのでしょうか。
こういう人らを犯罪を犯す前に更生させ、営業にさせれば景気も上がったりして。


なので・・・情報はダダ漏れしているということを念頭においておくことが騙されない第一かも、しれません。
なんで知っているの?
ではなく。

私も楽天などでよく買い物をしますがなぜか以前購入したことのある、似たような商品が広告欄に掲載されていたりしますね。
ログインしていないときは、食品や日用品が広告欄にあります。主婦というくくりでしょうね。
私が何をどのくらい買い、嗜好なども把握されているのでしょう。


くだらない話でした。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

ニュースを子どもに見せれない 

2014/04/16 Wed.

報道の自由ではありますが、報道の仕方に意図が見え隠れして、見たくありませんし見せたくないです。
うちはニュースなどもあまり見せません。

しかし生きているといろんな人間がいますし、鬱の人も増えているので子どもらも出先で支離滅裂に怒られることもありますから、十分社会勉強にはなっています
こういう場面で親がどういう話にもっていくか・・・?
が重要なのですけどね。


「入学式に休んだ件」
保護者・教師というより、
今まで自分の子どもの入学式より仕事をきっちりこなしてきた先生方がどう思うか・・・・ですね。


バトルをさせるために話題にしている記事が多いな~~と思います。

実際殺人事件や虐待などは減っているのですからね。
昔はよかったのではなく、昔は野放しだっただけです。

結局先祖代々受け継がれているので、断ち切らないことには子育てすら楽しめません。
自分は違うわ?
などと思っていても、同じ血が流れているものです。






edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~ 

2013/12/18 Wed.

ぜひ男性にも読んで頂きたいです。

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期 と 生まれ変わり再創造する時期 1

虹色教室通信から

「健常の子にしても、自閉っ子にしても、
成長の一過程で、それまでの自分の生き方や考え方を全て帳消しにして、
生まれ変わって新しい自分を創りだしていこうとするような時期があります。
 
たいていそれは攻撃的で破壊的な衝動から始まって、
それが物に向かえば、何から何まで徹底して破壊しつくさないと気がすまないような行動になるし、
人に向かえば、親や先生への口答えや無視や友だちへの執拗な攻撃となります。
 
そうした破壊への衝動は、
同時に新しく生まれ変わり、自分や生き方を再創造することとセットになってもいます。
 
新しいより良い自分となり、より精神的に成長した状態で人との関係を作りなおし、
自分の人生を自分の手で創造しなおそうというテーマを帯びた
めちゃくちゃさでもあるのです。
 
さまざまな子どもたちと接していると、また自分の子を大きくなるまで育ててみると、
どんなに素直で物分かりのいい子にも、表現の仕方こそいろいろあれ、
必ずそうした破壊の衝動が強くなる時期があるな、と感じています。
 
思春期のそれは、誰もが承知しているでしょうが、
それ以外の時期にも、子どもは何度もプチ思春期みたいな時期を通って成長していくことは、
さまざまな年齢の子に関わっている方や
成人するくらいの年齢まで子育て経験がある方なら、「あるある~」とうなずくことのひとつ
ではないでしょうか。
以前、親しくしていた児童館の館長さんは、「この頃の小学生は、おもちゃで遊ぶのでなく、
おもちゃを壊したり、めちゃくちゃにするような遊び方にしか興味がない。
遊んでいて壊れるのではなく、どの子もどの子も
遊びの目的が破壊することにしかないのはどうしたものか……」と嘆いておられました。
 
 
最近では幼稚園のように幼児の過ごす場で、
そうした衝動を、疲れきるまでめちゃくちゃに遊ぶとか、一日中どろんこ遊びをするとか、
友だちと衝突したりすることで、
小出しにして解消することができなくなっています。
どこの幼稚園もカリキュラム満載で、そうした自然な衝動を、ごまかしたり、抑え込んだり、
動物でも調教するように大人の指示で動かし続けたりしています。
とにかく幼児の集うところは、大人受けのいい場になっているのです。
 
その影響か、一昔前なら幼児期のめちゃくちゃさが一段落してくるはずの就学時期に
この「とことんまでめちゃくちゃにしたい」という衝動が高まり始める(それまでの)おりこうさんたちが
多くなってきているな~と感じています。
 
また、魔の2歳児と呼ばれる時期に大人の言葉での説得を素直に受け入れ過ぎてきた子が、
4,5歳で、自分を成長させてくれるような場や人と関わるようになると、
そうした衝動が急に激しくなるのもよく見聞きすることです。
 
この「めちゃくちゃにしてしまいたい」という衝動は、
物を壊すような目に見える破壊行為だけではなく、
ひとりの子をターゲットにして無視したり、陰口を叩いていじめるような、
外からは見えにくい形で表現されることもあります。
 
子どもと関わる仕事についている方々や長年子どもと関わるボランティアを続けている方々と
話しをしていると、
破壊衝動を持つ時期があること自体は、昔も今も変わらなくても、
その時期のこじれ方と、その後の精神的な成長を諦めてしまう姿には大きな違いを感じます。
 
これから新学期ですよね。
子どもたちにそうした破壊的な衝動の高まりが見られた場合、
それをどのように成長と創造につなげていくか、
大人の姿が問われるのではないでしょうか。
 
 
次回に続きます。」
 

「よくあるご質問♪」
「見学・予約の流れについて」
「さくらいちご教室のご案内」
「療育ブログです♪」



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

発達障がいと舌癒着症 

2013/09/26 Thu.

舌癒着に関しては、生まれた直後に診察されるものと思っていたのですが、地域により違うようです。
癒着していても何もしなくて良いと言われる所もあるとかないとか・・・

舌癒着症と言えば、良く知られているのは母乳を飲むことがうまくできないとのことですね。
出産後退院するまでの1週間で大体は飲むことも上手になっているはずですが(1か月くらいかかる子もいる)まずそこで気づくはずですよね。
もしかしたら、母乳を推進していない産院だと何も言われず気づかず・・・かもしれません。

「外科で治せることは、治さないと

さくらいちご教室では、外科で治せない事を時間をかけてじっくり教育しているのです。
医療機関へ・・・治せることを放置して、外科で治せない事を増やさないでください。


民間の療育施設は、しっかりした所でもお値段がものすご~く高かったり、公的な所だと結果がいまいちだったり・・・しますよね。どこもこんな教育はしていないから、値段も抑えやっているのです。補助金も断られ


舌癒着症の症状としては、
・舌の位置や状態が悪いので呼吸がしづらい
  ↓
母乳が飲みにくい
  ↓
酸素確保のため、動き回る
  ↓
呼吸が常にきついので精神的に余裕がない
  ↓
母親との初期のコミュニケーションが取れない
  ↓
子どもは胎児期から母親とのコミュニケーションで社会性を学んで行きます。
当たり前と言われることが、舌癒着症があるとできなくなります。
その結果、2~3歳になってコミュニケーションが正常にならなくて気づくケースも多々あると思います。

そのほかも様々な症状があります。

母乳が飲めない
  ↓
曲線に合わせて成長しているなら心配ないですが、栄養不良でも発達障がいは引き起こします。


後天的に自閉症にしていると思えて仕方がありません。
脳がだんだん決まってくる3歳6歳までそのまま様子を見てしまったら、その子自身も支える方も、大変ですよね。


自閉症に関しては、先天性のものは遺伝的なものも大きいと思います。
自閉症児は舌癒着症であると言われていますが、遺伝は変えられないかな・・・とは思いますが、教育と環境次第でいい方向に行けると思います。でも息を吸いやすくするだけでも助けてあげる事ですね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 脳科学

語彙力 子どもの長所を見つける 

2013/04/13 Sat.

三男は、初めから言葉の発達が良かったのですが、そのまま成長するとも思っていませんでした。
今は、5才4か月ですが
「滑舌が良い」
状態です。表現力が乏しい私

にほんごであそぼの子どころではない感じです。

デメリットは、余計な事を他人の前で滑舌良くしゃべるものですから、そういうしつけを先にしないといけなかったことです。自閉圏内の子の雰囲気が読めないこととは違うのです。

上の子2人には無かったことなので

最近驚いたのは、ごっこ遊びで
「○○研究所」などと言っていたことです。

そんな言葉は長男でもまだ使わないですし、私も使わないですし、おそらく長男の友達からの情報かな・・・とは思いますが、言葉の習得がとても早いのです。一言きいただけで、自分のものにできる長所。

非科学的ですが、やはり妊娠中に話していたことや、生まれてもすぐに話しながら育てていたことにも、関係しているかもしれません。こういうのは女しかわかりませんね。

こんな、言葉のやり取りがやりやすい子は低年齢でも、子育てのしんどさは軽減されるものでしょうね。
ことば一つで癒されますから。


最近は、アンフェアのナレーターのところなどはモノマネで言える状態です。
the unswerファンとかにはたまらないかもしれません。
子ども特有のゆっくりな棒読みではなく、普通にナレーターです
自分でも、カッコイイと思っているようです。。
でもこの年齢で他人に聞かれたら引かれるだろーなーとも思います・・
他には、山路の横着そうな話し方(ボンボンではこういう話方はできないですよね・・)、斉木、安藤、かおるちゃん、小久保あたりがうまいです。

難しい言葉を、すっとまねできるって、すごいな・・・と思います。
上の子二人は教えてもはっきり言えなかったり、使えませんから。
「終息」「占拠」「重要機密」「検挙率」

言葉にすると怖いですね・・・

その子なりの長所が、誰でも色々あるんですよね。
時間に追われた生活をしていると、気づかないかもしれません。
でも、定時になるべく終わる工夫や努力をしたりするのも、仕事の一つでしょうね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-08