FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

主要記事 

2018/10/21 Sun.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する ~虹色教室通信から~

多くの人に読んでいただきたいです2 政治と社会システムについて

多くの人に読んでいただきたい記事です1 愛着形成について~虹色教室通信から~

子どもの本当の自由遊びについて 運動能力 学習能力 社会性1

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~

現代に足らない教育 ① ~虹色教室通信から~

現代に足りない教育2 ~虹色教室通信から~


自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育
関連記事

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 教育観

あなたの知らない世界 

2018/08/08 Wed.

次男の音楽隊の話です。
創価中部ファーストスターズ と言います


愛知の音楽隊は、このブラスバンドのほかに、吹奏楽、合唱団などもあります。あと忘れました。


F、Sだけ、楽器は池田先生のポケットマネーで買ってもらったそうです。
もちものは次男はトランペットですが、他には教材、音楽隊の教材、自分の勉強道具、水筒、弁当、着替え、などがあります。
10時から21時まで、楽器の練習はもちろん、動きもありますので全身汗だくだそうです。ちなみに動きは一人一人丸暗記だそうです。そら暗記しないと動けないですから。
今は、4年前ほどに音楽隊も使えるような、会館ができましたからそこで練習できるのですが、そこがなければ、
「名城公園」 が練習場所ですよ。   気温39度で練習してみてね♡
今は、そこが使えない時のみ、他で練習になりますが。

会合っぽい日はあまりないそうです。

重さを計ってみましたら、8キロほどになりました。

その楽器をもし無くしたり、破損したりしたら、東京の音楽隊の隊長のところまで行き、謝罪するそうです。
その前に、愛知のリーダー陣にど叱られるそうです。

基本、「一人の悩みは皆の悩み、どんな状況でも皆で乗り越えていこう」

という、友人以上の関係です。見ればわかりますが。


全体で60人ほどで構成されているので、一人が欠けることができないようです。
この辺は私は音楽家ではないので、訊かないとわからないことでした。団長にも色々話を聞いて、知った事です。

いつも早く帰る新人が、いざ楽器を忘れて帰ったそうです。
気付いた時点で、再度会館に呼び出されて、ど叱られたそうです。それを次男は見ていましたので、気を付けるかと思います。
早く帰る事を知っていて、でも呼ばれる。
感謝。を教えてもらっているのでしょうね。

そして早く帰る事は団体には迷惑。にもなるのでしょう。
リーダーが、 「俺が○○まで送ってくから、20:30までやってけ!」

と言われていたそうです。

皆、ぎりぎりいっぱいいっぱいで取り組んでいるのでしょうね。
実際、団長も土曜は仕事だそうで、夜、駆け付けるそうです。
金管楽器のリーダーの方も、土日、仕事の時もあるようで、日曜の21時ころ駆けつけているときもあるそうです。

普通、わざわざ終わる時間に駆けつけませんよね。家に帰りますよね。
私だったらぜってー帰る。なんちって。


私の人生も、考えさせられますね。
人生ごと、考えさせられます。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

矛盾 

2018/08/05 Sun.


子どもらも家に居ない時間が多くなり、待っているしかすることもありませんから、冷えた部屋でお昼寝もし、かき氷をたくさん食べ(不健康)、元気いっぱいになりましたので時間までかけるだけ記事を書きますねヽ(≧∀≦)ノ


よくネットニュースは見るのですが、くだらないサイトのはみません。大手のヤフーか、ダイヤモンド社などです。
他のネットニュースは、何かに誘導させるための記事ばかりですし、ニュースの域ではないですよね。誹謗中傷ばかりで。



ネットを開くと、出てくるダイエットの画像。
うっとおしくないですか?
食わなければ痩せるんじゃないですかね(笑)
女性は太るように作られていますので、仕方ないですよ。
何しに生きているのかと言えば、自分が生きるためと、子孫繁栄のためなんですから。そら普通にしてても太るに決まってます。
愛嬌と、笑顔、清潔感でいくらでもカバーできますよ。




子どもの学力、体力低下。と大々的に言っておきながら、
猛暑で外に出せないように仕向ける記事。
猛暑でも遊べる方法を載せれば?
ゲームの宣伝。 手足を使わない遊びの助長。



子どもが、何かに夢中にならなくても良いと思います。
私たちが子供の頃は、部活だの、なんだのと忙しかったですが今は時代が違ってきています。
中学校の部活も、時間も少なくなっていますし、先生の勤務の件もありますので今までのようにはできません。
子どもが、ぼおーっとしていても、それはそれで良いんですよ。考える時間も、実は必要なんですよ。
心配でしたら時間を計ってみると良いと思います。
親御さんが、目についたときだけぼーっとしているのを、「いつもぼーっとしている」
にしていませんか?

2時間、何もせずにぼーっとすることはないかと思いますが(笑)

子どもは昔から奴隷のように扱われていましたので、今もそういうのを多少引き継いでしまうのですが、そうではないと自分に言い聞かせて悔いのない育児をしましょうね。




次男の音楽隊のお友達の親御さんとのお話で、女の子の鼓笛隊は、親の送迎は禁止、ほぼ鼓笛隊に時間を費やすとの厳しい訓練を受けているとお聴きしました。
おおー素晴らしい。

先日も会場に送っていきましたら、管理人が不在でしてドアに電話番号が書かれていました。
かけるんかなーめんどくさいなーなどと思っていまして (まずここで失格)
そうしたら鼓笛隊の女の子が走ってきました。長男より年下の子っぽいです。

さっと電話をかけて、 「鼓笛隊の○○です!!」 と。

私が 「あ、これから開けてくれるんですかねーーありがとうございますーー」

と、誰かかけてくれるのを待っていたのを三男もわかっていて、クスクス笑っていました(ノ∇≦*)

帰りは、お友達のお母さんとお話もしますので会館をお借りしようと交渉しましから、管理人が居ないのでどうしましょう??
というようなことでした。
皆、はきはき、きりっとしています。そら、鼓笛隊ですから。
小5~結婚するまでくらいですかね。

女性としての愛嬌。も、教育してもらっていると、いいですね
全部女性がしてしまっては、いけないこともあるのです。そういうことも教育してくださると良いですね。


次男と同じグループの新人で、お姉さんが鼓笛隊出身だという子がいます。
遠いのですがずーっと電車などで行き来しているそうです。あ、姉さんが自力で通っていたから、弟もそうなんだ。と解りましたが。しかし同じ腹から生まれても、一人一人違うんですよね。
次男が一度、電車で帰ったことがあるのですが、お友達のお母さんやお父さんに最寄りの駅まで乗せてもらいましたが、その子は断ったそうでした。もちろん中1です。
人に甘える、頼る。ことも重要なレジリエンスなんですけどね。


時代も、違いますね。
私の子どもが女の子でしたら、会場まで30分以内で行けるのでしたら親の送迎禁止でも入れますけど、それ以上かかるのでしたら入れません。

ちなみに、私が居た岐阜も鼓笛隊がありました。
鼓笛隊、入ってみない?と言われましたが、
「ぜってーはいらん」

と断っておきながら、子どもには入るように勧めましたね('◇')ゞ

こういう話、すでに子どもにしているんですよ。子どもは心眼がありますから、取り繕ってもすべて見抜かれます。
人間味のある話をしていくと、視野も広がりますよ。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-08