FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: さくらいちご幼児教室の様子

パソコンが壊れてます アドレス変更 

2019/11/01 Fri.

PCが壊れていますので、メールはこちらにお願いいたします。


sakuraicigo01@gmail.com

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

主要記事 

2019/10/21 Mon.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する ~虹色教室通信から~

多くの人に読んでいただきたいです2 政治と社会システムについて

多くの人に読んでいただきたい記事です1 愛着形成について~虹色教室通信から~

子どもの本当の自由遊びについて 運動能力 学習能力 社会性1

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~

現代に足らない教育 ① ~虹色教室通信から~

現代に足りない教育2 ~虹色教室通信から~


自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育
関連記事

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 療育方法

切り札を大切にしておく 性教育 

2018/11/24 Sat.

ある映画をレンタルして子どもらと観ました。

最近の流行りなのか、好きと告白したとたん、たまたま相手もOKしたのですが、それからいきなりキスをするのです。

「もしママがこのような状況になったら、キスをすると思う?」


子 「しない」


「そうだよね。何でこの状況でキスなんかせないかんの?ばかみたい」


子  「

その後は色々詳しいことを言い、覚えておくようにと伝えました。


女性は、きちんとエスコートされてからしか触らせたらいけないんです。
色々なデートに連れていってもらい、食事をご馳走になって、色々してもらい、最低でも3年ほどそうさせてあげるのです。

1度や2度、ご飯を食べたくらいでもちろんキスもいけませんよね。

物で換算するということではないのです。また、見返りを期待しながら過ごすことでもないんです。


あまり詳しくかけませんが男女の幸せとはそういう法則になっているのです。

それをしないから、幸せとはほど遠くなるのです。
また面白い記事を書いていきますね。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-12