自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

主要記事 

2018/10/21 Sun.

自由にさせたからといって、5才や6才になってもむちゃくちゃではない 子どもに芸を仕込むことは誰でもできること では芸達者の弊害は?

教育熱心な人ほど、遊びを軽視する ~虹色教室通信から~

多くの人に読んでいただきたいです2 政治と社会システムについて

多くの人に読んでいただきたい記事です1 愛着形成について~虹色教室通信から~

子どもの本当の自由遊びについて 運動能力 学習能力 社会性1

破壊したい、めちゃくちゃにしたい、という時期と生まれ変わり再創造する時期1~虹色教室通信から~

現代に足らない教育 ① ~虹色教室通信から~

現代に足りない教育2 ~虹色教室通信から~


自由保育を始めるまで、不安だったこと

自閉症スペクトラム児の対応(次男のことが書かれています)

私の父(おそらくアスペルガー)のことが書かれています

私の中学高校時代が簡潔に書かれています

レッジョエミリア教育
関連記事

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

活字や漫画をよむこと 

2018/06/15 Fri.


色々な本や漫画を読むことは人生を豊かにしますね。
私の友人などはものすごく本を読んでいますね。やはり眷属ですからね。


まんがを紹介しますね。
「外道の歌」
「善悪の屑」

おもしろいですよ。男性向けですが…

絵がきれいなのも良いですが、内容に教訓があります。
わかりますかね?

成敗の話ではありますが、物を拾ってもらったらお礼くらい言わせるようにしとけ。ということです。
本を読んだり人と接しないと読解もできなくなりますからね。
友人は宝だと言いますしね。


どんなに屑でも五分の魂ってか。






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

ばかを排除する 

2018/06/15 Fri.

コピペです。



しかし話の内容はよく理解できていたとしても、アメとムチの呪術にハマり込んでいる女性にとっては、やっぱりそう簡単にそこから抜け出せないものです。

もう一つヒントを出すことにします。



「私はなかなか人を好きになれません。惚れないんです。どうしたらいいんですか?」
という相談も時々来ます。
この手の質問には、必ず同じ答え方をしています。

なかなか男性を好きになれない。
別にいいんじゃないですかね(笑)。
何か問題でもあるんでしょうか。



僕に言わせれば、男性に簡単に惚れる女性の方が、はるかに問題です。
ずっと同じことを言い続けています。



好きになる基準が低すぎるんですよね。そしてそれが、呪詛や洗脳(本当は洗脳でも何でもない)に苦しむ入り口になっているんです。
ちゃんとしてほしいんですよね。
僕がアメとムチの話で言いたいことの一つは、ムチをしこたま打ってくる彼の人間性をなぜ問わないのかということです。



人を信じる方法や、信じるべき人物をどうやって見極めたらいいのか分からないのと言うのであれば、教えますよ。
その判断基準は色々あるでしょうが、僕が経験則的に導き出した方法のうち、最も簡単にできる方法です。これ以上簡単な方法はありません。そして、確実性もかなり高いです。


「とりあえず信じてればいいんでしょ?こっちが本気で信じれば楽ですからね」
違います。
そんな、誰でも彼でも信じていたら、エラいことになります。
僕は信じる方に舵を切ろうとは言っていますが、それは信じるに足る人物であることを見極めた上でのことです。


信じるに値する人物、特に女性のあなたが信じていいと判断するその方法は、あなたに対する態度に一貫性があるかどうかを見ることです。
多くの場合、人を見極めるときに他人の評価を含めて総合的に判断すべきだと言います。
僕はそれは間違っていると思っています。



今目の前にいる彼は、あなたと1対1で対峙しているんですよね。
恋愛は1対1なんです。
彼と友達の関係や、全く関係のない外野の人と彼の関係なんか、はっきり言ってどうでもいいんです。


社会生活で言えばどうでもよくはないですが、信じるかどうかに関して言えば、どうでもいいです。
一貫性や二面性という話をするときに、すべての人に対して例外なく同じ態度を取ることだと考えてしまうんですよね。すべての人に、そしてあらゆる状況下で全く同じ態度を取れる人はほとんどいません。
あなたが見ている彼の態度と、あなたの友達が見ている彼の態度は同じではないことの方が多いんです。
ここで第三者の意見を総合してしまうと、信じていいのか信じてはいけないのか分からなくなってしまいます。



本当の一貫性というのは、あなたに対する態度がずっと変わらないことです。
どうですか。
これだったら、分かりやすいですよね。



その男性のあなたに対する態度が、昔も今もそう大きく変わらないことを見ていれば、十分信用するに足ります。
恋愛相談で極めて多いのは、アメとムチの話に出てくるように、過去と現在で人格が変わってしまっていると言っていいほど態度が変わっているのに、未だにその人物を信用し続けてしまっているケースです。


「私に対する態度が一貫していても、裏で何をやっているか分からなかったら信用できなくないですか?」
という疑問は出てくると思います。


しかしその心配はほとんどいりません。
なぜなら、ある特定の人物に対する態度をずっと完璧に維持しながら、裏で二面性を発揮できる人はほとんどいないからです。


確かにゼロではありません。
そういう人は、全くいないわけではないんですが、そもそも遭遇することの方が稀です。
「私に対する態度が同じかどうか」だけを見ていれば、違和感にも気づきやすくなります。


すでにその恋愛が終わってしまった女性で、
「私はまだ彼を信じたいんです」
と言う人はかなりたくさんいます。
非常によく聞くセリフです。

信じるのは結構なことです。
僕は信じることに意味を見出している人は大好きです。
しかし、その人物は本当に信じ抜くに値する男性なのかと、問い直す時間は必要です。

別れるにしても、取るべき態度があります。
女性のあなたに対する接し方に、本当に違和感はありませんでしたか。
よくその相手を見てください。

あなたに対する接し方が、ずっと一貫して変わらないのであれば、信じるべき人物です(^^
他の誰が何と言おうと、関係ありません。
あなたの中の真実と、他人の真実が違っているだけで、両方真実なんですから。


しかしあなたの中の真実に狂いを感じるのなら、信じ続ける理由はもうないことになります。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-06