FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

主要記事 

2022/10/21 Fri.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育
関連記事

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

パソコンが壊れてます アドレス変更 

2020/11/01 Sun.

PCが壊れていますので、メールはこちらにお願いいたします。


sakuraicigo01@gmail.com

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 日記

お猿♪ 

2020/03/05 Thu.

猿が下りてきてましたね。

人間で言うと2~3歳くらいの赤ちゃんお猿でも、上手に野菜の泥を取るんですね。
カワイ~
よく見てみると、野菜や果物の取り方がわからなくてウロウロしているだけの赤ちゃんお猿もいました😅
なのでたんぽぽを食べてました
ボスもそれを見て、何も助けてませんでした。猿の世界も大変だ。


次男が野菜嫌いでした。
3歳くらいのとき、赤ちゃんお猿が上手にうちのナスをとって丸かじりしていたので、
「あんな小さな赤ちゃんも、野菜たべてるね。しかも生で」

と食育をしたこともあります。
苦虫を噛み潰したような顔をしていた次男です。


ボスっぽい猿も、とても小柄ですね。
窓から手をふったら、一瞬逃げようとしましたが、留まって監視していました。

中途半端な田舎ほど、生態系を無視して共存を考えませんね。
同じような店ばかり作って、どんどん猿山を崩してるから、人里に下りてくるんですよね。
幸い、近所では猿が下りてきても特に問題にしない家ばかりで良かったですが😃
めちゃきれいに畑をしているおうちも多いのですが、猿に怒ってる所はみたことがありません。
隣のキンカンも毎年落としっぱなしだから、全部取ってけば良いのにね😅


元々そこに、桜町の山に生息していた沢山の群れを駆除したら、その時は人間は良かったと思うかもしれません。(何が良いのか知りませんが)
生態系が狂いますよね。
いずれ自分たちの首を絞めるということですね。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2020-04