[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 幼児教育本の感想

倉橋惣三の本 過去記事です 

2013/02/13 Wed.

幼稚園真諦

倉橋惣三著 柴崎正行解説
倉橋惣三文庫1
津守真・森上史郎 編

フレーベル館

~~~
「従来においては、教育に熱心であるということは、多くは教育目的に熱心であるということであったようです。しかし、今日の教育の考えにおいてはそれに止まらないで、目的と共に対象を重んじてこその熱心であり、対象に忠実であるということが、教育の大切な要諦になってきているのであります。それをもう少し細かに考えると対象の年齢が進んで青年期であることなら、一般に対象に即して考えられていくが、相手が幼児期であるとき、目的の方へひっぱってくるより外仕方がないというふうに考えられたりします。しかし、それは全く逆でありますまいか。相手が幼ければ幼いほど、対象の方へこっちから手を伸べていくのでなければならないのではありますまいか。」


「何も庭へ(外へ)出すばかりがいいのじゃないが、子どもが自分の生活を先生の指導計画で指導される前に、いわんや教育される前に、先ず自己充実の一ぱいに出来る自己の天地をもち得るように、幼稚園でも十分迎えてやりたいものです。これが保育法の真諦の全部ではありませんが、少なくともこういうところに出発点を置くべきではないでしょうか。子供の襟がみをつかまえて、お前は幼稚園へ保育されにきたんだろう。さあ来い来たれ、保育してやるから覚悟しろと、あの大江山の鬼のようなことは止めまして、もう少し可愛い子供たちが自然のまま遊んでいる中に、いつのまにかするすると教育に入らせるようにする工夫はないものでしょうか。そのくらいの思いやりを子供にしなければ、この道のくろうととは言えませんね。少なくとも新しいくろうととは言えません。いわんやこの道の達人とは、言えますまい。」


これは、幼児の特別支援教育に携わっている人にも言えることと思います。
椅子に座ることが目的なのか、その子の気持ちを理解したことが一回でもあるのか、自分は何様なのか、上から目線は障害児や幼児はすぐに見抜きます。

斜め読みでさえ、心に残った箇所が沢山ありました。じっくり読んでみたいです。
今は子供を自然に育てる環境が整っているようで整っていないので、難しいですが、自分に出来ることはやっていこうと思いました。
「大人が育てやすい環境」
「儲かる育児産業」
だけにはなっているかなとも思いますが。
うちの子どもが運動能力がある・読み書きなど早い・のではなく、他の子どもも本来はそれくらいの能力はもっていて、でも、出さずじまい・になっているだけかな・と思っています。原因もさまざまだし、子供の能力もさまざまだと思います。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 幼児教育本の感想

倉橋惣三の本 ② 過去記事です 

2013/02/13 Wed.

幼稚園雑草(上)

倉橋惣三著
倉橋惣三文庫⑤
津守真・森上史郎編
フレーベル館

「幼稚園へ来る位の小さな子供は、あるいは叱ったりあるいは抑え付けたりして、こちらで思う通りのものに据え上げようとすればこれも必ずしも出来ないことではない。しかし植木屋によって無理に枝をまげられたり、矯められたりした植木が、ちょっと見ては面白く盆栽として人にめずらしがられ、床の間に置かれたり、飾りものにされたりすることはあっても、それはもうそれきりであって、それ以上伸びもしなければ発達も止まってしまう。小さい子供もこういう目にあうことは決して幸せとは言えないのであります。それならば、子供にとって本当の幸せとはどういうことかといえば、出来るだけのびのびした自然の発達を遂げさしてもらうことである。
~~~
身体を十分に発達させるにはどうしたらいいかといえば、手をとり足をとって飴のようにひきのばすわけにはいかない。それには子供を十分広いところで運動させるより外はない。元来人間の身体殊に子供の身体はじっとしていることが嫌いであって、運動を求めているのである。その求めている運動をさせずに置けば、身体は次第に衰弱する。その求めている運動をさせてやれば、身体は発達するということになる。これは格別説明するまでもない。

~~~
心は身体と同じようにあるいは身体よりももっと以上に、じっとしていることが嫌いであって、常に動き、働き、活動を求めているのである。この活動を押さえつけて働かさなければ心は次第にいじけてしまう。この活動に満足を与えていけば次から次へと活動して、いくらでも心が伸びてゆくのです。」


やはり昔から子供のアウトプットだけ期待したり子供の心まで満足させるということはあまりなかったようですね。
私も全く同じ考えで共感できます。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 幼児教育本の感想

ユング、モンテッソーリ教育の書籍、フロイト 

2011/09/18 Sun.

「フロイトからユングへ」
「フロイト」

「自閉症なんか怖くない」
あとはモンテッソーリ教育に関する本を借りてきました。

昨日は結構時間もあったのですがいいTVやってましたもんね、、、アンフェア。
録画できないのでしっかりみときました。のでまだ詳しく読めてませんが、、、


モンテッソーリ教育では、あんな以前から、0-6歳までの敏感期について触れていたのですね。
何だかこのブログはパクリみたいですね、、
子育て前に、読んでおかなくて、良かったなとは思いました。
沢山の敏感期に反応しすぎるか、「目と手を使う」といわれても、その事ばかり考えてしまうでしょうから、、。
ボタンかけとか子育て前だとありきたりな事しか浮かばないですね。
子供と沢山関わるうちに色々わかってくるのですから。

カードゲーム、工作、ままごと、砂金集め、フツーの生活の中で、目と手を協応することは、沢山あります。

読んだけど、各敏感期について、覚えておく必要は私にはありません。自然で、いいじゃないですか。

性格タイプでは、無理に当てはめないでいいと書かれていました。
長男は、外向感情型タイプでした。
あらら、私の反対か、、、社会で一番成功するタイプかなと思います。なので少し安心。

問題は成人するまでの、父親とのトラブルをどうさけるか。
めっきり、土日は外出以外は、DVDを見せて父親との接触をさける日々で、とても嫌。
殆ど自閉症、長男の症状について、理解しない。
かといって、食事はみんなでしたい、自分は胃下垂のくせにまわりに沢山食べるように仕向ける、沢山食べないと機嫌が悪くなる。長男は、自閉症の症状、いきなりメニューが変わったら機嫌が悪くなる。その反応に一々キレる。

外遊びは人混みばかりいきたがる。周りに子育てもしている父親だと感心してもらいたいんだろう。
海へいくとすぐ帰りたがる。長男の言い方、ご存知それにまたキレる。かといって、別行動をすると、嫌がる。一緒にいたいという、すごくやりにくい。口がさけても、一緒に居たいなんて言わない。私が察する以外方法はない。すごく居づらい人。私だけだったらいいが、子供の成長の阻害にはしたくない。
以前はすぐ手が出ていた。


自閉症の本には
「彼らは、本当に動けないからさっさとできない。起きれない、ゆっくりしか、ご飯が食べれない。それに加え、薄笑いを浮かべたりする。昼、夜はガツガツ食べるもんだから、怠けにどうしても見えてしまう」
と書かれ、
一番わかりやすいなと思いました。体を、思いどうりに動かせない気持ちをわからないと。
当事者でもなく、客観的によく観察されて、わかりやすい表現なので、じっくり読んでみたいです。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 幼児教育本の感想

幼児教育本を読んで思う事 ② 

2011/09/05 Mon.

子供らをスイミングに放り込んで一人の時間ができた時に、また立ち読みしてきました。

やっと、台風一過で雨もやみました・・・。
実はあの暴風の日も、夕方アスレチックのある森に行きました。ずっと家にいると余計しんどいのは、うちだけでしょうか・・・または主人がいても子守が下手だとか、要因があるのでしょうか。
私は、そんなに田舎出身でもないので、暴風の山は怖いですね・・・でも子供らは汗だくになって遊んでいました・・・飛ばされるほどの暴風でもなかったのでね。

教育本・・「男の子の育て方」みたいなのが、多いんですね!
私は、、何をそんなに悩む事があるのだろう⁈と思いますけど・・・需要があるから、あるんですもんね。

横峯式のシリーズが沢山あるんですね。
幼稚園をやっているからか、「わざわざ3才くらいから読み書き計算」
まで、教える時間を作っているのですね・・・

わざわざ幼稚園で、やったほうがいいのでしょうか・・・幼稚園としてのサービスか・・・
それが良いのか、まだわからないです。うちはわざわざ教えていませんが、次男は、1年先取り(考える力プラス)を今年からしています。
6才までに、「読み書き・ちょっとした計算」は習得していたということ。

3才すぎたあたりから、看板や、TV、絵本の文字を
「これ何て読むの?」と聞くようになり、それに答えていただけです。
いつ書き出したのか、忘れましたが・・・
家には、自由にお絵かきできるようにはしてあるので、(100円ペンセットとか、幼稚園を真似てクレヨンも用意しましたが、クレヨンは太いので嫌いだそうです・・・)書きたい時に書いていたのかな?

三男も、同様です。

別の本・・
「男の子の衝動は、抑えてはいけない」
そらそーだ・・・放任でもなく、ここでも、「自由に遊ぶ重要性」が大切ということですね。
抑え込もうとすると、多動っぽくみえるときがあると思います。私も、そういう時期はありましたから。悩みはしませんでしたが、それがしつけだ・衝動性みたいなのは、誰もが通る道だ・と思っていましたが、違うようです。

「十分一緒に楽しく遊んで、共有共感し、その子が満足したとき」
は、たとえ2才でも、いうこと聞いてくれ、2才ではタイムリミットはありますが、静かにしないといけない場所でも静かにできるのだと、思います。
満足する遊びの時間も、5時間も6時間も!なんてそんな長くないと思いますのでぜひ体感を。
これも場所が重要で、ごちゃごちゃしたテーマパークはダメですね。
「ぶつけちゃだめ」「順番よ」ダメダメいわないといけないので、とても遊んだうちに入らない。大人は遊んだ感じはしますが。こんなとこで順番教えなくても、わかるようになりますから。

閑散とした公園・県民の森みたいなとこ・でしょうね。遊具がなくても、友達がいなくても、良いんです。子供が遊具がほしいというのなら、親御さんがそうさせた・と思うべきでしょう。都会の方は場所選びは難しいでしょうが。。。

5~6才になると、友達同士で遊べますし、大人なしのほうがいい時もありますから、場所をわざわざ選ぶ負担は減るかと思います。友達さえいれば、どんな場所でも豊かな遊びになったりします。でも、まだまだ自由度が高い遊びは重要な時期だと思います。

こういう本も、上手に利用しないといけませんね。時間があっても、あまり読まないほうがよかったりして・・・
私は、読む時間もありませんでしたが、それでよかったな・と思う時があります。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 幼児教育本の感想

幼児教育本を読んで思う事 

2011/09/03 Sat.

台風で、外遊びは危険なので長男と立ち読みしてきました。次男らは主人に任せ別行動。
だから、図書館に行きたかったのだけど長男が
「新しい本が見たい」とのことで本屋へ、、、
贅沢世代に育つ長男。。。

ある横峯式の本、、、納得いかなかったのは
「男の子は宇宙人」失礼すぎる、、、ま、ギャグでしょうが、子供を、一段上から見ているようで、嫌な表現ですね。私は、男の子の気持ちしか、わからないですけど。
母親は、女だから、気持ちや遊び方がわからないんだそうです。では私みたいに年がら年中外で遊んできた母は??

「男の子は甘えさせない」
男の子に限定する意味がわからない。でも、父親の役割だな、ということでは納得いきます。母は、しっかり安全地帯でいるということならOKですが両親揃って甘えさせないのはどうかなと。
なので、女の子は、誰でも立派に育てることができるそう。そおかな~?
女の子は、「大人が喜ぶ行動をしてくれる時が多い」ですもんね。


「就学までに3000冊をよむ」
又数字だけが一人歩きしてしまう。何の為に読むのかを書かないと。
ギネスに載せるため?子供を健やかに育てるため?

「障害をもった子供が一番やりがいがある」
名誉、成果の為に受け入れたいのかと思う。あとは納得できました。ただ、その子その子で違うから、全員できるように目指すというところは園の方針と読む側がちゃんと理解したほうがいいですね。

また、アスリートの本では、延々と書かれていますがどうして運動神経は6才までが重要ということを書かないのかなと思いました。6才すぎてももちろん努力は報われると思います。
自分で実践しないとやっぱり仮説状態なんでしょうか。

別の本
「子供が主役の日をつくる」
幼児期は毎日が当たり前だと思っていましたが、、、仕事をしている母に向けていっているのか、不明。
うちは、日中は子供が主役です。あとの半日は手伝ってもらったり、従ってもらうという生活でその手伝いが、モンテッソーリのお仕事に当たるかもしれません。

要は、しっかり子供が主役になっているから、お仕事、(お母さんのいうこと)もしっかり聞いてくれるんでしょ。

ウル覚えの事ですが、運動神経の発達は小脳であり、その小脳の発達が6才までが敏感期だそうです。6才あたりが臨界期ということ。発達障害では、小脳の発達が良くないと言われていますがやはり不器用な事と関係していますね。

自分の子供を見てきて、それは習い事で発達できるものではなさそうです。
1才児のお散歩、、、すぐ立ち止まり、アリを見続ける。追いかける、つかむ、散歩っぽくない。

2才児、、、、、、、手すりがあるとぶら下がる、登る、登った所からジャンプ、水たまりへダッシュ

3才児、、、、、、、以下同文 だんだんハード
以外と女の子も好むのも知っています。
ボール、バット、フリスビー、なわとび、バトミントンなどは常備です。あとは自由に遊べる場所があればこれで十分じゃないでしょうか。この道具も、好きなように使わせます。こうしていくと、6才になる頃にはどうなるでしょうかね。



edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-08